オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[CES 2015]「ioquake3」が動くPowerVR搭載開発ボードをImaginationがCESに出展
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/01/06 18:11

イベント

[CES 2015]「ioquake3」が動くPowerVR搭載開発ボードをImaginationがCESに出展

PowerVR
 北米時間の1月6日から始まる「2015 International CES」(以下,CES 2015)では,いくつかの併設イベントも開催されるのが慣例だ。その1つが,1月4日に開かれた報道関係者向けイベント「CES Unveiled」で,CES 2015本番を前に出展各社がいち早く自社の製品をアピールする場となっていた。
 そんな会場を回っていたところ,ふと目に止まったのが,組み込み機器向けグラフィックスIPの大手であるImagination Technologies(以下,Imagination)のブースだ。CES Unveiledはモバイル機器向けGPUを宣伝するような場ではないので,不思議に思って何を展示しているのかと質問したところ「PowerVR SGX540を搭載する開発ボードだ」というのだ。製品名は「MIPS Creator CI20」(以下,CI20)とのこと。同社の直販Webページでは,65ドルで販売されている。

Imaginationブースでデモを動かしていたMIPS Creator CI20
PowerVR

 CI20は手のひらに載る程度の小さなボード上に,SoC(System-on-a-Chip)とHDMI出力端子,有線LAN端子,USB(Type-A)端子×2を備えた,小型のコンピュータである。SoCは,中国の半導体メーカーであるIngenic Semiconductorが開発した「Ingenic JZ4780」というもので,CPUコアには,Imaginationが所有するMIPSアーキテクチャの2コアCPUを採用。SoCに統合されたGPU部分が,PowerVR SGX540であるという仕組みだ。
 ちなみに,PowerVR SGX540は,現行世代である「PowerVR Series6」の前世代にあたるGPUアーキテクチャ「PowerVR SGX Series5」世代のGPUコアで,ARM系SoCやIntelのAtom Z2400シリーズにも採用されたものである。2013年前半時点では高い性能を備えていたが(関連記事),世代交代した現在では,これを搭載するSoCを採用したタブレット端末やスマートフォンを見かけることはほとんどない。

 このCI20自体は,2014年8月に発表されていたのだが,発売されたのは昨年末なのだそうで,宣伝のためにCES 2015に出展したということらしい。
 開発ボードと呼ばれているとおり,CI20は,これを使ってコンピュータ制御の機器を作るためのものであり,これ単体を消費者が購入してゲームを遊ぶようなものではない。組み込み機器用のシングルボードコンピュータとして有名な「Raspberry Pi」と同じような路線のハードウェア,といえばピンとくる人もいるだろうか。ただし,スペックははるかに上だ。

CI20上でプレイしてみた「ioquake3」。P搭載するGPUコアの性能を考えると,もう少しリッチなグラフィックスのゲームでもプレイできるだろう
PowerVR
 CI20は,PowerVR系のGPUコアを搭載するだけに,グラフィックス性能の高さが特徴とされている。会場では,展示機上で「Quake III Arena」のフリーソフト版である「ioquake3」を動かすデモを披露していた。ベースとなっているのが1999年のゲームだけにグラフィックス品質は低いものだが,とても快適に動作している。
 SoCのパワーからすれば性能面ではまだまだ余裕があるだろうし,対応OSにはAndroid 4.4も挙げられていたので,Android用アプリケーションをテストする実験機には使えるかもしれない。

PowerVR
デモ機ではDebian GNU/Linux 7.5が動作していた。メインメモリ容量は1GBのようだ
PowerVR
消費電力の低さもCI20の特徴とのこと。ioquake3を動作させた状態でも,2.5W程度の電力で動作している

 ゲーマーにも知られたPowerVRが,こんな用途にも使われていることは,知らなかった人も多いだろう。スマートフォンや携帯ゲーム機で使われるようなGPUが,普及によってゲーム以外にも活躍の場を広げていく分かりやすい事例といえるだろう。

MIPS Creator CI20 製品情報ページ(英語)

MIPS Creator CI20発表時のImagination公式Blog(英語)


  • 関連タイトル:

    PowerVR

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月23日〜04月24日