オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
うた詠み♪公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
セガの新たな取り組み「project 575」は,五・七・五とVOCALOIDが融合したソーシャルメディア。その概要と展開が紹介された発表会の模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/07/19 13:57

イベント

セガの新たな取り組み「project 575」は,五・七・五とVOCALOIDが融合したソーシャルメディア。その概要と展開が紹介された発表会の模様をレポート

 セガは2013年7月18日,同社の新たな取り組みとなる「project 575」に関する発表会を開催した。同プロジェクトは,セガが新たなソーシャルメディアの形を目指して企画したものであり,ユーザーが日本人になじみ深い五・七・五形式で生み出した“コトバ”を,「VOCALOID」の歌に乗せて発信するという遊びを提供するものだ。

「project 575」公式サイト

関連記事:

「project 575」が本格始動。第1弾となるiOSアプリ「うた詠み575」の事前登録受付を開始。五・七・五形式の言葉をキャラ達の歌声にのせて発信する新しい遊び


「project 575」プロデューサー 森本兼次郎氏
 7月26日に開始される,iOSアプリ「うた詠み575」の配信を皮切りに,楽曲コミック,小説,アニメといったマルチメディア展開が行われ,2014年にはPS Vita向けゲームソフト「うた組み575」がリリースされる予定になっている。

 会場では,「project 575」のプロデューサーを務めるセガの森本兼次郎氏により,プロジェクトの概要が紹介された。今回のプロジェクトのキーキャラクターとなるのは,人気イラストレーターであるかんざきひろ氏が描く二人の女子高生,正岡小豆小林抹茶だ。

 二人は,俳句とゆかりの深い鎌倉に住む幼なじみという設定で,「project 575」のコンテンツにも,鎌倉に実在する名所や街並みが登場する。

うた詠み♪

 プロジェクトの第1弾となるiOSアプリ「うた詠み575」は,配信された楽曲(テーマ)にそって,五・七・五形式でコトバを入力していくだけで,誰でも簡単に歌が作れるというもの。作った歌は「VOCALOID」によって,正岡小豆と小林抹茶が歌うこととなる。

 さらに,一人で遊ぶだけでなく,続きの句をほかのユーザーが作ることで,一つの歌を合作することも可能だ。作った歌は,アプリ内の「作品掲示板」で披露でき,ほかのユーザーから一定以上の評価を得ると,アプリからニコニコ動画にその歌を投稿できるようになって,より多くの人に鑑賞してもらえる可能性が高まるという。

うた詠み♪ うた詠み♪

うた詠み♪
 アプリが用意したテーマに沿って歌を作る場合は,1日1枚,無料で提供される「白短冊」を消費することになるが,さらに多くの歌を作りたい場合や,オリジナルテーマで歌を作りたい場合は,別途有料の短冊を購入する必要がある。

 なお,森本氏の発言によれば,同アプリのAndroid版については現在のところ未定だそうだ。

会場には,正岡小豆のボイスを演じる大坪由佳さんと,小林抹茶役の大橋彩香さんも登場。「うた詠み575」で作った歌は,この二人の声で再現される

 さらに森本氏により,PS Vita向けタイトル「うた組み575」の紹介も行われた。
 「うた組み575」は,コトバを使ったパズルとリズムゲームが融合した“うた組みアクション”とのことで,流れてくる歌詞の空欄にうまく収まるようコトバを選んでいくことで,歌が続いていくというもの。リリースは2014年が予定されており,東京ゲームショウ 2013にも出展されるという。

会場では,ゲームのオープニングアニメから数カットが披露された
うた詠み♪ うた詠み♪

 そのほか会場では,ニコニコ静画でコミックとノベル展開が行われることや,各種グッズが発売されることなども発表された。なお,「project 575」の二次創作については,非営利のものに限ってセガがバックアップする。

うた詠み♪ うた詠み♪

 続いて,「project 575」に参加する3つの企業から代表者が登壇し,同プロジェクトに対する期待を述べた。
 VOCALOIDの技術を提供するヤマハの剣持秀紀氏は,コトバを入力するだけで歌ができることから,「うた詠み575」は誰でも簡単にVOCALOIDが利用できるコンテンツであるとし,さまざまな人に音声合成技術を使ってもらえる機会が増えるだろうという期待を述べた。

左から,アニプレックス 山内真治氏,ドワンゴ 坂本将樹氏,ヤマハ 剣持秀紀氏

 動画投稿のシステムを開発したドワンゴの坂本将樹氏は,アプリからニコニコ動画に投稿できる仕組みは,初の試みであることに言及。セガによる「project 575」の二次創作のサポートについてもニコニコ動画との相性がよく,大きな広がりを見せるのではないかと述べた。

 「うた組み575」のオープニングテーマおよびアニメーション制作に関わるアニプレックスの山内真治氏は楽曲について,プロジェクト全体のテーマソングであり,さらにキャラクターソングだということを重視し,あえて五・七・五形式に捉われない作りにしたと述べた。アニメは鋭意制作中であり,いずれ全体を披露したいと話した。

「project 575」に楽曲を提供する“ボカロP”の中から4名が登壇し,各自の楽曲に対してコメントを述べた。左から,デッドボールPさん,cosMo@暴走Pさん,Dios/シグナルPさん,ラマーズPさん

発表会は,大坪由佳さんと大橋彩香さんの歌う「うた組み575」のオープニングテーマ,「コトバ・カラフル」で幕を閉じた
  • 関連タイトル:

    うた詠み♪

  • 関連タイトル:

    うた組み575

  • 関連タイトル:

    project 575

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月12日〜12月13日