オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
LINE クロスレギオン
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
スマホ向け本格MMORPGのド本命。「LINE クロスレギオン」の概要と見どころをあらためて紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/05/23 10:00

事前登録

スマホ向け本格MMORPGのド本命。「LINE クロスレギオン」の概要と見どころをあらためて紹介

LINE クロスレギオン
LINE クロスレギオン
 LINEは現在,LINE GAME初のスマートフォン向け本格MMORPG「LINE クロスレギオン」iOS / Android)の事前登録受付を行っている。
 こちらの記事でもお伝えしたように本作は,ネクソングループが開発した本格3D MMORPGだ。すでに配信されている欧米や韓国で,累計700万ダウンロードを達成した人気作品の日本語版で,2015年春のローンチを目指しローカライズが進められている。

 本稿では,そんなLINE クロスレギオンの概要と見どころを紹介していくので,すでに事前登録を済ませた人はもちろん,「ほんとに“本格MMORPG”なの?」と訝しんでいる人も,ぜひご一読を。

LINE クロスレギオン

「LINE クロスレギオン」公式サイト



「アトランティカ」のクリエイターが開発した

モバイル特化型のオンラインRPG


 冒頭でも説明したが,LINE クロスレギオンは,オンラインゲームの開発/運営に定評のあるネクソングループが開発した作品だ。その開発を指揮したのは,「アトランティカ」「君主online」といったオンラインゲームを手がけてきたキム・テゴン氏。歴史や政治,経済といった要素をうまくゲームシステムに落とし込みつつ,長期的なプレイサイクルを実現する氏の作風は,MMORPGに明るい4Gamer読者であれば知っている人も多いことだろう。

プレイヤーはバーサーカー,ソーサラー,グラディエーター,スナイパーの中から1人を選んでゲームを開始する
LINE クロスレギオン

スタート直後のゲーム画面を何枚か紹介。キャラクターの操作はバーチャルパッドもしくはタッチで行うが,イベントの目的地などへワンタッチで自動移動する機能も用意されており,非常に快適
LINE クロスレギオン LINE クロスレギオン
LINE クロスレギオン LINE クロスレギオン

 そんな氏が,モバイル向けMMORPGの新たな文法を作り上げるべく開発したLINE クロスレギオンは,PC向け本格MMORPGの密度と,モバイル向けオンラインRPGのプレイアビリティを兼ね備えたタイトルだ。ここでは,すでに公開されている情報をまとめつつ,本作の注目ポイントを紹介しよう。


(1)3D MMORPGがスマホで楽しめてしまう

 本作最大の特徴は,スマホ向けアプリでありながら,広大な3Dフィールドを舞台に,多数のプレイヤーと冒険が楽しめるところだろう。スマホ向けMMORPGそのものは珍しくなくなってきている昨今だが,グラフィックスにここまで注力したタイトルはそう多くない。プレイヤーは,バーチャルパッドやタッチ操作でキャラクターを操り,3Dフィールドを自由に移動することができるのだ。ゲームの雰囲気は,想像以上にPC向けMMORPGに近い。

MMORPGの醍醐味といえば,広大なフィールドを舞台に多数のプレイヤーと冒険できること。昨今ではスマホ向けのMMORPGもチラホラ出てきているが,本作のグラフィックスはかなり高品質だ
LINE クロスレギオン LINE クロスレギオン


(2)自分のペースで楽しめる奥深いバトルシステム

 本作のバトルシステムにはターン制が採用されており,手動進行だけでなく,自動進行にも対応している。敵と遭遇するとバトルがスタートし,数十秒〜数分単位で攻略できる戦闘を3回連続で行って,それが終了するとスタミナが消費されるという流れだ。強敵とのバトルでは手動戦闘で対応し,移動中や就寝前には自動戦闘でレベル上げを行うなど,プレイスタイルに応じた遊び方ができるのが嬉しいところ。

LINE クロスレギオン LINE クロスレギオン
ターン制で進行する戦略的なバトル。最大で6体(ゲームが進むと最大12体)の英雄を参加させられ,前列にタンク,中央にアタッカー,後列にキャスターやヒーラーを配置するなどして勝利を目指す


(3)最大4人のプレイヤーで協力プレイを楽しめる「混沌の塔」

 「混沌の塔」は,天高くそびえる巨大な塔を,最大4人のプレイヤーで協力しながら攻略していけるコンテンツだ。1フロアに最大12人の英雄が参加可能な大規模戦闘を楽しめるようになっており,上のフロアに行くほど良い報酬を獲得できる。英雄の育成に欠かせないコンテンツであると同時に,腕試しの場としても機能しそうだ。

ソロプレイとはひと味違ったバトルが楽しめる「混沌の塔」。気の合う仲間とパーティを組み,全フロアの攻略を目指そう
LINE クロスレギオン LINE クロスレギオン


(4)ギルドメンバーと共に楽しめる「鉱山争奪戦」(後日実装予定)

 「鉱山争奪戦」は,ギルドメンバー同士で遠征隊を結成し,鉱山の占領を目指すというコンテンツで,正式サービス以降に実装される予定。鉱山では,装備を強化するために必要なオリハルコンなど,さまざまなアイテムを採掘できるので,実装されるまでにギルドへの所属を検討したいところだ。なお,遠征中の英雄はほかのコンテンツに参加できなくなるため,人選やタイミングには気を付ける必要がありそう。

装備の強化に欠かせないオリハルコンなどのアイテムは,鉱山争奪戦で入手できる。本作をより深く楽しみたいなら,なるべく早いタイミングでギルドに所属したいところだ


(5)リアルタイムで展開されるPvPコンテンツ「コロシアム」

 MMORPGのエンドコンテンツといえばPvP(対人戦闘)だが,本作にも「コロシアム」というコンテンツが用意されている。これは,オートマッチングで行われるリアルタイムPvPで,装備やレベルに関わらず,比較的公平な条件のもとで,ほかのプレイヤーとの直接対決を楽しめるという。どの英雄をどこに配置し,どのように指揮するかで勝敗が決するコンテンツだが,コアプレイヤーだけでなく初心者でも参加しやすい点が興味深い。海外では,本作のe-Sportsイベントも行われていたので,その競技性の高さにも期待できそうだ(関連記事)。

英雄は通常,“ハーツ”や“雇用チケット”を使って入手したり,ストーリー進行に応じて仲間になったりするのだが,コロシアムではすべての英雄を使用可能。つまり,ゲーム内資産やプレイ時間に左右されず,すべての参加者が公正な条件で戦えるのだ
LINE クロスレギオン

 LINE クロスレギオンの主な見どころは,以上の5点となる。ゲームの詳細については,後日掲載予定のプレイレポートであらためて解説するので,掲載を楽しみに待っていてほしい。
 なお,本作は近日中に配信予定となっているが,事前登録は現在もまだ受付中だ。LINE GAME初の本格MMORPGに興味のある人は,LINE仲間などにも声をかけつつ登録を済ませておこう。

「LINE クロスレギオン」公式サイト

  • 関連タイトル:

    LINE クロスレギオン

  • 関連タイトル:

    LINE クロスレギオン

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日