オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Corsair Gamingの光学センサー搭載マウス2製品とアナログ&USB両対応のヘッドセットが8月11日に国内発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/08/05 13:11

ニュース

Corsair Gamingの光学センサー搭載マウス2製品とアナログ&USB両対応のヘッドセットが8月11日に国内発売

M65 PRO RGB
Corsair Gaming(旧称:Vengeance Gaming)
 2016年8月5日,リンクスインターナショナルは,Corsairのゲーマー向けブランド「Corsair Gaming」の新型マウス「M65 PRO RGB Aluminum Frame FPS Gaming Mice」(国内製品名:M65 PRO RGB)と「SABRE RGB Lightweight RGB gaming mouse」(国内製品名:Sabre RGB),ワイヤードヘッドセット「VOID Surround Hybrid Stereo Gaming Headset with Dolby 7.1 USB Adapter」(国内製品名:VOID Surround)を8月11日に国内発売すると発表した。
 販売代理店想定売価は順に9800円,8900円,1万3400円(いずれも税別)とされているので,単純計算すると税込価格は順に1万584円,9612円,1万4472円となる。
 各製品の特徴を簡単に説明していこう。


M65 PRO RGB


 右手用ワイヤードマウスのM65 PRO RGBは,2014年11月に国内発売となった「M65 RGB Laser Gaming Mouse」の光学センサー搭載モデルといった趣の製品だ。
 そのセンサーはPixArt Imaging製の「PMW3360」。スペックは明らかになっていないが,同じセンサーを採用するSteelSeriesの「Rival 700」だと最大トラッキング速度は300IPS,最大加速度は50Gなので,それと近い仕様なのではなかろうか。

M65 PRO RGB。ボディカラーはBlackとWhiteの2色展開
Corsair Gaming(旧称:Vengeance Gaming) Corsair Gaming(旧称:Vengeance Gaming)

底面には3個の錘(おもり)を装着可能で,すべての錘を装着した状態での重量は約135.5g,すべて取り外した状態では約115gになる
Corsair Gaming(旧称:Vengeance Gaming)
 写真やスペックを見る限りでは,外観やボタンの数と配置は変わっていないようだ。ボタン構成は,左右メインボタンとセンタークリック機能付きスクロールホイール,ホイール手前×3,左サイド×3の8ボタン。左側面にある大きめの赤いボタンは,押している間だけトラッキング解像度を下げる「スナイパーボタン」となっている。
 ホイールとパームレストのロゴマークは,内蔵するカラーLEDバックライトにより,発光色や光らせ方を指定することが可能だ。

●M65 PRO RGBの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • ボタン:左右メイン,センタークリック機能付きスクロールホイール,ホイール手前×3,左サイドボタン×3
  • トラッキング速度:未公開
  • 最大加速度:未公開
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:100〜12000DPI(※刻み設定値未公開)
  • レポートレート(ポーリングレート):125/250/500/1000Hz
  • データ転送フォーマット:未公開
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • 本体サイズ:72(W)×118(D)×39(H)mm
  • 重量:135.5g(錘含む,ケーブルの有無は未公表)
  • マウスソール:PTFE
  • ケーブル長:1.8m
  • 対応OS:Windows 10/8.1/7

リンクスインターナショナルのM65 PRO RGB 製品情報ページ



Sabre RGB


 右手用ワイヤードマウスであるSabre RGBは,2015年2月に国内発売された「Sabre Optical RGB」の下位モデルとなる。
 主な変更点は搭載するセンサーなのだが,Sabre Optical RGBだとPixArt Imaging製の光学モデル「ADNS-3988」だったのに対し,今回のSabre RGBでは,光学式でトラッキング解像度が最大10000DPIであること以外,スペックは一切明らかになっていない。

Sabre RGB。カラーはBlackのみ
Corsair Gaming(旧称:Vengeance Gaming) Corsair Gaming(旧称:Vengeance Gaming)

 なお,ボタンの配置は従来モデルと同じで,左右メインとセンタークリック機能付きスクロールホイール,ホイール手前×1,左メイン脇×2,左サイド×2の計8ボタン構成となっている。
 ホイールや左メインボタン脇,左メインボタン先端部の下,パームレストのロゴマークにそれぞれ発光色と発光パターンを設定可能なカラーLEDバックライトを備える点も,従来モデルと同様だ。

●Sabre RGBの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • ボタン:左右メインとセンタークリック機能付きスクロールホイール,ホイール手前×1,左メイン脇×2,左サイドボタン×2
  • トラッキング速度:未公開
  • 最大加速度:未公開
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:100〜10000DPI
  • レポートレート(ポーリングレート):125/250/500/1000Hz
  • データ転送フォーマット:未公開
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • 本体サイズ:80(W)×124(D)×38(H)mm
  • 重量:100g
  • マウスソール:PTFE
  • ケーブル長:1.8m
  • 対応OS:Windows 10/8.1/7

リンクスインターナショナルのSabre RGB 製品情報ページ



VOID Surround


 ワイヤードヘッドセットのVOID Surroundは,4極3.5mmミニピンによるアナログ接続と,付属のUSBサウンドアダプターを使ったデジタル接続の両方に対応する製品だ。
 「左右のエンクロージャに50mm径のドライバーユニットを内蔵し,左側のエンクロージャには,ブームマイクとマイクのミュートボタン,音量調節ダイヤルを備える」という基本スペックは,2016年1月に発売されたアナログ接続型ヘッドセット「VOID Stereo Gaming Headset」(国内製品名:VOID Stereo)と同じ。本製品はそれに,Dolby Laboratoriesの技術を用いてバーチャル7.1chサラウンドサウンド出力に対応するUSBサウンドデバイスを組み合わせた製品なのだが,ヘッドセットの本体カラーは,黒と黄から黒と赤へと変わっている。

VOID Surroundの本体(左)と付属のUSBサウンドアダプター(右)
Corsair Gaming(旧称:Vengeance Gaming) Corsair Gaming(旧称:Vengeance Gaming)

 アナログ接続時はPCやMacだけでなく,PlayStation 4やスマートフォンとの接続にも対応。PCとのUSB接続時には,Dolby Headphoneによるバーチャル7.1chサラウンド再生機能を利用可能となっている。
 ただし,3極3.5mmミニピン×2の分岐ケーブルは付属していないので,PCとアナログ接続したい場合はその点に注意が必要だろう。

●VOID Surroundの主なスペック
  • 基本仕様:アナログおよびUSB両対応ワイヤードタイプ
  • 本体サイズ:205(W)×100(D)×220(H)mm
  • 重量:376g
  • ケーブル長:1.8m
  • 接続インタフェース:4極3.5mmアナログミニピン,USB接続
  • 搭載ボタン/スイッチ:マイクミュートボタン,音量調節ダイヤル
  • 主な付属品:USBサウンドアダプター
  • 対応OS:未公開
《ヘッドフォン部》
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz
  • 感度:107±3dB
  • インピーダンス:32Ω@1kHz
  • 許容入力:未公開
  • スピーカードライバー:50mm
《マイク部》
  • 周波数特性:100Hz〜10kHz
  • 感度:-38±3dB(@1kHz)
  • インピーダンス:2.2kΩ
  • S/N比:未公開
  • 指向性:単一指向性,ノイズキャンセル機能付き

リンクスインターナショナルのVOID Surroundの製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    Corsair Gaming(旧称:Vengeance Gaming)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日