オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
クリーチャーの大群を相手に戦うFPS,「Killing Floor 2」のゴア表現に,調整機能が実装されることが明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/04/21 12:53

ニュース

クリーチャーの大群を相手に戦うFPS,「Killing Floor 2」のゴア表現に,調整機能が実装されることが明らかに

 Tripwire Interactiveは,PC向けのアーリーアクセス版が北米時間の2015年4月21日に配信される予定のFPS「Killing Floor 2」PC/PlayStation 4)のゴア表現に,調整機能が実装されていることを明らかにした。これは,「Steam」の公式フォーラムで,コミュニティマネージャーのジャレッド・クリシー(Jared Creasy)氏がファンの質問に答える形で発表したものだ。

Killing Floor 2

「Killing Floor 2」公式サイト


 PCゲーマーの間で根強いファンを持つシリーズの第2弾となる「Killing Floor 2」は,「ゼット」という生体兵器との戦闘における派手なバイオレンスシーンが知られている。実装された「M.E.A.T. System」というゴア生成システムでは,1体のクリーチャーの体に22か所の切断ポイントが用意されており,攻撃を受けた際のアニメーションも100種類近くになるという。飛び散った鮮血は新たなテクスチャとして瞬時に切り替えられるため,ハードウェアに負担をかけることなく,血糊がいつまでも残るというマニアックなほどの過激さがウリだ。プレイヤーは,激しいバトルが終わったあと,真っ赤に染まったあたりの光景を見て大いに満足するというわけだ。

Killing Floor 2

 2014年12月8日に掲載した記事でお伝えしたとおり,そんな過激なゴア表現がウリの本作がPlayStation 4に移植されることがアナウンスされており,日本やドイツなど,表現規制の厳しい地域での発売が可能なのかと危ぶまれていた。今回の調節機能は,それに対応する意図もあると思われるが,この機能がコンシューマ版では固定されたものになるのか,それともプレイヤーが自由に調整できるのかといった詳細は,現在のところ明らかになっていない。

Killing Floor 2

 クリーチャーの大群を相手にした過酷なサバイバルを,最大6人のプレイヤーが参加可能なCo-opで楽しめる本作。日本でも前作「Killing Floor」以上の話題を集めそうだ。
  • 関連タイトル:

    Killing Floor 2

  • 関連タイトル:

    Killing Floor 2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日