オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
キン肉マン マッスルショット公式サイトへ
  • DeNA
  • 発売日:2015/03/19
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/04/03 17:00

広告企画

【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート

画像(001)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート
 DeNAがサービス中のスマートフォン向けアプリ「キン肉マン マッスルショット」は,2019年3月19日にサービス4周年を迎えた。
 これを受けて,現在のゲーム内では,「マッスルしよっと!キン肉マン連載40周年記念&マッスルショットリリース4周年記念 大感謝祭 第二弾」が実施中だ。

 また,4周年を機に,さまざまなアップデートも予定されている。今回はそのなかの「ストーリーバトル」を一足先に体験できたので,本稿でレポートしよう。ゲームの未経験者でも分かるように紹介するので,現役プレイヤーはもちろん,“ジャンプ黄金期”世代の読者を含むキン肉マンのファンも,ぜひ一読してほしい。

画像(002)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(003)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート

「キン肉マン マッスルショット」最速攻略wiki

「キン肉マン マッスルショット」公式サイト

「キン肉マン マッスルショット」ダウンロードページ

「キン肉マン マッスルショット」ダウンロードページ



正義超人と悪魔超人が入り乱れてバトルを繰り広げる

“爽快引っ張りアクション”


 あらためて説明するとキン肉マン マッスルショットは,人気コミック「キン肉マン」を題材にしたスマホ向けアプリである。スワイプでキャラを引っ張り,パチンコのように敵にぶつけて倒すというのが基本ルールだ。同社いわくジャンルは“爽快引っ張りアクション”で,掲載スクリーンショットを見れば,その大まかな雰囲気は伝わるだろう。

画像(004)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(005)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート

 もちろん,ゲーム内には原作でおなじみの超人が多数登場。たとえばキン肉マンならキン肉バスターやキン肉ドライバーなど,それぞれに必殺技も用意されている。これらはゲーム中に,一定ターン数が経過すると繰り出せる仕組みだ。

 また本作では,キャラクター間の連携プレイも重視されている。味方キャラにぶつけての“友情アタック”や,特定の超人同士による合わせ技も行えるのだ。さまざまな超人を収集・育成することで,マッスルドッキングやロングホーントレインなどのツープラトン(合体技)を再現したり,正義超人と悪魔超人を組み合わせた自分だけのドリームチームを作り上げたりと,さまざまな遊び方が楽しめる。

 そのほかにも,試合中に行われる実況解説や超人同士の掛け合いなど,ゲーム内の隅々までキン肉マンらしさがあふれるアプリとなっているのだ。

本作には正義超人と悪魔超人の両方が登場し,プレイヤーは手持ちのなかから自由にチームを編成できる。チームは3名編成で,フレンドを加えた4名でバトルに挑む形だ
画像(006)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(007)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(008)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート

【キン肉マンとは】
 1979年に週刊少年ジャンプで連載がスタートし,当時の“ジャンプ黄金期”の屋台骨を支えた人気作品のひとつ。1987年にいったんは完結したものの(コミックスにして第36巻),その後に復活。現在は集英社のWebサイト(週プレNEWS)内で連載が行われており,2019年3月4日にはコミックス第66巻が発売された。

画像は集英社サイト内の紹介ページより引用(※外部リンク
(C)SHUEISHA inc. All rights reserved.
画像(009)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート


有名エピソードの数々をコミックス形式で追体験できる

「ストーリーバトル」がアップデートで実装


※開発中の画面です
画像(010)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート
 現在のゲーム内では,「キン肉マン」および「キン肉マンII世」のストーリーを追体験できる「ストーリーモード」が用意されている。これと置き換わる形で新たに登場するのが,これから紹介するストーリーバトルだ。

 ストーリーバトルはステージクリア型のコンテンツで,順番にクリアしていくと原作のエピソードを追体験できる。それだけならストーリーモードと同じだが,漫画をコマ割りしたコミックス形式で楽しめるのが,ストーリーバトルならではの特徴となっている。
 このストーリーバトルは,初期状態では一部のコマが空白になっている。各ステージに用意されたミッションを達成することで、報酬としてコマを獲得でき,それらを集めることでコミックスが完成するという仕組みだ。

 一番最初に挑戦できるエピソードは,原作では1巻から始まる「怪獣退治編」。計63のステージが用意されており,キン肉マンをはじめテリーマン,キン骨マン,イワオなど,初期を彩るキャラの数々が登場する。

画像(011)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(012)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート

【「怪獣退治編」について】
画像(016)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート
 古くからの熱心なファンならご存じだろうが,連載開始時のキン肉マンは“超人プロレス漫画”ではなかった。落ちこぼれのヒーローであるキン肉マンが,地球を征服しようと来襲してくる怪獣や宇宙人を相手に,ニンニクを食べて巨大化して戦うという内容だった。

 その後のキン肉マンはヒーローとしての素質を開花。本作品は超人プロレス漫画として長期連載に至る。そうなってからのキン肉マンにもギャグ要素が欠かせないが,そのスタンスは怪獣退治編で確立されたといえるだろう。


 最初のエピソードということもあり,怪獣退治編の難度は易しめに設定されている。
 今回は実際に新規アカウントでゲームプレイを行ったが,ストーリーバトルを通じてプレイヤーレベルや超人の育成が行えるほか,ガチャに必要な超人玉などのアイテムをコンスタントに獲得できる。ストーリーモードを軸に進めることで,そのほかのコンテンツなどにも挑戦しやすくなるだろう。このコンテンツに触れることで,原作などの関連書籍を買い揃えてしまう人も出てきそうだ。

 ちなみに,ミッションのなかには「特定の属性の超人でクリアする」などのハードルが高いものも含まれている。新規プレイヤーではいきなりのフルコンプは難しいかもしれない。最初のプレイ時はステージの進行と超人の育成をメインで考え,後からリベンジするという方法もオススメだ。

画像(013)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(014)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(015)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート

 そして怪獣退治編を最後までクリアすると,次のエピソードにも挑戦できる。キン肉マンには「超人オリンピック編」「7人の悪魔超人編」「黄金のマスク編」「キン肉星王位争奪編」など,面白いエピソードが目白押しなので,今後のアップデートを通じての追加エピソードなども期待できそうだ。


40周年を迎え,盛り上がり続けるキン肉マン


 たとえばジャンプ黄金期をリアルタイムで体験したような人にとって,「キン肉マン」はその名前を聞くだけで,当時の思い出が次から次へとあふれ出てくる作品ではなかろうか。しかも,ジャンプ黄金期を支えた作品でありながら,2019年の現在も連載が続いているというリビングレジェンドである。

 長らく原作コミックスを読んでいなかったり,37巻以降も連載が続けられていることを知らない人もいるかもしれない。そういった人がこの作品に触れるための最初のとっかかりとして,数々のエピソードを読み返すことのできるストーリーバトルは,うってつけのコンテンツだと思えた。

 ちなみに,現在は「キン肉マン」の連載40周年を記念するポータルサイトも公開されている。このポータルサイトでは,超人の人気投票を行う「キン肉マン超人総選挙2019」や,アイドル超人のストーリー紹介など,40周年に関連したさまざまな企画が行われているのだ。本作に興味を持つような読者は,ゲームと合わせてチェックしてみてはどうだろうか。

キン肉マン 40周年ポータルサイト


画像(017)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(018)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(020)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート
画像(021)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(019)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート 画像(022)【PR】「キン肉マン マッスルショット」,原作コミックスのストーリーを追体験できる“ストーリーバトル”の先行プレイレポート

※開発中のプログラムを使用しているため,今後のアップデートで一部テキスト等が変更される可能性があります

「キン肉マン マッスルショット」最速攻略wiki

「キン肉マン マッスルショット」4周年記念特設サイト

「キン肉マン マッスルショット」公式サイト

「キン肉マン マッスルショット」ダウンロードページ

「キン肉マン マッスルショット」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    キン肉マン マッスルショット

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月