オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2014]野島一成氏と崎元 仁氏が開発に関わるPS Vita/iOS向けRPG「ZODIAC」のプレイムービーを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/09/21 14:09

ニュース

[TGS 2014]野島一成氏と崎元 仁氏が開発に関わるPS Vita/iOS向けRPG「ZODIAC」のプレイムービーを掲載

 東京ゲームショウ2014のホール2に,フランスのゲームメーカーであるkobojoの新作RPG「ZODIAC」PS Vita / iOS)が出展されている。本作は,「ファイナルファンタジーVII」のシナリオを手がけた野島一成氏と,「伝説のオウガバトル」のサウンドを担当した崎元 仁氏が開発に関わるRPGで,美しいビジュアルが目を引く作品だ。
 まずは,以下のプレイムービーで本作の雰囲気を確認してみてほしい。

関連記事:
[TGS 2014]王道らしい王道RPGを作りたい――TGSで突如発表された新作「ZODIAC(ゾディアック)」とはどんなゲームなのか聞いてみた


 ゲームは,物語,移動,戦闘という,3つのパートに分かれている。物語パートでは,2人のキャラクターがトカゲの王を探しているシーンでスタート。ユーモアあふれる掛け合いもそこそこに移動パートへ移行し,主人公達が乗ったグリフォンを画面内で自由に動かせるようになる。画面は基本的にサイドビューで,上下左右どこにでも好きなように操作でき,フィールド内にいる黒い影に接触すると戦闘が始まる。

ZODIAC Orcanon Odyssey

 戦闘パートでは,画面左上に表示されているキャラクターの順番でアクションを行える。味方パーティはキャラクター3人+グリフォンの計4体で,基本的には1人につき,4つのアクションが用意されている。各キャラクターには,単体/複数の敵を攻撃したり,味方を回復したりする技が用意されており,毎ターン行動を選択できるが,グリフォンのみNPC扱い(自動行動)となっていた。

ZODIAC Orcanon Odyssey

 4つのアクションは,縦/横のフリック,タップ,ピンチで選択できるのだが,現状では,タッチ操作に関するチューニングが済んでいないためか,少しもっさりしている印象を受ける場面もあった。しかし,丁寧に作り込まれた本作のビジュアルとサウンドには,そんなことを気にさせない魅力が秘められていることは確かだ。

 なお,本作のリリース時期は2015年内とのこと。発売はもう少し先の話になりそうだが,続報を楽しみにしておこう。

ZODIAC Orcanon Odyssey

4Gamer「東京ゲームショウ2014」特設サイト

  • 関連タイトル:

    ZODIAC Orcanon Odyssey

  • 関連タイトル:

    ZODIAC Orcanon Odyssey

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
78
ブラウンダスト (iPhone)
77
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
65
Ar:pieL (PC)
63
2018年02月〜2018年08月