オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/03/30 20:54

イベント

Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載

 アークシステムワークスは2015年3月29日,対戦格闘ゲームをメインに幅広く展開する「BLAZBLUE」シリーズのライブイベント「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」を,東京都江東区のZepp Tokyoで開催した。

会場となったZepp Tokyo
画像集#001のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載 画像集#002のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載

会場の端から端まで観客が集まっており,本シリーズの人気ぶりがうかがえた
画像集#003のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載
 2011年,2014年に開催された「GUILTY GEAR×BLAZBLUE MUSIC LIVE」を合わせると実に3回目の開催となる本イベント。今回はBLAZBLUEの単独開催ということで,シリーズのファンにはたまらない濃密な時間となった。本稿では,2時間半にわたるその熱狂的ライブの様子をお伝えしよう。
 記事の最後には,BLAZBLUEシリーズプロデューサーの森 利道氏と,楽曲を制作したコンポーザー石渡太輔氏への合同インタビューも掲載している。

 まずはラグナ=ザ=ブラッドエッジとして杉田智和さんの前説が流れ会場の笑いを誘うも,決めるところは決めるラグナらしい「見せてやるよ,蒼の力を!」の台詞と共にライブがスタートした。

 最初の曲はいきなり歴代アーケード版オープニングのメドレーで,開始早々,観客のテンションはMAXへ。「CALAMITY TRIGGER」「CONTINUUM SHIFT」「CHRONOPHANTASMA」の順に演奏され,さらに歴代オープニングムービーがスクリーンに映されるなど,ファンなら否が応でも盛り上がらざるを得ない構成だ。

 続いて,ラグナのテーマ「Rebellion」,ラグナvs.ジンのテーマ「Under Heaven Destruction」が連続して演奏されると,会場からは大きな歓声が上がっていた。その後は,セリカのテーマ「Crystal Forest」,タオカカのテーマ「Catus Carnival」と比較的明るい曲調が続くも,レリウスのテーマ「Plastic Night」では重く威圧感のある曲調が見事に表現されていた。バイオリンのソロなどアレンジも随所に入っていたのはファンにとって嬉しい限りだ。

 レリウスのテーマが終わると,煙幕が噴出して煙の影から近藤佳奈子さんが登場。ノエル=ヴァーミリオンのテーマのキャラクターソング「Love so Blue〜蒼の鼓動〜」を熱唱した。
 MCでは「ブレイブルーのヒロイン(強調)のノエル=ヴァーミリオン役,近藤佳奈子です」「コンちゃんだよ〜。違うの言ったらぶっ◯ろすよ(笑顔)」とぶるらじでお馴染み(?)のネタで笑いを誘っていた。ちなみに今回の服装はノエルを意識したとのこと。2曲目の「Stardust Memory 〜永遠の日々〜」では,感極まって声が詰まるシーンもあるなど,近藤さんのブレイブルーへの熱い思いを感じたのは筆者だけではないだろう。

画像集#004のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載
画像集#007のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載 画像集#008のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載
画像集#005のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載 画像集#006のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載

 次の曲はバングのテーマ「Bang!Bang!Bigbang!-正義上等!ヒーロー登場!-」で,あの熱い兄貴こと,小山剛志さんが飛び出してきて熱唱。ただし,その歌う姿は上半身ハダカにジャケット+マフラー……。バングを意識した格好ではあるが,やはり変態に見えてしまうのは現代社会では致し方ないことだろう。
 MCでは筋肉ムキムキにみえる腹筋の線がボディペイントであることを暴露。さらにノリノリでジャケットを脱ぎながら(マフラーはそのままに),体の特定部位を指さしつつ「Aボタン!Bボタン!これスティック!」と持ち前の下ネタを飛ばして会場は笑いの渦に。その後は「烈風」を声を枯らしながらも見事に歌いきり,観客を熱気で包み込んだ。

 中盤戦では,「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND」PS3/Xbox 360/PS Vita/PSP)のオープニングテーマ「蒼穹の光」を引っさげて飛蘭さんが参戦。ハイレベルな歌唱力とキレッキレのダンスで観客すべてを魅了したと言っても過言ではないだろう。その勢いまま,家庭用ゲーム機版「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」PS3/PS Vita)のオープニング主題歌である「Blue Sanction」へ。曲間のMCでは,本ライブの出演が決定と同時に青い衣装を探し歩いたという裏話が飛びだし,「かわいい〜」と声援が飛び交っていた。
 続く3曲目は家庭用ゲーム機版「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND」PS4/PS3/Xbox One/PS Vita)のオープニングテーマ「BLUE desire」で,飛蘭さんらしいロックな音楽を熱唱した。その間スクリーンには,今回初お披露目となるオープニングムービーも映しだされ,観客のボルテージは最高潮に。筆者が見る限り,ムービーは歴代トップクラスのクオリティで,発売日の4月23日まで待ちきれなくなった人も多かったのではないだろうか。

画像集#009のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載
画像集#010のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載 画像集#011のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載
画像集#012のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載 画像集#013のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載

 飛蘭さんの3曲目が終わると,森Pこと森利道氏が登壇し,観客席からは森Pコールが巻き起こる。さらにSCREEN modeさんも参加すると,森氏は今回シリーズ初となる男性アーティストのテーマソング起用の理由を語ってくれた(後述のインタビューを参照してほしい)。

 ここでSCREEN modeさんは,BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTENDのエンディング主題歌「marionette」を初披露。最初はしっとりとしたバラードかと思いきや,ロックな曲調へと変化する聴き応えのある曲だった。ゲーム中ではストーリーをクリアすると聞けるとのことなので,頑張ってクリアしてみてほしい。

 その後,スクリーンにはジンとツバキの戦闘イベントシーンが映しだされ,「来い,ツバキ…僕が救ってやる」の台詞と共にジンのテーマ「Lust SIN」がスタート。さらにジンvs.ツバキのテーマ「Childish killer」が演奏されるという燃える演出にテンションは相変わらず上がりっぱなしだ。

 ライブも終盤となると,満を持して今井麻美さんがツバキの旧衣装を意識したような服装で登場した。ツバキのキャラクターソング「Condemnation Wings〜Cry Camellia〜」,イザヨイのキャラクターソング「recta ratio」,そして「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II」オープニングテーマ「深蒼」と3曲を披露した。

画像集#014のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載

 ラストスパートにはハザマのテーマ「Gluttony Fang」,テルミのテーマ「Silent Scream」,ハザマのテーマ(BossVer)「Endless Despair」と重厚なサウンドが連発。最後は,青いドレスに身を包んだ桜川めぐさんが家庭用ゲーム機版BLAZBLUE CHRONOPHANTASMAエンディング曲「Drive Qualia-過去と未来のコトノハ-」を歌い締めくくった。

画像集#015のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載

 演者が退場し,会場が暗転すると観客席からはアンコールの声が。その声に応じて,ν13のテーマ「Awakening The Chaos」が追加で披露された。オペラ歌手の北澤 幸さんによるコロラトゥーラ(いわゆる「アーアーアー」部分)も相まって幻想的な雰囲気を醸し出していた。最後はアーケード版BLAZBLUE CHRONOPHANTASMAエンディングテーマの「RISING」が演奏され,2時間半に及ぶBLAZBLUE MUSIC LIVE 2015はあっという間に幕を閉じた。

 ライブ終了後には,森氏から「ぶるふぇす2015 あるてぃめっと☆さま〜!」の開催決定が発表された。杉田智和さん,近藤佳奈子さん,今井麻美さんのほか,このイベントでしか揃わない超豪華声優陣の出演を予定ということで,続報に期待しよう。
 最後に,森氏と石渡氏への合同インタビューの模様をお届けする。

石渡太輔氏(左),森 利道氏(右)
画像集#016のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載

――ライブを追えての感想をお願いします。

石渡太輔氏(以下,石渡氏):
 本当に早かったと言う感じですね。あっという間に終わってしまって,僕自身はまだまだ続いてほしい内容でした。勢いのあるライブだったと思います。

森 利道氏(以下,森氏):
 僕も石渡さんと同じような感想ですね。テンポを意識した構成にしたんですが,僕も早く感じました(笑)。また,今回はできるだけ世界観を重視しようということで,曲のあいだにストーリーを入れてみました。

――今まではGUILTY GEARとの共同開催でしたが,BLAZBLUE単独開催となった理由を教えてください。

森氏:
 共同開催にすると,BLAZBLUEだけのファンとGUILTY GEARだけのファンもいらっしゃるので,そういう方は知らない曲が掛かってもノれないのではという懸念がありました。そこで今回はBLAZBLUE単独の開催にして,BLAZBLUEの世界観を楽しんでいただこうと。なので,次回ライブがあるならGUILTY GEAR単独でやれたらと思っていますし,フェス的なところでは一緒にやって大盛り上がりできればいいなと考えています。

――ライブ中に印象に残ったアーティストさんはいらっしゃいますか。

石渡氏:
 甲乙はつけがたいところですが,あえて言うなら今井さんの声がすごく迫力ありましたね。魂を削っているというか。

森氏:
 席で見ていたときに(石渡さんが)「今回,今井さんすげぇすげぇ」ってずっと言っていました(笑)。

石渡氏:
 今井さんが歌ってくださっている曲は,もともと人が歌うために作ったものではないんですよ。だから,今まではやっぱり苦しそうだと思っていたんですけど,今日は逆に,今井さんが歌っているのが自然に思えるぐらいの馴染み方をしていて,それがすごく印象的でした。
 あと,Childish killerのParisさんは,やはり迫力の歌声だったと思います。それと個人的には,BLAZBLUEのライブで北澤 幸さんは外せません。紅白歌合戦に北島三郎さんが出てくる感じで,これがないと終わらないみたいな。

森氏:
 僕が今回一番すごいと思ったのはバンドの方々ですね。あれだけの曲を全部覚えてきたっていうのがすごい。
 あと,今回YUHKIさん(Keyboardist/Composer)が,本来機械でやるところを手でやっていたんですよ!

石渡氏:
 もう手が早すぎて「ゲームセンター嵐」みたいだよね(笑)。

――今回,家庭用ゲーム機版BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTENDのOP,EDが初公開されましたね。

森氏:
 やっぱり公開するときはドキドキですよね。毎回,いろいろと言われるので。
 OPムービーでは作家の方やアニメの方に頑張っていただいて,フェイズ0シリーズが全キャラ出ています。飛蘭さんの曲もいい感じに仕上がったと思います。
 ED曲には,今回シリーズ初の男性アーティストとしてSCREEN modeさんを起用してみました。

石渡氏:
 皆さん肯定的に受け止めてくださって本当に嬉しいですね。

森氏:
 最初は気に入らなければ使わなくていいと曲を渡されたんですよ。もちろん,BLAZBLUEのシナリオを渡したうえで作っていただいたものなんですが,実際に聞いてみたら「うわ,かっこいい」と思えるもので,これは男性のアーティストもアリということになりました。

――石渡さんが作曲するときは,森さんはどのようなオーダーを出すのでしょうか。

森氏:
 設定を渡して作曲してもらうときは,僕が「こういう曲だから」ということを伝えています。

石渡氏:
 森に提示してもらった複数の曲と設定から「こんな雰囲気ではなかろうか」というのを出していく感じです。

森氏:
 最近,石渡さんから「色をよこせ」と言われたのが面白かったですね。キャラクターのテーマカラーとか,色も参考にしているみたいです。

――今後挑戦してみたいことなどはありますか。

森氏:
 BLAZBLUEの楽曲はシンフォニックなものが多いですから,1回,オーケストラでやってみたいです。石渡さんも,前にオーケストラを使ってみたいと言ってましたよね。

石渡氏:
 やってみたいですね。で,むこうからダメ出しをもらうの(笑)。

森氏:
 「そんなに指が動かねーよ」とかね(笑)。

――最後に,BLAZBLUEファンの皆さんへコメントをお願いします。

石渡氏:
 今回のBLAZBLUE MUSIC LIVE 2015は,大成功だったと思います。中だるみすることもなく,疾走感のある素晴らしい内容でした。会場で見てくださった方には「BLAZBLUE,次のライブもきっとすごいよ」と広めてもらえると次も非常にやりやすいので,ぜひ拡散していただきたいです。
 そして,来ていただいたお客様方,ありがとうございました。


森氏:
 こういうイベントもゲーム作りも,根本的なところは変わらないと思っています。お金を出してくれたお客様がもう一度このライブに来たい,もう一度このゲームを遊びたいと思われるものを今後とも作っていきたいと思っていますので,皆様よろしくお願いいたします。
 あと,「ぶるふぇす2015 あるてぃめっと☆さま〜!」を,2015年7月12日に「舞浜アンフィシアター」でやりますので遊びに来ていただけると嬉しいです。

――ありがとうございました。

画像集#017のサムネイル/Zepp Tokyoを蒼く染め上げた「BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015」をレポート。森利道氏と石渡太輔氏へのインタビューも合わせて掲載

BLAZBLUE MUSIC LIVE 2015 セットリスト
1:オープニングメドレー
2:Rebellion
3:Under Heaven Destruction
4:Crystal Forest
5:Catus Carnival
6:Plastic Night
7:Love so Blue〜蒼の鼓動〜 (近藤佳奈子)
8:Stardust Memory 〜永遠の日々〜 (近藤佳奈子)
9:Bang!Bang!Bigbang!-正義上等!ヒーロー登場!- (小山剛志)
10:烈風 (小山剛志)
11:蒼穹の光 (飛蘭)
12:Blue sanction (飛蘭)
13:BLUE desire (飛蘭)
14:marionette (SCREEN mode)
15:Lust SIN
16:Childish killer (Dale Paris Sanchez)
17:Condemnation Wings〜Cry Camellia〜 (今井麻美)
18:recta ratio (今井麻美)
19:深蒼 (今井麻美)
20:Gluttony Fang
21:Silent Scream
22:Endless Despair
23:Drive Qualia-過去と未来のコトノハ- (桜川めぐ)
en1:Awakening The Chaos (北澤 幸)
en2:RISING

「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND」公式サイト

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
74
BLESS UNLEASHED (PC)
67
67
DEKARON (PC)
55
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年03月〜2021年09月