オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
God of War: Ascension公式サイトへ
  • Sony Interactive Entertainment
  • 発売日:2013/03/14
  • 価格:通常版:5980円,オリジナルDUAL SHOCK 3同梱版:9980円(共に税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
47
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2012]クレイトスの豪快なアクションは健在。「God of War: Ascension(仮)」のシングルモードをプレイ。時間を操る新要素に注目だ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/09/24 17:02

プレイレポート

[TGS 2012]クレイトスの豪快なアクションは健在。「God of War: Ascension(仮)」のシングルモードをプレイ。時間を操る新要素に注目だ

 「God of War」シリーズ最新作となる,PlayStation 3用ソフト「God of War: Ascension(仮)」。日本国内でも2013年内の発売が決定している本作が,東京ゲームショウ2012のソニー・コンピュータエンタテインメントブースにてプレイアブル出展されていた。


 本作は,これまでの「God of War」3部作よりも前のクレイトスの戦いを描いた作品で,シングルプレイ用のモードに加えて,シリーズ初となるオンラインマルチプレイモードが遊べるのも大きな特徴だ(関連記事)。
 今回のTGS 2012の出展版ではシングルプレイモードのみが体験できたので,そのプレイレポートをお届けしよう。

God of War: Ascension

 「GoW」3部作の前日譚である本作だが,プレイヤーが操作する主人公はもちろんクレイトス。今回プレイできたパートは,クレイトスが海辺の桟橋に降り立ったところからスタートし,敵をなぎ倒しながら先へ先へと進んでいく,シンプルな内容だ。
 クレイトスの豪快なアクションは今回ももちろん健在で,文字どおり,ちぎっては投げちぎっては投げの戦いが楽しめる。□ボタンと△ボタンによる基本攻撃に加えて,R1ボタンで敵を掴んだり,ステージ内で拾得した剣などのサブウェポンを○ボタンで使ったりと,簡単な操作で暴れ回れるのは,従来のシリーズから変わらない。

巨大なハンマーを手にした強力な敵,タロスと戦う場面もあった
God of War: Ascension

 ところが,クレイトスが桟橋を先へと進んでいくと,突如海中から伸びてきた触手によって,目の前の足場が壊されてしまった。このままでは先へと進めないので,どうしたものか……と思っていると,近くに,なにやら緑色に光っている場所を発見。

God of War: Ascension

 ここでL2ボタンを押したまま□ボタンを長押しすると,今作の新要素である「ライフサイクル」が発動。すると,周りの時間を巻き戻すことで,先ほど壊された足場がみるみるうちに復元していく。この途中でボタンを離すと,復元しかけていた足場がそのままの状態で空中に静止。この足場を次々と飛び移っていくことで,無事に先へと進むことができた。

God of War: Ascension

 GoWシリーズといえば,目につく敵やオブジェクトをとにかく倒して壊して,といった“破壊”のアクションが印象的だが,このライフサイクルの能力では,時間を巻き戻すことによって“復元”ができるのである。筆者がプレイした範囲では,特定の場所で足場を復元することしかできなかったが,この先,ライフサイクルを生かした,どんな仕掛けが待ち受けているのか楽しみだ。

頭上に落ちてきた大きな岩を○ボタン連打で投げ飛ばす,などのQTEも突発的に起こる
God of War: Ascension

 そしてさらに進んでいくと,最後に,二足歩行の巨大な象のボスが出現。ボスの攻撃は素手でありながらも強力で,クレイトスの胴体が鷲掴みにされてしまった際には,□/△ボタンでボスの腕を攻撃しながら逃れるしかない。
 ある程度ボスにダメージを与えると,シリーズでお馴染みのCSアタックが発生。クレイトスがボスの頭を掴んで地面に押さえつけるので,□/△ボタンでボスの頭をざくざくと斬りつけていく。ところがボスも反撃をしてくるので,その時は左スティックでクレイトスの身をよじらせて回避。さらにボスの頭に攻撃を続けると,頭の皮がペロッとめくれてピンク色の脳みそがむきだしに……という,なかなか過激な表現とともに,ボスがダウン。

God of War: Ascension
God of War: Ascension

 すると,ボス戦を終えてホッと胸をなでおろすヒマもなく,またも海中から触手が飛び出してクレイトスに襲いかかる。触手の攻撃をかわしながら,反撃のためにクレイトスが海中へダイブする――といったところで,今回の体験版は終了となった。

 クレイトスの大活躍が楽しめるシングルモードと,オンライン対戦が楽しめるマルチプレイモードを揃えた今作は,長く遊べるタイトルになりそうだ。

God of War: Ascension
  • 関連タイトル:

    God of War: Ascension

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日