オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
競馬場に隠された謎に挑め。「100万人のWinning Post」とコラボしたリアル脱出ゲーム「ある競馬場からの脱出」デバッグ公演レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/09/26 18:04

イベント

競馬場に隠された謎に挑め。「100万人のWinning Post」とコラボしたリアル脱出ゲーム「ある競馬場からの脱出」デバッグ公演レポート

 2013年9月21日,東京・品川区の大井競馬場にて,10月に開催されるリアル脱出ゲーム「ある競馬場からの脱出」のデバッグ公演が開催された。そのレポートをお届けしよう。
 このイベントは,コーエーテクモゲームスが「mobcast」で展開するソーシャルゲーム「100万人のWinning Post for mobcast」とのコラボ企画で,舞台となるのも実際の競馬場。ちなみにデバッグ公演とは,本公演の予行演習として行われる,いわばリハーサルで,今回はその現場にお邪魔した形となる。リハーサルとは言っても,本番と同じ謎が出題されるため,本稿では内容には直接は触れられないのが残念だが,雰囲気を感じ取ってもらえれば幸いだ。

 ちなみにリアル脱出ゲームとは,特定の建物や施設の中を実際に歩きまわりながら,運営側の仕掛けた謎に挑戦し,時間内に脱出を試みるという体験型イベントのこと。2012年に行われたZeppツアー「月面基地からの脱出」ではトータルで3万人,通年で全世界20万人を動員したという,人気イベントである。4Gamerでも,過去に何度か取り上げているので,興味のある人は以下の記事などを参考にしてほしい。

■関連記事



「その競馬場では見えない馬が走る」


会場となる大井競馬場は東京モノレール大井競馬場前から徒歩2分
100万人のWinning Post for mobcast
 さて,筆者は普段,アナログゲーム関連の仕事を生業としているのだが,リアル脱出ゲームに参加するのは今回が初めてだ。競馬についてもデジタルの競馬ゲームをプレイはするものの,実際に競馬場に赴くのも,今回が初となる。というわけで,当日はかなりテンションがあがっており,仕事そっちのけでワクワクしていた。実際,受付開始の40分前に会場についてしまったほどで,その時間には,まだスタッフの受付準備すら始まっていなかった。だが,同様に期待してのことか,周辺にはデバッグ公演の参加者らしき人の姿がちらほらと見える。皆,動きやすい服装をしており,子連れの参加者も多かったようだ。

 そしていよいよ開場となり,入口で渡されるのが,今回のキーアイテムとなる「競馬新聞」だ。参加者全員が競馬新聞片手に頭をひねる様子は,まさに競馬場ならでは光景といった感じで,気分がぐっと盛り上がる。

100万人のWinning Post for mobcast
この日ために制作されたという競馬新聞「謎馬」
女性参加者も早速,メインスタンドで競馬新聞を広げる。企画製作のSCRAP代表の加藤隆生氏も,全員が競馬新聞を広げている風景は圧巻でしたとのこと
観客席を埋める参加者。競馬新聞に見入る様子は,まさに競馬場
加藤隆生氏による小粋なオープニングトークでイベントスタート。注意事項以外の細部は,ぶっつけ本番なのだとか
競馬場中央のスーパーカラービジョンに,今回のタイトルロゴが

 今回,筆者は一人での参加ではあるが,会場についてみたら,偶然にも顔見知りの4名グループを発見。そこに加えてもらったので,初参加にもかかわらず,かなりいいところまで行けた気がする。最後の謎がどうしても解けず,時間切れで脱出はできなかったが,ともかく最後の謎までは辿りつけた。初めて訪れた競馬場をあちこち歩き回るのも非常に楽しかった。途中の演出は競馬好きだけでなく,このイベントのために初めて競馬場を訪れた筆者のような参加者にも,十分楽しめるものだった。競馬場という夢の空間を体験できる仕掛けになっているので,本公演への参加を迷っているような人がいたら,ぜひ参加してみるといいだろう。本公演では夜の部もあり,夜の競馬場というちょっとした非日常な空間で,謎解きを楽しめるはずだ。


 謎解き自体も斬新なアイデアが数々あり,かつ,美しい謎でもある。ジャンルは異なるが,日頃からアナログゲームに親しんでいる身としては,実に刺激的なものだった。
 一緒に回ってくれた常連プレイヤーも,普段は訪れない場所が舞台だったこともあり,楽しかったとのこと。競馬とのコラボ感もあって,謎解きがレースの着順を当てるという擬似体験なのも面白い試みだ。
 謎解きのバランス的には,1人での参加でも十分に解けるもので,実際単独で,もしくは,カップルで参加している人も多く見られた。ただ広い会場を歩き回って時間内に謎を見てまわる必要があるので,1人よりは4〜6名で参加するのが効率いいだろう。単独で参加し,最終問題にたどり着いた参加者に話を聞いてみると,予想より競馬場が広くて,最後の問題は考える体力が残っていなかったとのこと。筆者の場合も,もし1人だったとしたら,きっと途中で終わっていただろう。

 リアル脱出ゲーム「ある競馬場からの脱出」の本公演は,2013年10月12日,19日,20日,26日に開催される。チケットは販売中で,価格は2800円(税込)だ。興味のある人は,先のリンクからさっそくチケットを手配してみてはいかがだろうか。
 なお今回の参加者は340名で,脱出できたのは29名,約9%の成功率である。本公演では今回のデバッグ公演を踏まえ,難度の調整が行われる可能性もあるが,難度の参考にしていただければ幸いだ。

今回の企画製作にあたったSCRAPの加藤隆生氏。「競馬場は物語(ロマン)のある場所です。競馬が分かる人も知らない人も同じように楽しめるように工夫しました。いつもは訪れない特別な場所をリアル脱出ゲームで楽しんでください」

リアル脱出ゲーム「競馬場からの脱出」公式サイト

「リアル脱出ゲーム」公式サイト

  • 関連タイトル:

    100万人のWinning Post for mobcast

  • 関連タイトル:

    リアル脱出ゲーム

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月17日〜06月18日