オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
UNRAVEL公式サイトへ
レビューを書く
準備中
UNRAVEL
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
毛糸を駆使して過去を紐解く異色作「UNRAVEL」。見た目のかわいさとは裏腹に,コアゲーマーでもしっかり楽しめる良質なパズル&アクションだ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/02/10 00:00

プレイレポート

毛糸を駆使して過去を紐解く異色作「UNRAVEL」。見た目のかわいさとは裏腹に,コアゲーマーでもしっかり楽しめる良質なパズル&アクションだ

 エレクトロニック・アーツは,横スクロール式のパズル&アクション「UNRAVEL」PC/PlayStation 4/Xbox One)を2016年2月9日に発売した(PC版は2月10日)。スウェーデンの小さなデベロッパ,Coldwood Interactiveが開発した本作は,リアルなグラフィックスで描かれたステージを背景に,赤い毛糸でできたキャラクター「ヤーニー」を操作して冒険を繰り広げるという作品だ。
 大作や人気シリーズを数多く抱え,コアゲーマーにおなじみのエレクトロニック・アーツがこうしたタイプのゲームを日本でリリースするのは珍しいという印象もあるが,2015年6月のE3 2015のプレスカンファレンスでは,「Star Wars バトルフロント」などと並んで大々的に発表されており,注目を集めた。

UNRAVEL

「UNRAVEL」公式サイト


 今回,そんなUNRAVELのPlayStation 4版をプレイする機会を得たので,ゲームの世界観やプレイフィールなどをお届けしたい。一見すると「雰囲気ゲー」にも思えるが,ヤーニーの冒険を通じてある家族の歴史を追うというストーリーや,歯ごたえのあるパズルやアクションがしっかり楽しめる作品に仕上がっている。

UNRAVEL
UNRAVEL UNRAVEL
UNRAVEL


美しいグラフィックスとともに紐解かれていく,あるおばあさんを中心とした家族のストーリー


 本作の主人公ヤーニーは,おばあさんの編み物かごの中から転がり落ちた毛糸の玉から生まれた小さなキャラクターだ。真っ赤な毛糸でできた体に黄色い目がアクセントとなるヤーニーだが,なぜ生まれて,どこに行くのかといった説明はとくにない。それに限らず,本作はゲームの基本的な操作説明などを除いて,テキストやセリフがほとんどないため,詳しいバックグラウンドを知ることはできない。すべてプレイヤーの想像に任せる,という演出になっているのだ。

毛糸玉から生まれた「ヤーニー」。小さい体でも,とても頑張り屋だ
UNRAVEL

家の中に飾られている写真に飛び込むことにより,その場所の記憶が蘇っていく
UNRAVEL

 そんなヤーニーだが,1つ分かるのは「生みの親のおばあさんに恩返しをしたがっている」ことだ。おばあさんは冒頭で懐かしそうに写真やアルバムを眺めているが,長い時間が経っているせいか写真はボロボロ,中の文字も完全にかすれている。ヤーニーは,飾られているそれらの写真の中に入り,おばあさんの人生を追体験することによって,写真やアルバムを色鮮やかに蘇らせようとする。ゲームのステージは,それらの写真を撮影した場所なのだ。

おばあさんの思い出が詰まったアルバムも,古くなってもはやボロボロ。ステージをクリアして,写真を元の姿に戻そう
UNRAVEL UNRAVEL

 プレイを始めてまず圧倒されるのが,美しいグラフィックスで描かれた大自然の存在感だ。モデルとなったのはColdwoodのあるスウェーデンの風景とのことだが,画面上にスコアやライフ値といったインタフェースが一切存在しないせいもあって,まさに風景写真や写実的な絵画の中でゲームが進んでいくような雰囲気だ。そのステージも,お花畑から山岳地帯や沼地,さらには人工的な駅や工場まで,実にバラエティに富んでいる。そんな中をコミカルに,かつ一生懸命動くヤーニーの愛らしさも,大きな魅力だ。

UNRAVEL
UNRAVEL UNRAVEL
UNRAVEL UNRAVEL

 また,文章でお伝えしづらいのがもどかしいのだが,ゲーム中の音楽はきわめてクオリティが高く,透明感のあるメインテーマはずっと聞いていられるほど心地よい。開放的で平坦なステージでは優しいテーマが,そして厳しくて起伏に富んだステージでは激しかったり陰鬱だったりするメロディが流れ,プレイヤーの気分を高めてくれる。
 こう書くとちょっと褒めすぎかもしれないが,音楽を聞くだけでも十分にゲームを手に入れる価値がありそうだ。機会があったらぜひ,それなりのサウンドシステムで,美しい音色を堪能してほしい。


伝統的な横スクロールのワイヤーアクションだが,毛糸ならではのギミックが盛りだくさん


 冒頭にも書いたように,本作は横スクロール式のアクションパズルで,もう少し具体的に説明するなら,「海腹川背」に代表される「ワイヤーアクション」だ。ヤーニーが毛糸の体であることを利用し,体の先端を伸ばすようにしてステージ内のフックや釘に毛糸を引っかけ,あるときは振り子のように,そしてあるときは命綱のようにして先へ先へと進んでいく。毛糸を引っかけられる場所には赤い目印がついており,かつその場所が利用できる距離に入るとピカピカと輝くので,考える余裕がないような場面でも直感的に判断できる。

UNRAVEL
UNRAVEL

本作には「敵」と呼べるものは基本的に存在しないし,攻撃する手段もない。道中でヤーニーより大きな生き物に遭遇することも多いが,あくまで「動く障害物」といった感じだ。しかし,意外と嫌らしい動きをするものが多く,気が抜けない
UNRAVEL
 また,毛糸は引っかけるだけではなく「結びつける」ことも可能で,水平に近い2点を結びつけるとピンと張り,それをトランポリンのようにして高くジャンプできるほか,ステージ内に落ちている石や空き缶などのオブジェクトを運ぶ「道」としても利用できる。
 これらを組み合わせ,どうやって先へ進んでいくのかが本作のパズル要素になっており,先へ進めなくなったときは,周囲を見回して,どこに毛糸が引っかけられるのか確認し,さらに利用できるオブジェクトがないかをしっかり確認する必要がある。大きなモノは動かせないが,フタを開けたりスイッチを入れたりはできるし,踏み台になるオブジェクトが少し離れた距離に放置してあることもよくある。
 ヤーニーが使えるアクションは単純なのに,ステージによって展開はまったく異なり,よくここまでいろいろなパターンが考えつくものだと,プレイしながら感心してしまった。

毛糸をケーブルのように張って道を作り,オブジェクトを移動させるのは基本中の基本。ジャンプでは届かないのに,毛糸を引っかける場所がないときは,何か役に立つモノが落ちていないか探そう
UNRAVEL

ヤーニーの体の一方の先端はおばあちゃんの家にあるようで,先へ進むほど毛糸が減り,「痩せて」いくだけではなく,最終的には動けなくなる。そのため,道中にある毛糸の塊を手に入れて,体を補充していかなければならない
UNRAVEL UNRAVEL

 本作はパズルとアクション,双方の要素が重要になり,どちらかに偏りすぎていることはない。パズルを解いたあとでワイヤーアクションを連続して行う必要があったり,ダイナミックなアクションをするためのオブジェクトを手に入れるために,複雑なパズルをクリアする必要があったりと,バランスがとれている。また,オブジェクトは物理計算によって動いているため,タイミングさえ合えば別にパズルを解かなくても先へ進めたりなど,自由度は意外なほど高い。
 パズルを重視しつつ,決まった「正解」を発見するゲームに終わっていない点は,個人的に好感が持てる。


ヤーニーのかわいい見た目とは裏腹に,ゲーム内容は意外とハード。コアなゲーマーも楽しめるはず


 上述のように,本作はパズルとアクションがゲームの両輪として機能しているが,そのどちらもやり応えはかなりあり,見た目の「ゆるい」印象から受ける内容とはだいぶ異なっていた。直感的なひらめきが必要とされる場所がある一方,毛糸の張り方を順序も含めきっちり考えなければいけない場面も多く,アクションでも「死んで覚えろ」的なシチュエーションは少なくない。長時間同じところで詰まったり,同じところで何度もやられたりしても,ヒントや救済措置が提供されるわけではないので,きちんと自分の頭と腕でクリアしなければいけないわけだ。

UNRAVEL
UNRAVEL

ステージに隠されている「秘密」とは,毛糸で作られた飾りのこと。すぐ目の前にあるのだが,ヤーニーの体に残っている毛糸が尽きて,取れない。ルートが間違っていたようだ
UNRAVEL
 1ステージはそれほど長くなく,ゲーム全体のボリュームも大きな作品ではないが,ステージ中には「秘密」と呼ばれる隠しアイテムが5つ設置されており,これを探すことがやり込み要素の1つとなってる。ちなみに筆者もかなりがんばって探したのだが,ゲームクリア時には半分も集まっていなかった。秘密をコンプリートするには,気合いと時間が必要になりそうだ。

 気になったポイントとしては,コントローラのスティックを上に倒すことでヤーニーが「登れる」場所があるのだが,その場所が結構,というかかなり分かりにくかったことだ。リアルな表現を崩さないためにあえて控えめな表示になっているのだと思うが,それゆえ,プレイ中に背景と一体化して気がつかないことも多く,「どうやっても先に進めず唸っていたら,少し先に登れる場所があった」という場面が何度かあった。演出とゲーム的な分かりやすさがせめぎ合う部分だと思うが,もう少し分かりやすく表示してほしかった気もする。

UNRAVEL UNRAVEL

 最後に簡単にまとめてみよう。本作はかわいいヤーニーとリアルなグラフィックス,そして美しいサウンドとビジュアル方面にまず目が行きがちだが,根幹のゲーム部分もしっかりと作り込まれた良作という印象だ。ゲーム画面は単にキレイであるだけでなく,ゲームのステージとしてしっかりと機能し,ヤーニーのアクションも「毛糸ならでは」と,すべてが無駄なくかみ合っている。
 また,言葉少なに展開されるストーリーは,印象的なサウンドと相まって,押しつけがましさとは無縁のグッとくるものになっている。厳しい後半をくぐり抜け,印象的な最終ステージをクリアしたときは,少し感動してしまった。

UNRAVEL
UNRAVEL

 難度こそ後半になるにつれて高くなるが,じっくり考えたり,何度も繰り返すことで十分クリアできるだろう。出てくるテキストは少ないが,すべて日本語化されているので,安心だ。
 かわいいヤーニーや北欧の美しい大自然,そしてワイヤーアクションに興味がある人はぜひ手に取ってほしい。価格もお手頃だし。ヤーニーと一緒に,物語をじっくりUNRAVEL(解きほぐす)する楽しみに浸ろう。

UNRAVEL

「UNRAVEL」公式サイト

  • 関連タイトル:

    UNRAVEL

  • 関連タイトル:

    UNRAVEL

  • 関連タイトル:

    UNRAVEL

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月21日〜01月22日