オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
10.8インチのWindowsタブレット「Surface 3」,6月19日に国内発売。LTE対応で価格は8万8344円(税込)から
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/05/19 14:32

ニュース

10.8インチのWindowsタブレット「Surface 3」,6月19日に国内発売。LTE対応で価格は8万8344円(税込)から

Surface 3本体にオプションの専用キーボード「Surface 3 Type Cover」を装着した状態
Surface
 2015年5月19日,Microsoftの日本法人である日本マイクロソフトは,Windows 8.1搭載タブレット端末「Surface 3」を6月19日に国内発売すると発表した。一般ユーザー向けはWi-Fi&LTE両対応モデルのみで,そのラインナップと価格は以下のとおり。いずれもOSはWindows 8.1で,「Office Home & Business Premium」プリインストール。5月20日0:00から予約受け付けが始まる予定とのことだ。

  • メインメモリ容量2GB,ストレージ容量64GBモデル:8万1800円(税別),8万8344円(税込)
  • メインメモリ容量4GB,ストレージ容量128GBモデル:9万1800円(税別),9万9144円(税込)

Surface
Y!mobileでの料金プラン。月間データ通信量は7GBとスマートフォン並み
Surface
縦位置にして4Gamerを表示したところ。この状態でも横方向の解像度が1280ドットあるので,Webブラウジングは快適だ
 Y!mobileの契約では,「2年契約&1か月あたりのデータ通信量7GB」時に,LTE通信の月額料金は購入後3年間に限り3696円になるとのこと。通信契約を含まない単体での購入も可能で,Microsoft Storeや量販店の店頭で購入することもできる。

 ハードウェア周りで最大のトピックとなるのが,アスペクト比3:2という独特の縦横比を持った液晶パネルの採用だ。サイズは10.8インチで,解像度1920×1280ドット。2014年に発売された「Surface Pro 3」の12インチサイズ,解像度2160×1440ドットと比べると,アスペクト比を保持したまま一回り小さく,解像度も下がっていることになる。
 タブレット端末で一般的なアスペクト比16:9(あるいは16:10)よりも表示領域が広いおかげで,写真やWebサイトの閲覧も快適。とくに縦持ち状態でWebサイトを閲覧したりするのに,この横幅はいい具合だなと感じた。

スタイラスでの入力にも対応するSurface 3。ただし,スタイラスが別売りとなる点には注意したい
Surface

 第2の特徴は,SoCに,「Cherry Trail」(チェリートレイル)という開発コードネームで知られてきた新型Atom「Atom x7-Z8700」を採用することである。
 残念ながら,発表会場の試用機によるベンチマークテストは許可されなかったのだが,タブレット端末向けAtomの従来製品であるAtom Z3700シリーズより少し高い動作クロックと強化された統合型グラフィックス機能を備えているので,Windows 8.1やアプリケーションの動作が,今までのWindowsタブレット以上に快適となることは期待できそうだ。

Surface 3の上側面(左写真)と下側面(右写真)。上側面側には[電源/スリープ]ボタンと[音量調節]ボタンがある。下側面側には,ハードウェアキーボード付き別売りカバー「Type Cover」との接点があるだけだ
Surface Surface
左側面(左写真)には,とくにインタフェース類はない。インタフェース類が集中しているのは右側面(右写真)で,写真左からmini DisplayPort出力,USB 3.0(Type-A),USB 2.0(Micro-B),ヘッドフォン/ヘッドセット端子が並んでいる
Surface Surface

 第3の特徴といえるのが,Surfaceシリーズを象徴する内蔵型スタンド「キックスタンド」だ。
 Surface 3のキックスタンドは,開閉角度を3段階に調節できる。上位モデルのSurface Pro 3が,0〜150度までの無段階角度調整が可能だったことに比べるとスペックダウンといえるが,この3段階でも大抵の用途に対応できるのではないだろうか。

3段階に開閉できるキックスタンド。最大限に広げると,膝の上に置いて使うのに適当な角度になる
Surface Surface Surface

 LTE対応モデルが世界市場に先駆けて登場するのが,国内向けSurface 3のセールスポイントであるのだが,気になるLTE対応バンドは,LTEがBand 1(2.1GHz),3(1.7GHz),8(900MHz),3GがBand 1(2.1GHz),8(900MHz)のみと,非常に少ない。この点について日本マイクロソフトは,「ほかのバンドでは技適の検証をしていない」と,やや曖昧な表現を行っていた。海外ではともかく,日本ではこれらの周波数帯でしか使えないと思っていいだろう。
 なお,法人向けに販売されるモデルには,Wi-Fiのみのモデルも用意されているほか,メインメモリ容量4GB,内蔵ストレージ容量64GBという構成の製品も販売される。コンシューマ向けにもこの構成の製品が欲しかったという人は少なくないのではないだろうか。今後のラインナップ拡充に期待したい。

 総じて,価格がやや高いのが明確な難点といえるものの,サブマシンとして,あるいはWindowsタブレットの買い換え候補として,Surface 3は相応に魅力的な選択肢となるのではなかろうか。

●Surface 3の主なスペック
  • OS:Windows 8.1
  • ディスプレイパネル:10.8インチ液晶,解像度1920×1280ドット
  • プロセッサ:Atom x7-Z8700(4C4T,定格1.6GHz,最大2.4GHz,L2キャッシュ容量2MB)
  • メインメモリ容量:2GB,4GB
  • ストレージ:容量64GB,128GB,およびmicroSD
  • アウトカメラ:有効画素数約800万画素
  • インカメラ:有効画素数約350万画素
  • バッテリー容量:未公開
  • バッテリー駆動時間:最大10時間
  • LTE対応:対応(nanoSIM,SIMロックフリー)
  • LTE通信周波数帯:2.1GHz,1.7GHz,900MHz,2.6GHz(海外使用時),800MHz(海外使用時)
  • 3G通信周波数帯:2.1GHz,900MHz,1.9GHz(海外使用時),850MHz(海外使用時)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:4.0
  • 本体サイズ:267(W)×187(D)×8.7(H)mm
  • 本体重量:約641g
  • そのほか搭載インタフェース:USB 3.0(Type-A),USB 2.0(Micro-B)mini DisplayPort,3.5mmミニピン(アナログヘッドセット対応)

Surface 日本語公式Webページ

  • 関連タイトル:

    Surface

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日