オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ソフトバンクモバイル,“フレームレス”を謳う狭額縁デザインのスマートフォン「AQUOS CRYSTAL」を発表。harman Kardon製スピーカーが付属
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/08/18 15:01

ニュース

ソフトバンクモバイル,“フレームレス”を謳う狭額縁デザインのスマートフォン「AQUOS CRYSTAL」を発表。harman Kardon製スピーカーが付属

AQUOS
 2014年8月18日,ソフトバンクモバイルは都内にて新製品発表会を開催し,シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS CRYSTAL」を発表した。額縁部分が極めて薄い「フレームレス」デザインと,Harman Kardon製のワイヤレススピーカー「harman Kardon ONYX STUDIO」の付属が特徴だ。発売日は8月29日の予定で,8月19日から予約受付を開始する。

AQUOS CRYSTAL
AQUOS

 シャープ製スマートフォンといえば,左右と上側の額縁を補足した「三辺狭額縁デザイン」をウリとする製品が最近では主流となっている。AQUOS CRYSTALは,それをさらに推し進めたものだ。額縁部分が本当に存在しないわけではないが,前面からの見た目は2mmもないので,手に持って眺めても額縁を意識することはないだろう。

フレームレスを謳うだけあって,左右と上下の額縁部分は本当に細い(左)。右写真は,三辺狭額縁デザインのスマートフォンに使われていた液晶パネル(写真左側)と,AQUOS CRYSTALの液晶パネル(写真右側)を並べたもの。AQUOS CRYSTALのパネルは額縁に当たる部分がほとんどない
AQUOS AQUOS

 もう1つの特徴である付属スピーカーは,直径約28cmのボディにツイーターとサブウーファを2基ずつ搭載している。単体では4万円程度で販売されているものというだけあって,スマートフォンのおまけとは呼べない,本格的なものだ。
 さらに,AQUOS CRYSTAL本体には,音声の圧縮によって失われた音域を復元するharman Kardonの技術「Clari-Fi」が搭載されており,高音質なサウンド再生が可能であると謳われている。

AQUOS AQUOS
付属のharman Kardon ONYX STUDIO。AQUOS CRYSTALと並べると,どちらが付属品か分からない。ちなみに,AQUOS CRYSTAL購入時にセットで持ち帰ることも可能だが,スマートフォンだけを受け取り,スピーカーは後日無料配送してもらうことも可能であるそうだ。なお,付属スピーカーなしという構成はない

カラーバリエーションは,ホワイト,ブラック,ピンクと,写真にはないがブルーの4色を用意
AQUOS
 付属品は豪華なものの,AQUOS CRYSTAL自体はスペックの高さよりも,低コストを重視した製品のようだ。
 たとえば,採用された液晶パネルはサイズこそ5インチと大きいものの,解像度は720×1280ドットと、ハイスペック製品が多い2014年のAndroidスマートフォン新製品としては低い。
 採用SoC(System-on-a-Chip)も,低価格製品向けとされるQualcomm製の「Snapdragon 400 MSM8926」。メインメモリ容量は1.5GBで,内蔵ストレージ容量は8GBなど,スペックで見劣りすると言わざるを得ない。おサイフケータイや防水機能,ワンセグ/フルセグ機能も搭載が見送られており,フレームレスデザインを除くと端末そのものの魅力には欠ける。ゲーマーが積極的に選ぶ製品ではないだろう。

 AQUOS CRYSTALは,買収によってソフトバンクグループのグループ会社となった,米国の通信事業者Sprintと共同開発されたグローバルモデルであるという。つまり,シャープ製スマートフォンをソフトバンクグループでグローバルに売っていくというのがポイントであり,この製品が日本向けどうかは二の次,というのが正直なところだろう。

2014年12月発売予定のAQUOS CRYSTAL X。5.5インチのフルHD液晶パネルにおサイフケータイなど,日本市場の本命はどうみてもこちらだ
AQUOS
 なお,ソフトバンクモバイルは,AQUOS CRYSTALの発表に合わせて,上位モデルといえる5.5インチ液晶ディスプレイ搭載モデル「AQUOS CRYSTAL X」を2014年12月に発売することも発表した。こちらは5.5インチサイズで解像度1080×1920ドットの液晶パネルや,おサイフケータイ機能,ワンセグチューナーなども搭載するとのことなので,日本市場での本命はこちらといえそうだ。

●AQUOS CRYSTALの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 4.4.2(KitKat)
  • ディスプレイパネル:5インチ液晶,解像度720×1280ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 400 MSM8926」(クアッドCPUコア,最大CPU動作クロック1.2GHz)
  • メインメモリ容量:1.5GB
  • ストレージ:内蔵(容量8GB)+microSDXC(最大128GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約800万画素
  • インカメラ:有効画素数約120万画素
  • バッテリー容量:2040mAh
  • 連続通話/3G待受時間:800分/約620時間
  • LTE対応:あり(アップデートによりVoLTE対応予定)
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11g/n
  • 本体サイズ:67(W)×131(D)×10(H)mm
  • 本体重量:約140g
  • 本体カラー:ホワイト,ブラック,ピンク,ブルー
  • 主な対応サービス&機能:S!メール,GPS,世界対応ケータイ,Bluetooth(Version 4.0),Wi-Fiテザリング


月額370円で500円分のアプリ内課金用チケットももらえる

アプリ使い放題サービス「App Pass」


 2014年8月18日,AQUOS CRYSTALの発表に合わせてソフトバンクモバイルは,,月額370円でAndroid向けアプリが使い放題になる新サービス「App Pass」を8月29日から提供開始すると発表した。
 サービス対象のアプリを好きなだけ使えるのに加えて,アプリ内課金に使用できる「App Passチケット」が,毎月500円分提供される点が大きな特徴だ。ただし,App Passチケットの未使用分を翌月に繰り越すことはできない。

 サービス開始時点では100本程度のアプリがApp Passで提供され,App Pass限定版のアプリも用意されるとのこと。App Passチケットに対応するゲームは,今のところ「神界のヴァルキリー」など4タイトルが用意されていた。
 対象となる端末は,OSにAndroid 4.1以上を搭載するソフトバンクモバイルのAndroidスマートフォンとされている。現時点では,AQUOS CRYSTALを含めて2013〜2014年に発売された9機種が対応するとのことだ。

月額370円で対象アプリが使い放題になるApp Pass(左)。毎月500円分が貰えるApp Passポイントに対応するゲームは,今のところ4本だけ(右)。同じソフトバンクグループなので,ガンホー・オンライン・エンターテイメントのタイトルが増えてくれるといいのだが……
AQUOS AQUOS

AQUOS CRYSTAL 製品情報ページ

App Pass 情報ページ


  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日