オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Windows 10公式サイトへ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Windows 10がついに「DirectX Raytracing」(DXR)をサポート――本日公開の「October 2018 Update」で
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/03 12:41

ニュース

Windows 10がついに「DirectX Raytracing」(DXR)をサポート――本日公開の「October 2018 Update」で

 ついにWindows 10がリアルタイムレイトレーシングをサポートした。
 Windows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」(以下,October 2018 Update)が日本時間2018年10月3日付けで配信開始となったが,これが「DirectX Raytracing」(以下,DXR)に対応したためだ。
 DXRをハードウェアレベルでサポートするGPUとしてはNVIDIAのGeForce RTX 20シリーズが市場投入済みなので,同シリーズを搭載したPCでOctober 2018 Updateを導入すれば,DXRの利用環境が整うことになる。

GeForce RTX 20シリーズGPU搭載のグラフィックスカード
Windows 10


DXRとDirectMLで第1世代の「レイトレーシングGPU」に対応するWindows 10


 DXRについては,GDC 2018での発表以降,4Gamerでも何度か取り上げてきているので,概要は把握済みという読者も多いことだろう。詳しくは西川善司氏による解説記事を参考にしてほしいが,ざっくり言えばDirectXにレイトレーシングを取り入れる新しいAPIセットである。

こちらはUL(旧Futuremark)がGDC 2018で示した「DXR有効時と無効時の比較スクリーンショット」(※スクリーンショットをクリックするとアニメーションGIFが開きます)
Windows 10

 October 2018 Updateに合わせてMicrosoftの開発者向けblogに投稿された発表によると,DXRは「ネイティブでレイトレーシングをサポートする第1世代のGPU」で利用できるというが,その「第1世代のGPU」というのはもちろん,冒頭でも紹介したGeForce RTX 20シリーズのことだ。Microsoftの発表からもNVIDIA公式blogの当該記事へリンクが張ってあったりするくらいなので,現状,DXRを利用できるGPUはGeForce RTX 20シリーズとQuadro RTXシリーズのみという理解でいいのだろう。

 なおMicrosoftは,October 2018 Updateでもう1つ,「DirectML」(ML:Machine Learning,機械学習)という新機能にも対応している。Microsoftは機械学習関連機能を「Windows ML」という名前でWindowsに組み込もうとしている最中だが,DirectMLはそのDirectX版という位置づけだ。
 具体的にDirectMLで何ができるかだが,Microsoftの発表によると,機械学習ベースのノイズ除去や高解像度化(スーパーレゾリューション)が可能になるそうだ。DirectMLによって,ピクセルあたりのレイ数を減らしつつ,効果的なレイトレーシングによるエフェクトを実現できるとMicrosoftは開発者blogで述べている。

 機械学習というキーワードが出てきたことで想像の付いた読者もいると思うが,現在のところ,DirectMLを利用できるのはDXRと機械学習の両方をハードウェアレベルでサポートできるGPUはやはりGeForce RTX 20シリーズとQuadro RTXシリーズのみである。

 ともあれ,これで「Battlefield V」や「Shadow of the Tomb Raider」「Metro Exodus」といったリアルタイムレイトレーシング対応タイトルで実際にレイトレーシングを利用できる環境が整ったわけだ。
 DXRとDirectMLが普及していくためには,この分野で存在感を見せることができていないAMDの対応も不可欠になると思われるだけに,「何らかの発表」を予告しているAMDの動きにも期待したい。



今すぐ体感したい読者は手動でOctober 2018 Updateの導入を


 October 2018 Updateはこれまでどおり,アップデートの準備が整った時点で,Windows 10が通知してくれる仕様になっている。なので,GeForce RTX 20搭載カードを持っていないなどの理由で急がないなら,通知を待てばいいだろう。
 一方,いますぐにでもアップデートしたいというのであれば,手動でアップデータをダウンロードすることも可能だ。MicrosoftのWindows 10ダウンロードページから入手できるので,そちらを利用すればいいだろう。ただし,アップデートには数十分かかるはずなので,その点は注意してほしい。

MicrosoftのWindows 10 のダウンロードページ


 なお,October 2018 Updateの新要素は,レイトレーシング関連に留まるものではない。

「設定」→「システム」→「クリップボード」にある「デバイス間で共有します」をオンにすると,同じアカウントでログインしているWindows PCの間でクリップボードを共有できる
Windows 10
 たとえばユーザーインタフェース周りでは,クリップボードが高機能化され,複数のWindows PC間でクリップボードを共有することができる「クラウドクリップボード」と呼ばれる機能が追加となっている。
 また,これまでファイルエクスプローラはWindows規定のアプリモードカラーに対応していなかったが,October 2018 Updateではエクスプローラも規定のカラーに対応したりしている。

「設定」→「個人用設定」→「色」で規定のアプリモードとして「黒」を選ぶとエクスプローラも黒背景になる
Windows 10 Windows 10

 4Gamerとしてこれ以上突っ込んだ解説は行わないが,レイトレーシング対応に期待してWindows 10をアップデートすると「いろいろ変わる」ことは押さえておきたいところだ。
  • 関連タイトル:

    Windows 10

  • 関連タイトル:

    DirectX

  • 関連タイトル:

    GeForce RTX 20

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月