※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
Switchとスマホ向けの
「妖怪ウォッチ」新作がそろい踏み
妖怪ウォッチ4
妖怪ウォッチ メダルウォーズ
読めば試遊が10倍楽しくなる!
「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」
プレイレポート
木村拓哉さん主演のリーガルサスペンス
名越稔洋監督が語る
JUDGE EYES:死神の遺言
イケメンだらけ! 女性向けタイトルの
ステージ・ブースレポート
Readyyy!
囚われのパルマ Refrain
ダンキラ!!! -Boys, be DANCING!-
スペシャルゲストが登場したステージイベント
「ビリオンロード」ステージで
ビリー隊長がエクササイズを披露
片山右京さんが「F1 2018」で鈴鹿を走った
Samusung SDDブース
「カプコン ベルトアクション コレクション」を
漫画家の押切蓮介さんがプレイ
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「1964 TOKYO VR タイムマシン体験会〜2018年・夏」をレポート。萩本欽一さんがPlayStation VRで1964年の渋谷駅前にタイムスリップ!
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/22 13:53

イベント

「1964 TOKYO VR タイムマシン体験会〜2018年・夏」をレポート。萩本欽一さんがPlayStation VRで1964年の渋谷駅前にタイムスリップ!

 PlayStation VRやPC向けVR HMDのVive Proを利用して,1964年の東京を体験するVRプロジェクト「1964 TOKYO VR」の記者発表会及び体験会が都内で開催された。
 発表会ではではプロジェクトの代表理事を務める土屋敏男氏(日本テレビシニアクリエイター)と,齋藤精一氏(ライゾマティクス代表)が登壇し,その内容と進捗について解説した。

1964 TOKYO VR代表理事の齋藤精一氏(左)と土屋敏男氏(右)
PlayStation VR本体


 2017年10月に発表された「1964 TOKYO VR」プロジェクトだが,現在はその第1弾として「1964 SHIBUYA VR」が渋谷区や東急電鉄,パスコの協力のもと開発中だ。当時の空撮写真などから視差情報や陰影,コントラストなどを解析して3Dモデルを作り出す「フォトグラメトリー」という技術によって,渋谷駅周辺800m×500mエリアの3Dモデルを生成。さらに一般から募集した当時のスナップ写真から,より詳細なモデルとテクスチャを制作するという過程を経て,当時の景観や街並みを3DでVR空間上に復元している。
 1964 TOKYO VRでの3D化はこの渋谷駅を基点に,表参道,神宮前,青山一丁目,国立競技場,丸の内,銀座を範囲としている。これは1964年の東京オリンピックで聖火が通ったルートをたどるものだ。

渋谷を拠点とする東急電鉄には,このような当時の渋谷周辺の貴重な写真が多く残されているそうだ
PlayStation VR本体

1964年当時の写真から起こされた,3Dモデルのハチ公前広場
PlayStation VR本体 PlayStation VR本体

空間情報を扱うパスコによる航空写真によって,ある程度の3Dモデルが起こせる
PlayStation VR本体

オリンピックの聖火が通ったルートを再現。白い部分が建物が3D化される部分だ
PlayStation VR本体

 この1964 TOKYO VRは未完成の部分がほとんどで,渋谷駅周辺も30%程度の完成度なのだという。写真がないところは白い建物のままで,それを補完するための写真を一般・企業を問わず広く募集中だ。とくに渋谷周辺の写真を重点的に募集していて,渋谷区の出張所や区民サービスセンターに専用の受付が設置されているほか,公式サイトからも投稿を受け付けている。たまたま渋谷で撮影したスナップ写真や,家族で撮った記念写真なども重要な資料となるとのことだ。

公式サイトでは,提供された写真を3D化したマップを見られる。現在1000枚以上の写真が集まっているというが,まだまだ足りない状況だという
PlayStation VR本体

 ここで壇上には,当プロジェクトの賛助会員第1号の“欽ちゃん”こと萩本欽一さんと,渋谷区長の長谷部 健氏が登場し,1964 TOKYO VRをPlayStation VRにて体験した。
 萩本さんは土屋氏に「面白いことをやるので,賛助会員になってくれ」と頼まれて会員になったが,その内容を知らなかったとか。「それはいい! と思って会員になったわけではございません」と続け,来場者の笑いを誘った。
 一方,長谷部区長は,写真を提供してくれたシニア世代の人達がVRで渋谷の街を体験して,驚きつつも懐かしんでいた様子に好感を持ったことを伝えている。

長谷部 健区長(左)と萩本欽一さん(右)
PlayStation VR本体

PS VRで1964年の渋谷駅前を歩く萩本さん
PlayStation VR本体

 体験を終えた萩本さんは「見ようと思っても見られないものを見られて,懐かしい気分になった」とコメント。また降壇後も「1964年の写真じゃなきゃダメなの? 1965年の写真を持ってる方はどうしたらいいの?」と,賛助会員としてのツッコミを入れ,「1964年から前後10年程度なら大丈夫です」と返答した土屋氏と齋藤氏に対し,「別にちょっと新しめの写真でもいいじゃない。その中から『俺に任せろ』ぐらいの気持ちで選別するぐらい,仕事を広げようよ!」とダメ出しをすると,会場からは大きな拍手と笑いが巻きおこった。

待機席からダメ出しをした萩本さん。土屋氏と齋藤氏も「仰る通り」と頭を下げた
PlayStation VR本体

 記者会見終了後の体験会では,Vive Pro+バックパックPCと,PS VR+PlayStation 4 Proによる1964年の渋谷の街歩きを体験できた。
 Vive Proは2人1組のツアー形式になっていて,当時の渋谷ハチ公前から西武百貨店150m上空,渋谷駅東口,宮益坂下,道玄坂下,建築中の渋谷駅前ビル屋上と回って,最後にハチ公前に戻ってくるコースだ。当時のハチ公像はスクランブル交差点のほうを向いていて,その周囲はかなり広く,噴水などがあり,当たり前だが現在との違いを発見できた。また,現在は渋谷ヒカリエが建っている場所にあった東口の東急文化会館や,東急線ホームのかまぼこ屋根,現在はQFRONTが建つ場所にあった峰岸ビルなど,昔の渋谷を知っている人には懐かしい建物も見えていた。

Vive Proによる体験。周囲の空間を自由に歩き回れる
PlayStation VR本体

 PS VRのほうも同じ街並みを体験できるが,こちらはコントローラで自由に移動ができるようになっていた。
 自由に動き回れるので,センター街や宮益坂の上のほうへも行けたが,まだ完成していないところだと,さすがに臨場感は今一つ。このあたりは写真が揃うことで再現されていくはずなので,今後に期待したい。

PS VRによる体験。ボタンを押して現れる矢印の位置へ自由に移動できた
PlayStation VR本体


 このVR体験は,8月に写真提供者に向けた体験会が行われ,その後も定期的に開催される予定だ。現状は2020年の東京オリンピックまでに渋谷周辺を完成させることが目標とのことだが,VRコンテンツとして完成させるためにはとにかく写真が足らない状況にあるという。1枚でもいいので,自宅の押し入れなどに眠っている写真を提供してほしいとのことだ。

PlayStation VR本体

「1964 TOKYO VR」公式サイト

  • 関連タイトル:

    PlayStation VR本体

  • 関連タイトル:

    Vive

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月