オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ロードス島戦記オンライン公式サイトへ
読者の評価
59
投稿数:24
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ロードス島戦記オンライン」第6のクラス「ウォリアー」を先行プレイ。大剣をやすやすと振るう漢らしいウォリアーの実力のほどは?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/01/20 17:00

プレイレポート

「ロードス島戦記オンライン」第6のクラス「ウォリアー」を先行プレイ。大剣をやすやすと振るう漢らしいウォリアーの実力のほどは?

 ゲームオンがサービス中のMMORPG「ロードス島戦記オンライン」で,2017年1月25日に実施予定のアップデート「The Intruder」において,新クラス「ウォリアー」と,その1次クラスにあたる「マーセナリー」「アヴェンジャー」が実装される。
 今回,4Gamerは,韓国でも実装されたばかりのこの新クラスを,本作のブランドマネージャー 加藤 仁氏(以下,加藤氏)の説明を受けながらプレイしてきた。そのプレイフィールを紹介するとともに,ウォリアー実装のいきさつなどについても紹介していこう。


 なお,今回のテストプレイ時のクライアントは,グラフィックスやバランスなどが,まだ完全には調整されていないものだった。そのため,スキルの効果や名称など,実装時とは異なる場合があることを,ご了承願いたい。

ロードス島戦記オンライン

「The Intruder」アップデート特設ページ


原作者の水野氏の要望で作られた新クラス「ウォリアー」


 ウォリアー・レポートに入る前に,ロードス島戦記オンラインの設定としてのウォリアーと,その誕生秘話を紹介しよう。

 実はロードス島戦記オンラインの制作にあたり,小説「ロードス島戦記」の原作者である水野 良氏から「小説第1巻の初期パーティが組める職業をそろえてほしい」という要望があったという。小説第1巻に登場するキャラクターと,ロードス島戦記オンラインのクラスとを当てはめてみると,だいたい以下のようになる。

キャラクター:小説内でのクラス / ゲーム内でのクラス
パーン:ウォリアー(後に騎士) / ナイト
ディードリット:シャーマン / シャーマン
エト:プリースト / プリースト
スレイン:ソーサラー / ソーサラー
ギム:ウォリアー / −
ウッド・チャック:スカウト / スカウト

 見て分かるとおり,小説版の初期パーティを組むためには,パーンやギムのクラスであるウォリアーが必要になる。しかし,このクラスがまだ実装されていなかったわけだ。それが今回のアップデートで,ついに実装され,そのパーティが実現可能となる。
 一方,実装されるウォリアーの種族はヒューマンだ。個人的にはギムに合わせて,未実装のプレイアブル種族でもある「ドワーフ」のウォリアーに期待したいところだったが,なぜ,開発はヒューマンを選択したのだろうか。

 これについて加藤氏に聞いたところ,開発元のL&K Logic Koreaと「原作に沿うような形でドワーフにするか,より多くの人達に受け入れられるようヒューマンにするか」といった視点や,グラフィックスでの見栄えなど,多角的な視点で何度も協議を重ねた末,ヒューマンタイプのウォリアーに決まったのだという。

 一方,ドワーフのウォリアーであれば,ギムをベースとしてキャラ設定などの制作は容易になりそうだが,種族が人間となると,選択肢が多すぎてそうもいかない。
 そこで,ディープなロードス島ファンでもある加藤氏らがたどり着いたのが,「最も深き迷宮」から生還した「六英雄」のひとりである暗黒帝王ベルドと,小説第3巻に登場した傭兵オルソン。彼ら2人をモチーフとして,暗黒の島マーモにある「闇の森」の蛮族出身の戦士として誕生したのが,今回実装される「ウォリアー」というわけだ。

ロードス島戦記オンライン

 ウォリアーのイラストを見ると,「ロードス島伝説(小説)」や「ロードス島戦記 ファリスの聖女(コミックス)」に描かれている若きベルドの姿を思わせる。髪が赤いのも,「赤髪の傭兵」と呼ばれたベルドのオマージュのようだ。
 ウォリアーは,同郷でありマーモの傭兵から皇帝にまでなったベルドに憧れ,自分も傭兵になって傭兵王カシューのもとで,フレイム建国のために戦ったという設定がある。その後,フレイムの内戦で傭兵として共に戦ったパーンを訪ねて,ザクソンへ向う……というのがバックグラウンドストーリーとなる。

ロードス島戦記オンライン
ロードス島戦記オンライン


大剣を振り回して戦うワイルドなウォリアー。その実態は……リア充!?


 それでは,ゲーム上のウォリアーに迫っていこう。

ロードス島戦記オンライン

 イラストにもあるようにウォリアーは,身の丈ほどもある巨大な剣を武器に持つクラスだ。新しい武器「大剣」は,攻撃力の高さが特徴となる。この大剣を両手で扱うためか,盾を持つことはできない。防具はイラストの軽装ぶりからもイメージできるように「軽鎧」となっている。

 大振りな剣を両手で扱うキャラクターであることから,威力は高いが攻撃が遅いというイメージを持っていたが,実際にプレイしてみるとなかなか軽快なモーションで素早い攻撃を繰り出すという,ロードス島戦記オンラインらしいプレイフィールとなっていた。
 ただ,近接タイプのダメージディーラーでありながら,防具は軽鎧で盾も持てないので,防御力に少し難がありそうだ。

大剣をブン回し,サクサク攻撃を仕掛けていくウォリアー。防御力の低さを,どんな装備で補うのかがポイントになりそうだ
ロードス島戦記オンライン
ロードス島戦記オンライン

 ウォリアーの特徴である攻撃力の高さは,パッシブスキルやチェインスキルによって支えられている。それぞれにクリティカル率をアップさせるバフや,攻撃力をアップさせるバフがあり,それらを発動させつつ戦っていくのがウォリアーの戦い方となる。既存のクラスを例に挙げるなら,同じように手数とクリティカルで戦うナイトやスカウトに近いだろう。
 ただ,ナイトは盾を持てたり,スカウトはもともと回避率が高かったりと防御手段を持っているが,ウォリアーにはそれがない。受けたLP回復魔法の効果が上昇する「ファスターヒーリング」というチェインスキルを持つが,あくまでパーティ用なので,とくにソロで冒険するときはLPに気を付けたほうがよさそうだ。

ウォリアーのチェインスキルは,チェインスキル同士による発動率のアップ効果はなく,アクティブスキルを使用すると発動率がアップする。連続チェインを狙うなら,アクティブスキルを織り交ぜて戦っていくと効率がよさそうだ
ロードス島戦記オンライン
ロードス島戦記オンライン

 スキルについては,攻撃スキルは当然として,少し面白いものを持っている。それがサポートスキルだ。この言葉をそのまま捉えると「ほかのクラスをサポートするスキルかな」と思ってしまうが,これらは「ウォリアーをサポートする」という意味でのスキルとなっている。では,いったいどのようなサポートかというと,可愛らしい傭兵を呼び出し,彼女らが何らかの効果を使ってくれるのだ。

サポートスキルを使用すると登場する3人の女傭兵。左からドリス,アレクシス,アグネータ。使うスキルによって出現する傭兵が異なる
ロードス島戦記オンライン

 ウォリアーは,サポートスキルのうちTankタイプの「サポート・ガード」と「サポート・アタック」を覚えられる。サポート・ガードを使用すると,効果時間内は敵に攻撃しても自身がターゲットにならないという優れものだ。ソロでは使いどころはあまりないが,パーティではかなり活躍してくれるだろう。
 サポート・アタックは,遠距離物理攻撃で,離れたところに攻撃ができる。ただ,近接職のウォリアーの戦闘スタイルからすると,かみ合っておらず,使いどころが難しいような気がするのだが。

使用すると一瞬だけ登場し,一太刀を入れて消えていく女傭兵。演出のみではあるが,いざというときに女性が助けに来てくれるとか,ウォリアーはとんだリア充キャラではないだろうか
ロードス島戦記オンライン
ロードス島戦記オンライン

通常戦闘では,クールタイムが短く連発できる攻撃スキル「ブレードダンス」をメインに使っていくといい。「ワイルドスラッシュ」は派手なうえに,大打撃を与えられる攻撃スキルだが,クールタイムが非常に長いので,ここぞという時に使おう
ロードス島戦記オンライン
ロードス島戦記オンライン

 レベル20になったウォリアーは,既存のクラスと同様にアラニアの冒険者ギルドで「マーセナリー」もしくは「アヴェンジャー」へとクラスチェンジが可能になる。なお,どちらのクラスにチェンジしても武器は大剣,防具は軽鎧のままなので,引き続き使用することができる。

ウォリアーにスキルを授けてくれたり,クラスチェンジの指導をしてくれたりするスキルマスター。プレイヤーキャラクターと同じ,闇の森の蛮族ナグ・アラ出身の女性ウォリアーだ
ロードス島戦記オンライン


「マーセナリー」は仲間を活かし,協力するタイプのクラス


 伝説に聞くベルドよりも,傭兵王カシューのしたたかで巧みな戦い方に憧れ,肉体頼りの戦い方から,場の流れを読み,決して負けない戦い方を目指すようになったのがマーセナリーだ。
 マーモ出身のウォリアーが,ベルド皇帝を倒したカシュー王寄りの傭兵になるというのは,ちょっとした皮肉にも思える。

ロードス島戦記オンライン

 マーセナリーになると,ウォリアーの特徴であるサポートスキルに,使用すると一定時間LPが持続回復する「サポート・サイクリックキュアー」が追加される。さらにクールタイムを減少するスキル「ファストサポート」が加わることで,継戦能力は大幅に向上する。

 そのほかにも,攻撃系スキルはもちろん,回避率アップや相手を一定時間行動不能にしたり,LPを回復したりするスキルも追加され,単独でもパーティでも有用なスキルがそろう。これにより,オールラウンドに戦えるクラスになるといってもよさそうだ。

攻撃スキルに「ブレードストーム」が加わった。これはブレードダンスで数回攻撃してチャージを溜めると使用可能になる。一手間かかるだけあって,その威力は絶大だ
ロードス島戦記オンライン
ロードス島戦記オンライン

「ファストサポート」は,サポートスキルのクールタイムを50%も減らしてくれる。非常にありがたい効果だが,ファストサポート自体のクールタイムが90秒と長いので,無駄のないように使いたい。なお,マーセナリーになるとチェインスキルにもサポートスキルが追加され,リア充ぶりもアップする
ロードス島戦記オンライン
ロードス島戦記オンライン

 マーセナリーの特徴は,スキルではなく職業技能に色濃く表れている。
 マーセナリーの持つ職業技能は,パーティを組んだときに効果を発揮するという珍しい特徴を持っている。例えば「戦友の堅守」は物理防御力,「戦場の号令」は攻撃速度,「僚友の守護」はクリティカル耐性が,自身のパーティメンバーの数だけ累積してアップするというものだ。
 これら3つの技能はマーセナリーに付与される効果だが,最後に覚えられる「同胞の支援」は,パーティメンバーの役割に応じてそれぞれバフが与えられる(タンク:被ダメージ減少,ダメージディーラー:スキル攻撃力上昇,ヒーラー:スキルでの回復量増加)のも特徴となる。習得できるレベルは45と少し高いが,パーティメンバーの1人としてマーセナリーを加える価値は非常に高いのではないだろうか。

マーセナリーやアヴェンジャーの職業技能には,レベル30から習得可能になる。シャーマンと同様に,ほかのクラスとの組み合わせで覚えられる職業技能はない
ロードス島戦記オンライン


恐怖から逃れるため暴走する「アヴェンジャー」。その神髄はPvPにあり


 もう一方の1次クラスアヴェンジャーは,傭兵仲間とともに戦う道から外れ,自らの力を突き詰めたタイプとなる。自らの限界を超えるため,部族の試練に挑戦して乗り越えることはできたが,その過程で己の中にあった「恐怖」と向き合うこととなり,それを振り払うために暴走しがちになったのだという。

ロードス島戦記オンライン

 身体には,試練の最中に闇と恐怖の精霊シェイドに付けられた傷が露わになっており,これが周囲への威圧感や恐怖を与えて,仲間達を遠ざけてしまったという設定になっている。

 見た目からすると,アヴェンジャーがウォリアーの正統進化クラスのような印象だが,スキル周りはガラリと変わっている。ウォリアーの特徴でもあったサポートスキルは一切排除され,攻撃スキルに物理攻撃力アップのバフなど攻撃に特化した,まるでバーサーカーを体現したかのようなクラスだ。

「ブラッディーテンペスト」は,「サヴェージアタック」という攻撃スキルを事前に使うと,ダメージがアップする。組み合わせで大きな威力が出せるメインスキルだ
ロードス島戦記オンライン

離れた相手には「アブソーブドラッシュ」で一気に距離を詰めて攻撃が可能だ
ロードス島戦記オンライン
ロードス島戦記オンライン

 アヴェンジャーの特徴的なスキルとしては,バフスキル「フレンジィ」が挙げられる。これは,物理攻撃力と攻撃速度がアップするだけでなく,先ほど紹介した「ブラッディーテンペスト」やチェインスキルの「デモリッシュ」,「エグゾーストビガー」などに追加効果が発生するというものだ。これによる効果のデメリットはないのだが,クールタイムが少し長い。そのため,ここぞという時に使ったほうがいいだろう。
 なお,「フレンジィ」状態が解除されるが,敵に攻撃スキルが発動する「フレンジィアウト」というスキルもある。

自身のLPの上限が10%アップし,増えた分のLPを回復するという「ライズハイ」。ベースレベルが高くなればなるほど,大きな効果が得られる
ロードス島戦記オンライン

 もうひとつの大きな特徴は,マーセナリーと同じく職業技能にある。
 アヴェンジャーの職業技能は,敵に対してネガティブな影響を与えるものもが多い。そのなかのひとつ「詠唱妨害」は,その名のとおり攻撃することで相手の詠唱を一定確率でキャンセルでき,回復や攻撃などの手段を奪える可能性がある。また「人体破壊」は,アヴェンジャーのみならず,パーティメンバーのクリティカルダメージを増加させる効果がある。このように,アヴェンジャーはPvP特化型のクラスとも言えるのだ。

 また,職業技能ではないがチェインスキル「デッドリープレッシャー」は,ダメージを与えつつ相手のバフを1つ解除するという,これまた嫌らしい効果を持っている。これらの妨害効果を持つアヴェンジャーは,ギルド攻防戦に必要不可欠な人材となりそうだ。

アヴェンジャーの職業技能は,通常の狩りでも効果はある。だが,その神髄は,やはりPvPだろう
ロードス島戦記オンライン

 実のところ,プレイフィールという話なら,ナイトやスカウトとそれほど大きく変わることはない。これらよりも,攻撃の回転率は少し下がるが,一発の威力が大きいクラスという印象だ。
 ただ,この感想は,あくまでソロで使用した場合のもので,パーティでは大きく印象が変わる可能性は大きい。マーセナリーは狩り,アヴェンジャーはPvPと,それぞれ活躍できる場面は異なるが,彼らの持つ職業技能は,パーティに欠かせないものとなる可能性もある。
 今回のテストプレイは,筆者1人でプレイしたものなのでパーティでの真価は未知数だ。ぜひ,プレイヤーの手でその真価を確かめてもらいたい。

ロードス島戦記オンライン

「The Intruder」アップデート特設ページ

「ロードス島戦記オンライン」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ロードス島戦記オンライン

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日