オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ミュージック フロム ゲームワールド:Track 184 「ウクレレによる『ドラゴンクエスト』」「スプラトゥーン2」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/08/23 12:00

連載

ミュージック フロム ゲームワールド:Track 184 「ウクレレによる『ドラゴンクエスト』」「スプラトゥーン2」

ミュージック フロム ゲームワールド


Illustration by しなぷう
画像(001)ミュージック フロム ゲームワールド:Track 184 「ウクレレによる『ドラゴンクエスト』」「スプラトゥーン2」
 全国各地で次々とロケテストが実施されるなど,いよいよリリースが迫ってきたと感じられるアーケードゲーム基板「exA-Arcadia」。4本のROMカートリッジを差すことができる仕様は,アーケードゲーム好きとして夢が広がります。個人向けのバージョンを購入して,自宅で楽しみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。かく言う筆者も,その一人です。

 ということで,今週の「ミュージック フロム ゲームワールド」は,「ドラゴンクエスト」シリーズの楽曲をウクレレで演奏したアルバムと,「スプラトゥーン2」に登場する人気ユニット,テンタクルズのライブアルバムの2枚を紹介します!


夏にぴったりなウクレレ演奏が心地いい

「ウクレレによる『ドラゴンクエスト』すぎやまこういち」


タイトル ウクレレによる「ドラゴンクエスト」すぎやまこういち 画像(002)ミュージック フロム ゲームワールド:Track 184 「ウクレレによる『ドラゴンクエスト』」「スプラトゥーン2」
発売日 2019年8月7日
価格 2500円(税抜)
発売元 キングレコード
コピーライト (C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

 今週の1枚めは,「ドラゴンクエスト」シリーズの楽曲をウクレレのソロで演奏した,「ウクレレによる『ドラゴンクエスト』すぎやまこういち」をご紹介。演奏は,アルバム「UKULELE SPLASH!」が「第39回ナ・ホク・ハノハノ・アワード」の最優秀インターナショナル・アルバム部門を受賞するなど,高い評価を得ている若手ウクレレプレイヤーの名渡山 遼氏によるものです。

 オープニングを飾るのは,「ドラクエ」といえばこの曲「序曲」。温もりがあって綺麗な音色を響かせるウクレレの特徴を,耳になじんだメロディと合わせて全開で堪能できます。3曲めの「広野を行く」は原曲よりテンポを落としたアレンジで,寂しいメロディをより際立たせています。6曲めの「果てしなき世界」は独特の溜めを利かせた,情緒感あふれる名演奏!

 9曲めは「III」の戦闘曲「戦闘のテーマ」。ハードなカッティングを交えた演奏は,テンポの速い戦闘曲ならでは。14曲めの「楽しいカジノ」は,ウクレレの陽気なイメージが色濃く反映された曲で,聴いているだけで自然と明るい気分になってきます。
 17曲めの「愛の旋律」は,本アルバムで最もムーディーな演奏。27曲めの「天の祈り」では,高い音階による美しいメロディが堪能できます。33曲め「勇者は征く」は最新作「XI」からの楽曲で,ミュート演奏を効果的に交えた力強いアレンジです。

 アルバム後半には「レベル・アップ」「宿屋」など,おなじみのジングルもウクレレ演奏で再現。こういった小ネタもファンには嬉しいところでしょう。「ドラクエ」の音楽ではオーケストラアレンジがとくに人気ですが,今作のような演奏も新鮮で,ウクレレの音色が夏にぴったり! ずっと聴いていると,どこか遠い南の島に現実逃避したくなります(笑)。



キングレコード「ウクレレによる『ドラゴンクエスト』すぎやまこういち」


トラックリストを見る

1
序曲(I)
2
ラダトーム城(I)
3
広野を行く(I)
4
街の人々(I)
5
Love Song 探して(II)
6
果てしなき世界(II)
7
この道わが旅(II)
8
冒険の旅(III)
9
戦闘のテーマ(III)
10
おおぞらをとぶ(III)
11
そして伝説へ(III)
12
インテルメッツォ(IV)
13
勇者の故郷(IV)
14
楽しいカジノ(IV)
15
街角のメロディ(V)
16
哀愁物語(V)
17
愛の旋律(V)
18
結婚ワルツ(V)
19
木洩れ日の中で(VI)
20
精霊の冠(VI)
21
失われた世界(VII)
22
トゥーラの舞(VII)
23
のどかな家並(VII)
24
愛する人へ(VII)
25
広い世界へ(VIII)
26
神秘なる搭(VIII)
27
天の祈り(IX)
28
祈りの詩(IX)
29
天空の世界(X)
30
水の民ウェディ(X)
31
花の民プクリポ(X)
32
地の民ドワーフ(X)
33
勇者は征く(XI)
34
愛のこもれび(XI)
35
レベル・アップ(ME)
36
死(ME)
37
呪い(ME)
38
教会(治癒)(ME)
39
宿屋(ME)
40
アイテム発見(ME)
41
仲間(出会い)(ME)
42
セーブ(冒険の書)(ME)



テンタクルズの初ライブを丸ごとパッケージ!

「SPLATOON2 LIVE IN MAKUHARI -テンタライブ-」


タイトル SPLATOON2 LIVE IN MAKUHARI -テンタライブ- 画像(003)ミュージック フロム ゲームワールド:Track 184 「ウクレレによる『ドラゴンクエスト』」「スプラトゥーン2」
発売日 2019年7月24日
価格 初回限定盤:4200円(税抜)
通常盤:2500円(税抜)
発売元 KADOKAWA
コピーライト (C)Nintendo

 2019年1月の「闘会議2019」で行われた,テンタクルズ初の単独ライブ「テンタライブ」。今週の2枚めは,その模様を収録したライブアルバム「SPLATOON2 LIVE IN MAKUHARI -テンタライブ-」を紹介します。マニアックかつ爽快なポップロックで,多くのゲームミュージックファンのハートをガッチリ掴んでいる「スプラトゥーン」シリーズの音楽を,ライブならではのグルーヴ感と共に味わえる1枚です。

 MCを交えた冒頭の「オープニング〜MC1」に続いて,2曲めはシングルでもリリースされた「スプラトゥーン2」の代表曲である,Wet Floorの「Inkoming!」。ドライブ感を伴って疾走するアッパーチューンで,冒頭から一気にヒートアップ! 4曲めの「エントロピカル」では,セクシーで生々しいハスキーボーカルとデスボイスが交錯します。

 8曲めの「ウルトラ・カラーパルス」はクラップを取り入れた,ライブ映えするファンキーなナンバー。12曲めはミディアムナンバーの「フレンド・フロム・ファラウェイ」でライブ後半を彩りつつ,ラストはノリノリのロックを堪能できる15曲め「フルスロットル・テンタクル」でハッピーに締めくくり!

 16曲めからは「スプラトゥーン2」のバージョンアップで追加された曲を収録。いずれも,これまでのサントラには未収録の曲ばかりです。さらにアルバム終盤には,2016年にさいたまスーパーアリーナで開催された「ニコニコ超パーティー」での,シオカラーズのライブ音源を完全収録しています。

 ボーナストラックには「スプラトゥーン2」のファイナルフェス告知映像で使われた「SPLATOCALYPSE」と,DJタコワサ将軍(a.k.a DJ Octavio)によるメドレー曲「High-Color Memorial Mixtape」を収録するなど,単なるライブアルバムでは終わらない,至れり尽くせりの内容で,聴きごたえは十分すぎるほどです。

 また初回限定盤には,「テンタライブ」の映像を収録したBlu-rayディスクが付属。ライブ当日の盛り上がりを,より臨場感をもって楽しみたい人にオススメです。筆者も仕事中は映像をモニターで流し続け,移動中はサントラを聴くという,テンタライブ漬けの日々を送っています!


「スプラトゥーン2」公式サイト


トラックリストを見る

[DISC1](CD)
1
オープニング〜MC1 (1st テンタライブ)/テンタクルズ
2
Inkoming! (1st テンタライブ)/テンタクルズ
3
Chip Damage (1st テンタライブ)/テンタクルズ
4
エントロピカル (1st テンタライブ)/テンタクルズ
5
ナスティ・マジェスティ (1st テンタライブ)/テンタクルズ
6
MC2 (1st テンタライブ)/テンタクルズ
7
リップル・リフレイン (1st テンタライブ)/テンタクルズ
8
ウルトラ・カラーパルス (1st テンタライブ)/テンタクルズ
9
レッド・ホット・エゴイスト (1st テンタライブ)/テンタクルズ
10
MC3 (1st テンタライブ)/テンタクルズ
11
ミッドナイト・ボルテージ (1st テンタライブ)/テンタクルズ
12
フレンド・フロム・ファラウェイ (1st テンタライブ)/テンタクルズ
13
MC4 (1st テンタライブ)/テンタクルズ
14
フライ・オクト・フライ (1st テンタライブ)/テンタクルズ
15
フルスロットル・テンタクル(Octo) (1st テンタライブ)/テンタクルズ
16
Seasick/合食禁
17
Eazy Queazy/合食禁
18
チャンポン・チャント/SashiMori
19
エントロピカル/SashiMori
20
鼕々/ω-3
21
オープニング〜MC1 (超パーティ2016)/シオカラーズ
22
ハイカラシンカ (超パーティ2016)/シオカラーズ
23
キミ色に染めて (超パーティ2016)/シオカラーズ
24
MC2 (超パーティ2016)/シオカラーズ
25
マリタイム・メモリー (超パーティ2016)/シオカラーズ
26
シオカラ節 (超パーティ2016)/シオカラーズ
27
SPLATOCALYPSE (ファイナルフェス 告知映像BGM)
28
High-Color Memorial Mixtape/DJ Octavio

[DISC2](BD)
1
Inkoming!
2
Chip Damage
3
エントロピカル
4
ナスティ・マジェスティ
5
リップル・リフレイン
6
ウルトラ・カラーパルス
7
レッド・ホット・エゴイスト
8
ミッドナイト・ボルテージ
9
フレンド・フロム・ファラウェイ
10
フライ・オクト・フライ
11
フルスロットル・テンタクル(Octo)



■■風のイオナ■■
マーベルランド産まれのフェアリーランドで育ちで現在はNEO TOKYO在住のフリーライター&編集者。将来はモタビア星に移住して積みゲーを消化しまくるのが夢。ゲーム&ゲーム音楽に加えて邦楽インディーロック&サブカルアイドル追跡,自転車旅行,広島東洋カープの応援などが趣味。地下アイドルグループ,DORCA(ドルカ)のプロデュースと,同じく地下アイドルグループ,遊星ギミックのディレクターもやっています。
  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

  • 関連タイトル:

    スプラトゥーン2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月