オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
名作はスマホで遊んでも名作だった。スマートフォン版「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」インプレッション
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/12/27 00:15

プレイレポート

名作はスマホで遊んでも名作だった。スマートフォン版「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」インプレッション

 スクウェア・エニックスは2014年12月12日,スマートフォン版「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」iOS / Android 以下,ドラクエV)の配信を開始した。価格は1800円(税込)。

 本作は,2014年4月より配信されているスマホ版「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」iOS / Android 以下,ドラクエIV)から始まる“天空シリーズ”(IV,V,IV)の2作目にあたるタイトルだ。スマホ版ドラクエIVをプレイし,天空シリーズの続編にあたる本作の配信を,待ちわびていた人も少なくないだろう。
 本稿では,そんなドラクエVのインプレッションをお届けしよう。

「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」公式サイト

iOS版「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」ダウンロードサイト

Android版「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」ダウンロードサイト

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁


タッチ操作は慣れるまで少し大変

コツを掴んで快適に遊ぼう


 まずは,スマホ向けゲームといえば気になる要素,操作性/インタフェースの部分から見ていこう。本作は,スマホ版ドラクエIV(関連記事)と同様,画面下部に表示されたバーチャルパッドで操作を行うことになる。

 バーチャルパッドは十字キー型ではなく,アナログスティックのような形をしており,中央の“点”をドラッグ操作することで8方向の入力を認識してくれる。
 また,その“点”は決定ボタン(DS版のべんりボタン)としても使用可能。感覚としては,PS3のアナログスティックの押し込み([L3]ボタン / [R3]ボタン)が決定ボタンになっているようなイメージだ。

 初期設定ではバーチャルパッドが画面下の中央に配置されているが,これはフィールド画面の「←→」ボタンで画面下の左右に変更可能だ。加えてバーチャルパッドの大きさも「せってい」から変更できるので,自分が操作しやすい環境を構築できる。

バーチャルパッドの位置は利き手側,大きさは“大”に設定することをお勧めする
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁

本作は縦持ちでプレイ可能。DS版で追加されたマップの拡大機能も使えるようになっている
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁

 肝心の操作感だが,正直に言うと第一印象はあまり良くなかった。バーチャルパッドの反応がやや過敏で,慎重な操作を要求されるシーン(落とし穴を避けて歩く場面など)では,誤操作で失敗することもあり,ゲームパッドでのプレイと比較すると,さすがにストレスを感じてしまう。
 しかし,5〜6時間も遊んでいると,バーチャルパッドでの操作が手に馴染んできて,プレイ時間が2桁に達した頃には完全に慣れてしまった。コツは“直線的に歩くこと”と“方向転換する際は指を一旦離すこと”で,これを覚えてしまえば,何時間でも快適にゲームを楽しめる。

 さらに,もう1点。本作を遊ぼうと考えているプレイヤーには,より快適にゲームを楽しむために,爪を切ることをお勧めする。深爪をする必要はないが,指を画面に対して垂直に立てる感じでプレイすると,驚くほど誤操作が減るのだ。筆者の場合,親指の腹で操作するよりは確実に操作しやすかったので,どうもうまく遊べないという人は一度試してみてほしい。

精密な操作を要求される場面は意外に多い。移動を間違えると大ダメージを受けてしまうダンジョンで誤操作しては,大惨事になりかねない。世界を救うため,まずは爪を切ろう
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁


あらゆる年齢層が感情移入できる

親子3代の波瀾万丈ストーリー


 続いては,ゲーム内容についても紹介していこう。まずはストーリーについて。オムニバス形式で物語が進行したドラクエIVから打って変わって,本作では徹底して主人公だけに焦点があてられた,(シナリオの目線としての意味合いで)一人称的なストーリーが描かれる。
 父親と共に世界を旅する少年時代から始まり,成長した主人公が自らの意志で世界を駆け回る青年時代を経て,最終的には自らの子供と肩を並べて戦う……という親子3代にわたるひとりの“人生”が,たっぷりと描かれるのだ。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁
ゲーム開始直後の少年時代。行方不明になった母を探す父・パパスと共に,世界を旅する
ドラゴンクエストV 天空の花嫁
青年となって自立した主人公が,父の志を引き継いで母を探すことになる。旅の途中で,主人公が人生最大の選択を迫られるのはこのパートだ

ドラゴンクエストV 天空の花嫁
自らの子供と共に魔王の脅威に立ち向かう最終章。子供は息子と娘の2人がいるので,親子だけでパーティーを組める
 その中で発生する“人生最大の選択を迫られるイベント”は,ドラクエ好きがよく語りぐさにするネタのひとつだ。そのせいか「ドラクエVは遊んだことないけど,ヒロインの3人は知ってる」という人も,けっこう多いのではないだろうか。

 ヒロインとして登場するのは,器量の良い幼馴染のビアンカと,良家の娘である清楚なフローラ,勝気で型破りなツンデレキャラのデボラ,という3人の女性。これが絶妙なラインナップで,多くのドラクエファンは「絶対ビアンカを選ぶべき」「いや,フローラだ」「むしろデボラがいい」と,ことあるごとに議論を繰り広げており,別ハード版を何度かプレイしているにも関わらず,筆者もあらためて苦悩させられてしまった。

前作と比較すると,主要な登場人物は少ない。基本的に視点は主人公から離れないので,ひとりの人間の伝記を読み進めているような感覚でストーリーを楽しめる
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁

3人のヒロインキャラクターは,子供時代にも少しだけ登場する
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁

よく考え,悔いのない選択をしよう。なお,筆者はフローラ派である
ドラゴンクエストV 天空の花嫁
 先述のとおり,本作のストーリーは徹底した主人公視点で進められる。子供時代から共に歩み,艱難辛苦を乗り越えて,ついに人生最大の選択を迫られた主人公に対して,プレイヤーが感情移入をしないワケがない。

 そして,悩んで決めたぶんだけ,その後のストーリーが面白くなっていくのも重要なポイントだ。これから初めて本作を遊ぶ人は,ぜひ主人公になりきってゲームを進め,“人生最大の選択”に挑んでほしい。


システム面の快適度は高水準

再確認の削減でより快適に


 お次はシステム面について解説していこう。本作の特徴的なゲームシステムといえば,のちのシリーズにも受け継がれ,モンスター育成RPG「テリーのワンダーランド」の基礎となった「モンスターを仲間にできる」システム(明確な名称はない)だろう。

 基本的な仕組みは,以降に採用されたシステムよりもシンプルだ。条件(馬車の所有/モンスターじいさんとの会話)を満たしたうえで,戦闘で特定のモンスターを倒すと,一定確率で仲間になってくれるというもの。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ずっと一緒に戦ってくれたピエール(スライムナイト)を,後からやってきた自分の子供たちと入れ替えるか否かは,かなり悩まされた。この悩ましい選択は,新たな人間の仲間が登場するたびに突きつけられる
ドラゴンクエストV 天空の花嫁
 本作では仲間になる人間キャラクターが少ないので,必然的に仲間モンスターの力に頼る場面が増えてくる。主人公に感情移入すればするほど,長く共に戦うモンスターへの信頼度も増していくのも,本作の特徴と言えるかもしれない。

 なお,こちらの記事で紹介したように,モンスターが仲間になりやすくなる新アイテム「モンスターブローチ」が手に入るアイテムコードが,2015年1月1日 23:59までの期間限定で配布中だ。コードを入力するためには,物語を青年期以降まで進めておく必要があるので,ゲームの進行度合いと配信期間には注意をしておこう。

 冒険やバトルに関するゲームバランスも良好だ。移動系呪文(ルーラなど)のMP消費が1に減少しているなど,スマホ版ドラクエIVからの変更点は本作にも適用されており,バランス面でストレスを感じる要素は少ない。

 また,以前のスマホ版ドラクエIVで用意されていた“再確認”の要素は一部削除されており,戦闘のテンポが向上している点も見逃せない。設定でのON/OFF機能はないが,地味ながらも良い変更点と言えるだろう。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁

 無料で遊べるゲームが多数配信されているスマートフォンアプリ市場の中で,1800円(税込)という値段設定は高く感じられるかもしれない。しかし,本作はその金額を出すだけの魅力を確実に秘めている。
 過去の名作映画を観ると「自分はこれまで,なぜこんな良い映画を観ていなかったのだろう」という気持ちになることがあるが,本作を初めてプレイした人も,それに似た感想を抱くのではないだろうか。

 「年齢に関係なく誰でも楽しめる作品」というキャッチコピーはありふれているが,それを正しく実現しているタイトルは一握りだ。筆者は今さらながら,本作がその“一握り”の中でもとくに優れた作品であることを,強く実感させられた次第である。本作に懐かしさを感じた人はもちろん,まだ未経験だという人も,この年末年始にぜひプレイしてみてほしい。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁
ドラゴンクエストV 天空の花嫁 ドラゴンクエストV 天空の花嫁

「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」公式サイト

iOS版「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」ダウンロードサイト

Android版「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」ダウンロードサイト

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストV 天空の花嫁

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストV 天空の花嫁

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月26日〜01月27日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月