オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
想いのかけら −Close to−公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
恋愛ADV「想いのかけら −Close to−」が12月22日にPSPで復活。記憶を失った彼女の“想い”を霊体の主人公は取り戻せるのか
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/09/29 12:40

ニュース

恋愛ADV「想いのかけら −Close to−」が12月22日にPSPで復活。記憶を失った彼女の“想い”を霊体の主人公は取り戻せるのか

想いのかけら −Close to−
 サイバーフロントは,PSP用ソフト「想いのかけら −Close to−」を2011年12月22日に発売することを,本日(9月29日)発表した。価格は通常版が5040円,特製ブックレットとBGMコレクションCDが同梱する初回限定版が7140円(共に税込)。

 本作は,「Close to 〜祈りの丘〜」(DC)にストーリーやイベントCGを追加して2003年に発売された「想いのかけら -Close to-」(PS2)を,PSPに移植した作品。

 内容は,彼女を救おうとして交通事故に巻き込まれ,肉体から抜け出た霊体となってしまった主人公,穂村元樹(ほむらもとき)が,自らの体に戻るために悪戦苦闘する恋愛アドベンチャーだ。

 元樹は「愛する人が祈りを捧げてくれる」ことで肉体を取り戻せるらしいのだが,事故を目の当たりにした彼女,柏木遊那(かしわぎゆうな)は,そのショックから記憶を失ってしまっている。そんな遊那の記憶を取り戻すために,霊体となった元樹は肉体が完全に死を迎えるまでの限られた時間で,“想いのかけら”を集めていくことになる。

想いのかけら −Close to− 想いのかけら −Close to−
想いのかけら −Close to− 想いのかけら −Close to−

 基本的にはキャラクター同士の会話を楽しむ作品だが,元樹が遊那の部屋にいるときのみ,部屋の中の“モノ”に念を送って現実世界に干渉できるという“ルームパート”は,本作の大きな特徴となっている。

 このパートでは,記憶を呼び覚ます鍵となりそうなモノに干渉して,遊那の注意を引きつけていく。最初は,言葉のとおり遊那の注意を引きつけることしかできないが,ゲームを進めて霊能力が向上していくと,直接モノを動かせるようにもなるという。

想いのかけら −Close to− 想いのかけら −Close to−

想いのかけら −Close to− 想いのかけら −Close to−
ルームパートにはヒロインの秘密やアレンジ楽曲など,攻略とは関係ないおまけ要素が隠されているらしい
想いのかけら −Close to−


ゲームの目的


高校3年生になる直前の春休み、デート中に彼女である『柏木遊那』を救おうとして、交通事故に巻き込まれた主人公『穂村元樹』は気がつくと肉体から抜け出た霊体になっていた。 へ戻る方法は『愛する人が祈りを捧げてくれる』という希望を得る。

しかし、遊那は目の前で起こった事故のショックにより、記憶喪失になってしまった。
実体のない元樹と記憶を失った遊那。

実体のない状態で、抜け殻となった肉体が完全に死を迎える前に、彼女へ訴えかけるための想いのかけらを集め「愛は永遠に滅びない」ことを証明します。

想いのかけら −Close to− 想いのかけら −Close to−
想いのかけら −Close to− 想いのかけら −Close to−


ストーリー


主人公「元樹」には遊那という彼女がいる。
2人はある日突然、不慮の事故に巻き込まれてしまう。
その際、彼女をかばった元樹は瀕死の重傷を負い、意識不明に…。
数日後…。
病室で目覚めた元樹の意識に、肉体は無かった。
廊下の向こうから歩いて来る看護婦に声をかけるが、看護婦は無表情のまま、元樹の脇を通り過ぎて行く。
元樹の方に向かって駆けて来た少女は、体をすり抜けて走り去ってゆく…

自分の姿を見れる人はいない…
幽体離脱をしてしまった元樹は、フラフラと宙をさまよいながら、彼女を捜した…。

想いのかけら −Close to− 想いのかけら −Close to−

学校に彼女はいた。
やはり彼女も、元樹の存在には気づかない。
そこにやって来る翔子と龍作。
いつも4人でつるんでた…。何をするにも一緒だった…。
なのに、3人の会話の中には元樹の名前すら出てこない。
必死になって、自分の存在を知らせようとするが、それも徒労に終わってしまった。

そこで、ある衝撃的な事実を知る。
彼女は、記憶を失っていたのだ…。
しかも、元樹のことは全て…。
付き合っていたことや、元樹が誰なのかさえ覚えていない。
どうやら、あの事故のショックが原因らしいが…。

病室に戻ると、主治医が元樹の家族と話している。
「脳に損傷を受けていて、今は昏睡状態」なのだと言う。
「このまま病状が悪化すれば、数日以内には……」

元樹の命にタイムリミットが設定されてしまった。
しかし、遊那の記憶は一向に戻る気配がない…。
このまま永遠に忘れられてしまうのか?
もう、元の身体には戻れないのか…?

(これからオレは、何をすべきなのか…)

想いのかけら −Close to− 想いのかけら −Close to−

想いのかけら −Close to−


[主人公]
■穂村元樹(ほむらもとき)

主人公。ごく普通の高校3年生。
龍作・遊那・翔子といつもつるんでいる。
遊那とはクリスマスから付き合っている。
彼女とのデート中に不慮の事故にあい、 幽体離脱をしてしまう。


CV:麻績村まゆこ
想いのかけら −Close to−
■柏木遊那(かしわぎゆうな)

校内で人気の高い美少女。天然ボケ系。
元樹とは幼なじみで、1年前から恋人同士になった。
元樹のデート中に事故に遭い彼に関する記憶を失ってしまう。


CV:中原麻衣
想いのかけら −Close to−
■汐見翔子(しおみしょうこ)

元樹・遊那の親友。元気溌剌でスポーツ万能。記憶喪失になった遊那を親身に支える。
また、催眠術ができるという隠し特技を持つ。


CV:釘宮理恵
想いのかけら −Close to−
■橘小雪(たちばなこゆき)

無口な少女。元樹たちの後輩に当たる。霊能力を有し、肉体から離れた元樹に最初に気づいた人物。
性格は冷淡で、最初は彼を突き放すが、懇願に根負けして霊能力の使い方を伝授する。
毎日のように丘の上の教会で祈っている。
友人はおらず、学校では浮いた存在。
体が弱いらしく、体育の授業は見学している。


CV:松来未祐
想いのかけら −Close to−
■咲坂麻衣(さきさかまい)

オカルト系を非常に好む小学生。
幼いながらも霊能力に造詣が深く「小雪の師匠」を自称する。
元樹に生き返るための条件を教えたのも彼女である。
教会の裏庭でブランコに揺られているときに元樹と出逢う。
彼の前では騒がしいくらいにはしゃいでいるが、 小学校でひとり寂しそうにしている姿も見せる。


「想いのかけら −Close to−」公式サイト


  • 関連タイトル:

    想いのかけら −Close to−

  • この記事のURL:
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月12日〜12月13日