オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
World of Warships公式サイトへ
読者の評価
60
投稿数:38
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[gamescom]ドイツ艦艇の実装や新モードの存在が明らかになった「World of Warships」の今後の展開を,ディレクターに聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/08/06 13:45

イベント

[gamescom]ドイツ艦艇の実装や新モードの存在が明らかになった「World of Warships」の今後の展開を,ディレクターに聞いてみた

World of Warships
 PC向けオンラインゲーム「World of Warships」PC)World of Warships」(以下,WoWs)のオープンβテストを開始したWargaming.netは,ドイツのケルンで開催中のgamescom 2015にさまざまなニュースを携えて出展している。新作タイトルだけに,WoWsに注目が集まる昨今だが,同じく同社がサービス中の「World of Tanks」(以下,WoT)も順調にバージョンアップを重ねており,それ以外の新タイトルも開発が進んでいる。
 とはいえ,やはりWoWsへの注目度が高いというのは覆せない事実。ということで,本稿ではWoWsのグローバルオペレーションディレクターを務めるIvan Moroz氏に聞いた本作の近況とこれからの展開や,ドイツ艦艇の実装などの新発表の内容をまとめてみよう。

グローバルオペレーションディレクター Ivan Moroz氏

「World of Warships」公式サイト


ドイツ娘がやってくる


 gamescom 2015で発表されたWoWsにおける最大のニュースといえば,ドイツ艦艇の実装だろう。会場ではTierの低い巡洋艦と,Tier 8のビスマルクおよびティルピッツのモデルを見ることができた。このうちティルピッツはプレミアムシップ(課金艦)として近々実装されるという。

World of Warships
Tier 8 戦艦のティルピッツ
World of Warships
Tier 8 戦艦のビスマルク

ビスマルクのモデリングはこんな感じ
World of Warships

 WoWsにおけるドイツ艦艇の特徴は,装甲の高さにある。一方で,主砲の射程は短いため,近距離での砲撃戦においてその力をもっとも発揮できると言ってよいだろう。
 とくに,ティルピッツは戦艦なのに魚雷を搭載している(ただし射程は6Kmと短い)ので,接近しての撃ち合いにおいて強烈な一撃を見舞うこともできる。なお現状,ティルピッツはWoWsにおいて魚雷を搭載している唯一の戦艦となる。

魚雷を発射するティルピッツ
World of Warships

 実装のスケジュールだが,まずティルピッツが8月末に予定されている。ただし,これはすぐにプレミアムショップに並ぶというわけではなく,最初はボーナスコードの配布などからスタートするようなので,誰でも入手できるようになるのは,もう少し先ということになる。続いてTierの低い巡洋艦が10月頃の実装予定となり,Tier 8の戦艦であるビスマルクを含んだドイツ技術ツリーの実装は,2016年2月から3月頃を予定しているとのこと。

Tier 1 ドイツ巡洋艦のHermalin(左)とTier2のDresden(右)
World of Warships World of Warships

当然艦長もドイツ人
World of Warships

 ちなみに,ドイツ艦以外の実装も予定に上がっており,もっとも近いところでは,今年の秋中にソビエト艦の追加が予定されている。また,2015年後半から2016年内にかけてイギリス艦や日本艦の追加もされる見込みだ。


新ゲームモードも追加予定


 新規艦艇だけでなく,ゲームモードの追加も予定されている。
 2015年8月に実装予定なのが「Ranked Battle」で,より競技性の高い戦いを求めるプレイヤー向けのゲームモードだ。Ranked Battleにおいて使用できる艦艇は,Tier 6からTier 7までに限られる。
 また,各種勲章や過去のマッチデータからプレイヤーの技量を判断し,なるべく技量が近いプレイヤー同士でマッチングされる仕組みになっている。なお,戦闘は7人対7人で行われ,戦績によってランクおよび特別な褒章が与えられるようだ。

World of Warships

 これ以外にも,PvEモード(現状ではCo-opモードのみ)の改良と追加を順次行っていく予定とのこと。その中には,史実を基にして戦う「ヒストリカルバトル」も可能性として含まれているという。とはいえ,これらのモードを確実に面白いコンテンツとして完成させるには時間がかかる。そのため,モードの追加は,十分に完成度が高まってからと考えているようだ。


よりゲームを気軽に楽しむために


 オープンβテストが始まって以降の市場の手応えとしては,非常に良好であるという。とくにアジア地域においては,WoWsのプレイヤー数が,WoTのプレイヤー数を追い抜いたそうだ。プレイヤー数やマッチ数が減少する傾向も見られず,長期に渡ってプレイされていることが,統計にも表れている。

 一方で,WoWsはWoTに比べてプレイヤーの感じる疲労感が高めだというのは,筆者もあちこちで耳にするし,自身も感じている。WoTとWoWsを同じ時間プレイすると,WoWsをプレイしたときのほうが,「楽しかったけど,少し疲れたな」と感じる状態に到達するのが早く感じるのだ。
 これについては,実際にWoWsはWoTより平均して試合時間が2倍かかっている,というデータが示された。また,「もっと軽い遊び方ができるゲームモードは作れないか」と聞いてみたところ,まずはRanked Battleで展開速度やゲーム感の差を感じてみてほしいと,Moroz氏はコメントした。
 WoWsは,チャットの非表示やプレイヤーネームの非表示など,いわゆるコミュニケーション機能を「見なくて済む」設定も用意されている。このような設定を活用することで,プレイにあたってのストレスを下げるというのも,一つの方策と言えるだろう。

World of Warships

 「敵がすべてAIのCo-opモードがあるのだから,味方も自分以外はすべてAIのソロプレイモードは作れないだろうか」とも聞いてみたが,実はソロプレイモードも検討されたことはあるようで,その上で「ソロプレイモードの予定はない」とのことだった。
 というのも,まず技術的な問題として,大量のソロプレイマッチが成立していくと,従来の何倍もの負荷がサーバにかかるという点が指摘された。
 そして,もっと大きな問題として,ソロプレイモードではBOT利用者の増加や,それを使った経験値稼ぎなどを抑止しにくいという点もあるという。

 ソロプレイモードでBOTを使って経験値やクレジットを稼ぎ,そのアカウントをRMT(リアルマネートレード)で売却するという行為は十分に考えられるし,ソロプレイモードでは,ほかのプレイヤーがいないためBOTの通報もされず,それらの対処が後手に回っていくであろうことも容易に想像できる。

World of Warships

 このほかにも,改善すべき点やゲームバランスに関する意見,新機能の提案といったプレイヤーからの声は,WoWsの開発およびサービスにおいて重要だという。いちWoWsファンとしても,さらに完成度の高いゲームを楽しむためにも,Wargaming.netに提案や要望を寄せていきたいところだ。

「World of Warships」公式サイト

  • 関連タイトル:

    World of Warships

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
47
マジカミ (BROWSER)
2019年03月〜2019年09月