オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Imagination,次世代GPUコア「PowerVR Furian」アーキテクチャを発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/03/09 17:36

ニュース

Imagination,次世代GPUコア「PowerVR Furian」アーキテクチャを発表

 英国時間2017年3月8日,Imagination Technologiesは同社製GPU IPコア「PowerVR」の新世代GPUアーキテクチャ「Furian」を発表した。これまでのRogueに代わるFurianは,電力効率に特化し,今後のアプリケーション動向を見据えて,根本的に設計を一新したGPUコアとなる。

PowerVR

 Rogueが16本のパイプラインを束ねていたのに対し,Furianは32本と倍化し,14nm以下のプロセス(下図では7nmとされている)を前提にしたものとなっている。対象とするAPIはVulkanとOpenVXとなっており,(動かなくはないのだろうが)OpenGL ESやOpenCLの記述がないのも目を引く。
 アーキテクチャの特徴としては,スケーラブルであり,将来的にはレイトレーシングなどに対応できる柔軟性があるとされている。

PowerVR
PowerVR

 Rogueと比較すると,同一プロセスで同一規模のシリコンを使い,同一クロックで動作させた場合に,FLOPS値で35%,Fillrateで80%,ゲーム性能で70〜90%勝るという。


 パイプライン数が倍(≒GPUコアが倍)ではあるものの,Rogueでは2個のMAD(積和演算)パイプが利用可能だったのに対し,Furianでは1個のMADと1個のMUL(乗算)パイプになっており,1パイプラインあたりの演算性能は,4命令から3命令に減っている。パイプライン数と掛け算すると1クロックあたりの実行命令数は,

  • Rogue 4×16=64
  • Furian 3×32=96

と,計算上は50%増しになるはずなのだが,現状では公開されていないユニット数やクロックなどで差が出ているのかもしれない。同じ面積で倍のパイプラインが入っていることが少し不思議ではあるが,Rrogueでは16bit演算などのパイプラインを多重化させていたため,そのあたりを見直したのだろうか。

PowerVR

 また,80%アップとなったFillrateについては,通常の機器以上のフレームレートと2倍の描画面積を要求されるVR機器での運用を想定しているためかなり大きく引き上げられていることが予想される。
 FurianのIPコアはすでに複数のバートナーに向けて提供が開始されており,実際の製品が登場するのは2017年半ばになるとのことだ。

PowerVR Furianプレスリリース

  • 関連タイトル:

    PowerVR

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日