オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
原点回帰を目指した「ニード・フォー・スピード」をプレイ。レースバトル以外にも,たくさんのカスタマイズ要素が魅力
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/12/03 00:00

プレイレポート

原点回帰を目指した「ニード・フォー・スピード」をプレイ。レースバトル以外にも,たくさんのカスタマイズ要素が魅力

原点回帰。新生「ニード・フォー・スピード」が登場


 エレクトロニック・アーツから発売中の「ニード・フォー・スピード」PC/PlayStation 4/Xbox One。PC版は2016年春発売予定)は,1994年にリリースされた「The Need for Speed」から,20年以上の歴史を誇るご長寿レースゲームシリーズの最新作だ。

ド派手なストリートレースやパトカーとのチェイスを存分に楽しめるシリーズ最新作が登場。リブートした「ニード・フォー・スピード」を楽しもう!
ニード・フォー・スピード

「ニード・フォー・スピード」公式サイト


 前作「ニード・フォー・スピード ライバルズ」から2年ぶりとなる今回は,これまでのシリーズの世界観やストーリー性,カスタマイズ性など,さまざまな要素を再構築したうえで,原点回帰が図られているとのこと。最近流行のリブートタイトルとして,シリーズ第1弾と同名のタイトルになっている。
 開発は前作に引き続き,同シリーズを制作するために設立されたスウェーデンのGhost Gamesが担当しており,ゲームエンジンも前作に引き続き「Frostbite 3」が採用されている。

セッティングを変えれば,ドリフトからグリップまで,好みの挙動で走りを楽しめる
ニード・フォー・スピード
パトカーに暴走行為を見られると,当然,追いかけられる。ロードブロックやスパイクベルトなどをうまく避けよう
ニード・フォー・スピード

 コンシューマ機版は発売されてしばらく時間が経っているが,11月26日には大型アップデートが配信され,AIカーの挙動などが改善された。というわけで,アップデートを導入したうえでの,新生「ニード・フォー・スピード」ともいうべきシリーズ最新作が,どんなゲームに仕上がっているのか見てみたい。今回,記事のためにプレイしたのはPlayStation 4版だ。

ニード・フォー・スピード ニード・フォー・スピード


5つのプレイスタイルで名声を手に入れて
ストリートレース界のカリスマ達と戦おう


カットシーンには,最近あまりゲームで見かけなくなった実写ムービーがふんだんに使われている。かなりお金がかかっていそうなムービーには,ゲームに登場するカリスマ達の姿も
ニード・フォー・スピード
ニード・フォー・スピード
 用意されたオープンワールドを背景に,自由に走り回ったり,レースに参加したりするのが本作の基本だが,2008年にリリースされた「ニード・フォー・スピード アンダーカバー」のように,1つのストーリーが用意されている。カットシーンには,割とお金がかかっていそうな実写ムービーがふんだんに使われており,一人称視点で描かれているためか,自分がまるでドラマの出演者になったような気分になれる。日本語の吹き替えもしっかりしており,ちょっと大げさな“クルマバカ”達のやり取りが巧みに再現されている。

 ゲームの主人公は,1人のストリートレーサーだ。いつものようにレースを楽しんでいた彼は,ある日,レーサーグループのリーダーであるトラビスに出会い,彼らと一緒に戦っていくことになる。彼らの世界では,お金よりもREP(名声)が重要であり,REPを獲得すると“REPレベル”が上がり,これによってゲームの世界が広がっていく……。ストーリーの流れは,こんな感じだ。

ニード・フォー・スピード ニード・フォー・スピード

 さまざまな走りをすることでREPが稼げるが,走りには以下の5つのカテゴリがあり,これらに沿った走り方をすることで,よりREPがもらいやすくなる。

  • アウトロー:街を暴走するなど,法を恐れぬ走りを追求する
  • スタイル:華麗なドリフトやドーナツターンなど,イカした走りを追求する
  • ビルド:車のチューンナップやカスタマイズなどの改造の達人を目指す
  • スピード:とにかく誰よりも速く走ることを追求する
  • クルー:仲間と一緒に連結ドリフトなどで走ることを楽しむ

 あてもなく街を流しているときでも,上記の走り方をすることでREPを獲得できるので,常にこれらを意識した走りを目指したい。

 ゲームには,アウトローのトラビス,スタイルのマヌ(エマニュエル),ビルドのエイミー,スピードのスパイク,クルーのロビンと,それぞれの走りを極めた連中が揃っており,彼らと共にミッションをこなすことでもREPが獲得できる。もっとも,最初はあまり意識しなくても大丈夫だ。

ニード・フォー・スピード

 また,諸星伸一氏(アウトロー),ケン・ブロック氏(スタイル),中井 啓氏(ビルド),マグナス・ウォーカー氏(スピード),シカゴのドリフト集団リスキーデビル(クルー)と,世界的に有名な実在のカリスマ達が登場して,物語に絡んでくる。ランボルギーニカスタマイズのパイオニアである諸星氏,そしてポルシェチューナーとして世界的に有名な中井氏と,2人も日本人が登場しているところが嬉しい。


遊び要素が満載の「ベンチュラ・ベイ」で
レースやアクティビティを楽しもう


NPCカーやオンラインプレイヤーがどこを走っているのかは,マップ画面で把握できる。ミッションやイベントへは,アイコンを選ぶことでワープが可能
ニード・フォー・スピード
 本作の舞台となるのは,アメリカ西海岸をモチーフにした「ベンチュラ・ベイ」という架空の都市だ。プレイヤーのガレージがあるバーンウッドを中心に,ロイヤルパーク,サウスポート,フランクリンテラス,エル・レイ,クレセント山脈といったエリアに分かれており,各エリア間は高速道路などで自由に行き来できる。エリアごとに繁華街,住宅地,工業地帯,コンビナート,峠道といった特色を持っているが,広さ的にはそれほどでもない印象だ。
 ただ,車一台がやっと通れるような路地や,障害物を弾き飛ばしながらショートカットできるルートなど,走りのためにうまくデザインされており,そんな巨大な箱庭を思い切りぶっ飛ばすのは楽しい。

数台が連なってドリフト走行する「連結ドリフト」は,障害物や仲間の車と接触するとスコアが伸びない。いかに仲間とスピードを合わせ,華麗なドリフトを決められるかがポイントだ
ニード・フォー・スピード

 時間帯としては,ストリートレーサーのゴールデンタイムである夜間のみが再現されているが,薄暮になったり,遠くの空が明るくなったりすることがある。天候の変化としては雨があり,結構,雨模様のときが多い。霧や雪などもあれば良かったと思うが,西海岸の街にさすがに雪は降らないか。

街を自由に走り回るのもよし,レースに明け暮れるのもまたよしと,楽しみ方は自由だ。時間帯は夜ばかりなので,お日様を拝めるのは夜明けの一瞬のみ。でも,夜が明けるとすぐに夜になる
ニード・フォー・スピード

 ベンチュラ・ベイのあちこちには,ストーリーに関係したレースに挑戦できる「ミッション」と,タイムトライアルなどが楽しめる「イベント」が存在しており,ミッションやイベントを行うには開始ポイントに出向く必要がある。開始ポイントまでナビゲーションに従って走れば,REPも稼げたりするのでオススメだが,ワープもできるので,面倒くさがり屋の人はそれを使えばいい。

 ミッションには,スパイクとのバトルに勝つ,マヌとのドリフトイベントに勝つ,エイミーとガレージで会うなどがあり,レースやバトルなどをクリアすると,新たなミッションが登場するという仕組みだ。ストーリーを進めるか進めないかはプレイヤーの自由なので,ミッションそっちのけでイベントを遊びまくっても全然構わない。

「なぜココで!」という狙ったタイミングで現れる一般車には,何度もキレそうになった
ニード・フォー・スピード

 そのイベントには,決められた周回コースでレースをする「サーキットバトル」や,スタートからゴールまで決められたコースでレースをする「スプリントバトル」,制限時間内にドリフトやジャンプで目標スコアを達成する「ジムカーナ」など,8種類が用意されている。
 最初に挑めるのは,ライバルの速さや難度の低い「イージー」のイベントだけだが,ミッションをクリアしたり,REPレベルが上がったりすると,「ミディアム」や「ハード」といった高難度のものが登場してくる。イベントは何度でも挑戦できるので,繰り返し挑戦してゲーム内クレジットを稼ぎ,新たな車の購入や,手持ちの車のカスタマイズをしたい。

デイリーチャレンジをすべて達成すれば,チューニングパーツが手に入ることもある。カスタマイズにこだわりたい人は,必ず達成しよう
ニード・フォー・スピード

 ミッションやイベントのほかにも,「デイリーチャレンジ」として,「チェイス中,10の道路封鎖を突破する」「チェイス中に15台の車とニアミスする」などといったものが用意されている。毎日,3つのチャレンジが出現し,1つクリアするとクレジットとREPが入手でき,3つすべてクリアすると,カスタマイズパーツなどがアンロックされるという仕組みだ。
 このほか,指定の場所に行って,写真を撮る「景色スポット」や,ドーナツターンを行う「ドーナツスポット」といった簡単なアクティビティも用意されており,ベンチュラ・ベイには遊びの要素がたっぷり詰まっているのだ。

街を流しているNPCカーやオンラインプレイヤーと,インスタントレースを楽しめる
ニード・フォー・スピード
 街中にはNPCドライバーや同じサーバーに接続しているほかのプレイヤーが走り回っているので,彼らと1対1の「スプリントバトル」「ドリフトコンテスト」を繰り広げることも可能だ。
 市内にはパトカーも走っており,たとえレース中でも,パトカーと遭遇すれば彼らは血眼になって追いかけてくる。逮捕されれば罰金を支払わなければならないので,うまく逃げたいところだが,パトカーとの遭遇率は非常に低く,しかも楽勝でぶっちぎれてしまうので,気にしなくてもいいかもしれない。
 筆者は逮捕されたことがこれまでに一度しかなく,もう少し気合いを入れてかかってきてくれてもいいんだけどな,と思う。ちなみに,サウスポートには警察本部があるので,パトカーの実力を知りたいときには,そのあたりをウロウロしてみよう。

ニード・フォー・スピード


好きな車を手に入れて
自由にチューンナップ&カスタマイズ


 ゲームには,BMW,メルセデス,フェラーリ,ポルシェ,ランボルギーニなどの海外有名メーカーのほか,ホンダ,日産,トヨタなどの国産メーカーの車,合わせて51車種が収録されている。収録車種だけ見れば,レースゲームとしては少ないほうだが,今後,ダウンロードコンテンツで追加されていくことがアナウンスされている。
 ちなみに,11月26日に配信されたアップデートでは,ケン・ブロック氏のHoonicornと諸星氏のLamborghini Diablo SV(ネオン付き)が追加になっており,この調子で,今後の追加車種に期待したいところ。

車によっては実在メーカー&ブランドのボディキットが用意されており,昔懐かしの“族車スタイル”のオーバーフェンダーなどを装着できる。好みのパーツを装着できるので,自分なりのカッコいい車に仕上げよう
ニード・フォー・スピード

 外観のカスタマイズについては,ボンネットやヘッドライト,バンパーなど,実在するメーカーのパーツから好きなものを選んで,取り付けることが可能になっている。オーバーフェンダーが取り付けられる車も用意されており,ド派手な“族車スタイル”にすることもできる。このあたり,筆者にとってはたまらない。

 また,用意された図形(シェイプ)を重ね合わせ,車にオリジナルのラップを施すこともできる。デカールなども数多く用意されているので,それらをボディに貼り付けて,オリジナルのカラーリングを施すのもいいだろう。素晴らしいラップを作成する職人もいるが,作成したものをほかのプレイヤーに見せびらかす仕組みがないのが残念なところだ。

ハンドリングスタイルをドリフト寄りかグリップ寄りにすることで,手軽に車の挙動が変えられる。各パラメータを微調整して,自分好みのものにすることも可能だ
ニード・フォー・スピード

サスペンションについては,車高,トレッド幅,キャンバー角など,細かくセットアップできる
ニード・フォー・スピード
 車の挙動については,基本的に,手軽にドライブが楽しめるアーケード寄りの味つけになっている。車種ごとに挙動特性の違いなどは再現されているが,これは「ハンドリングスタイル」でカスタマイズすることができる。
 ハンドリングスタイルは,「ドリフト」から「グリップ」まで,スライドバーを動かすだけという簡単仕様で,スライドバーの位置に応じて,さまざまなパラメータが自動調整されるため,初心者でもお手軽だ。パラメータには,タイヤの空気圧やステアリングのレスポンス,ブレーキドリフトやドリフト安定性補助など,数多くあり,これらを個別に調整することもできるので,こだわりまくりたい上級者も安心してほしい。サスペンションについては,車高,トレッド幅,キャンバー角を細かく調整可能だ。

いろいろな場所に強化パーツを組み込んで,チューンナップ。数値の増減を見ながら作業できるので,初心者でも安心だ
ニード・フォー・スピード
 車の性能を大きく変化させるのが「パフォーマンスチューン」で,こちらはエアフィルター,冷却システム,インマニ,燃料システム,過給器,電装系などにいろいろなパーツを組み込み,場合によっては1000馬力オーバーの怪物にマシンできたりするというもの。
 パーツをとっかえひっかえするたびにスペックの数値が変化するので,作業はしやすい。とはいえ,単純に数値が高ければいいわけではなく,組み込んだパーツとハンドリングスタイル,サスペンションチューニングで,どこまで自分好みのセッティングに落とし込めるかがポイントになる。

さまざまなデカール,メーカーロゴなどをボディに貼り付けたり,オリジナルのカラーリングにしたりが楽しめる
ニード・フォー・スピード

 言うまでもないと思うが,最初から使えるカスタマイズパーツは全体の一部のみで,必要なREPレベルに達したり,エイミーのミッションをクリアしたり,デイリーミッションを達成したりすることで新たなパーツがアンロックされていく仕掛けだ。また,ミッションはオートマのみでマニュアルが用意されていないが,コーナーでシフトダウンしてギアを合わせて走る,といったゲームではないので,個人的には気にならなかった。

カスタマイズした自分の車が実写ムービーのガレージに置いてあったりするから,ビックリしてしまう
ニード・フォー・スピード


箱庭で熱いストリートレースを楽しもう!

マルチプレイの充実にも期待


 挙動はアーケード寄りで,ステアリングコントローラは使えず,ゲームパッドでプレイすることが前提に調整されているため,レースゲームのビギナーでもコントロールしやすいだろう。とはいえ,ハンドリングスタイルでドリフトに振れば,即座にリアが流れ出すし,グリップに振ればブレーキングで速度を合わせて曲げるグリップ走行にもできる。何度も走り込み,車種ごとに自分好みのハンドリングスタイルに仕上げられると,ゲームはさらに面白くなってくる。

ゲームパッドで十分プレイできるので,手軽にストリートレースを楽しもう。セッティングをビシッと決めて,ストリートレース界のカリスマを打ち負かせ
ニード・フォー・スピード

NPCカーとの適正な距離を保つAIキャッチアップ(AI車の追い上げ)機能により,ゴールまで緊張感のあるバトルが楽しめる
ニード・フォー・スピード
 レースにはスピード感もあり,NPCカーと抜きつ抜かれつのレースになるように速度調整してくれる「AIキャッチアップ」(AIによる追い上げ。ラバーバンド効果とも呼ばれる)により,熱いバトルが楽しめる。発売当初はこのAIキャッチアップのバランス調整があまりよろしくなくて,独走状態だったにも関わらず,ゴール間近になったら驚異的なスピードで追いついてきて,ワンミスで抜かされたなんてことが起きた。冒頭にも書いたように,11月26日に配信されたアップデートによってこのへんが改善されており,以前に比べて格段に熱いレースを楽しめるようになったと思う。

筆者は絵心がないのでできないが,図形をズラして貼り合わせれば複雑なデザインも可能だ
ニード・フォー・スピード ニード・フォー・スピード
ニード・フォー・スピード ニード・フォー・スピード

 気になったのは,オンラインプレイ必須なのに,オンライン要素があまり多くないところだ。複数のプレイヤーでレースやドライブを楽しめたり,プレイヤー同士が連携を取れるチャットのようなものもあったりするとなお良かったと思う。ちなみに,オンラインプレイ必須につき,どんな場合でもゲーム中にポーズをかけることはできない。

ニード・フォー・スピード

 原点回帰したかどうかはともかく,アーケードライクなレースゲームとして,初心者から上級者まで幅広く熱いレースバトルが楽しめる作品に仕上がっている。自分のペースでゲームを進めていけるのも良いところで,ストリートでド派手なレースを繰り広げてもよし,車をカスタマイズし,オリジナルデザインを作成してもよしと,お楽しみもいっぱいなので,レースゲームファンはぜひ,チャレンジしてほしい。

ニード・フォー・スピード

「ニード・フォー・スピード」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ニード・フォー・スピード

  • 関連タイトル:

    ニード・フォー・スピード

  • 関連タイトル:

    ニード・フォー・スピード

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月14日〜08月15日
タイトル評価ランキング
78
ブラウンダスト (iPhone)
77
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
65
Ar:pieL (PC)
63
2018年02月〜2018年08月