オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
三菱電機,ゲーマー向けの23インチフルHD液晶ディスプレイ「MDT231WG」発表。IPSパネル採用で倍速駆動&低遅延がウリ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/11/16 12:31

ニュース

三菱電機,ゲーマー向けの23インチフルHD液晶ディスプレイ「MDT231WG」発表。IPSパネル採用で倍速駆動&低遅延がウリ

 2010年11月16日,三菱電機は,ゲーマー向けと謳う23インチワイド液晶ディスプレイ「MDT231WG」を発表した。同社の多機能ディスプレイ製品ブランド「VISEO」ブランドの新製品となる。
 11月30日発売予定で,予想実売価格は11万8000円前後

MDT231WG。パネルはノングレア加工されている。解像度1920×1080ドット,画素ピッチ0.265mm
VISEO

 MDT231WGは,「ゲームに高い関心とスキルを持っているユーザーを満足させる」と謳われるディスプレイだ。大きな特徴は,下に挙げる4項目という。

  1. IPSパネルの搭載と,LEDバックライト制御や倍速補間表示への対応
  2. 超解像技術「ギガクリア・エンジンII」の搭載
  3. 独自のディスプレイ回転機構「リフティングターン」機構搭載
  4. 5W出力のサブウーファも備える2.1chスピーカーシステム搭載

 まず1.だが,これはVISEOブランドのディスプレイ製品で採用され続けている映像エンジンの最新モデル「MP ENGINEIII」に関連した項目となる。
 MDT231WGでは,MP ENGINEIIIの動作モードとして,

  • MP MODEレベル3:スポーツ,レース,アクションタイトル向け。残像感と表示遅延の低減を図ったモード
  • MP MODEレベル2:RPGやADVタイトル向け。倍速補間表示(≒倍速駆動)により滑らかな動画表示を目指したモード
  • MP MODEレベル1:STGやFPS,音楽系タイトル向け。表示遅延低減を最重視したモード

MP ENGINEIIIの3モード
VISEO
の3つが用意され,レベル3と2では,業界で初めて採用したLEDバックライト制御技術「LEDバックライトブリンキング」により,残像感を低減させているとのこと。実際,動画応答時間を示す「MPRT」(Moving Picture Response Time)は,一般的な液晶ディスプレイが20〜24msのところを従来製品「MDT243WG II」で10msまで短縮していたが,MDT231WGではさらにこれを5.5msまで短縮し,CRTディスプレイの2〜4msに近づけてあるという。
 また,レベル2と1では,「LEDバックライトスキャニング」で,やはり残像感の低減も図られている。
 なお,上で「表示遅延低減」とあるが,「MP MODE無効時と比べてレベル3と1で表示遅延がどれだけ短縮されるのか」については明らかになっていない。

MP MODEレベル3の概要。120Hz駆動で同一フレームを単純に2度描きしつつ,2回に1回のペースでバックライト点灯時間を設けることで,CRTディスプレイに似た動作を実現。これにより,前のフレームの映像が網膜上で重ならないようになるため,残像感を受けにくくなるという理屈だ
VISEO VISEO
MDT231WGでMPRTの短さはここまでCRTディスプレイに近づいたと謳うスライド(左)。右はMP MODEレベル2の概要で,画面の上から下に向かって黒いバーを移動させるような感じで順繰りにバックライトを点灯させることで黒を強調し,残像感を低減するLEDバックライトスキャニングの採用がアピールされている
VISEO VISEO
STGやFPSなど,最も速度に敏感なユーザー向けとされるMP MODEレベル1。LEDバックライトスキャニングによる残像感の低減に加え,表示遅延抑制を最優先した動作になっているという
VISEO

 次に2.は,簡単にいうと,入力した映像の解像度を高めて表示する機能の最新版だ。「ギガクリア・エンジン」にあったブロックノイズの低減機能などを改善しつつ,今回は,ソースの解像度がそれほど低くない場合には超解像技術の適用度合いを下げる「解像度判別」や,白飛び&黒つぶれを抑える「エリアコントラスト」,超解像技術の適用時に汚く見えることのある肌色に対して適用度合いを下げる「肌色検出」といった機能が追加されている。

超解像技術とそのほかビデオ系の機能がまとめられたスライド。携帯ゲーム機の接続を想定した「ポータブル」というモードも用意されているようだ
VISEO VISEO

縦表示させたところ。スピーカーシステムの配置に注目してほしい
VISEO
 3.4.は関連するのでまとめて紹介しておきたい。
 まずリフティングターンは,下に示したムービーを見てもらったほうが早いだろう。本体底面に2.1chスピーカーシステムを搭載するMDT231WGでは,本システムの位置を固定したまま,ディスプレイだけ(主に縦スクロールSTG向けの)90℃回転表示を行えるのである。
 MDT231WGがターゲットとするような「ゲーム用ディスプレイにこだわるユーザー」は,サウンド周りにもこだわっているはずで,正直“おまけ”の域を出ていない2.1chスピーカーシステムのために,そこまで労力とコストをかけていいのか,という気はしないでもないが,このあたりはより広い層のユーザーをターゲットにした結果とのことだった。


サテライトの2chスピーカー,そしてサブウーファはリフティングターン用台座部に配置される仕様。後者はディスプレイを回転させるときにちらりと姿を見せる。リフティングターンを採用したのは,ディスプレイの縦回転時にも,サブウーファの量感ある低域を楽しめるよう,スピーカーを固定したかったためだそうだ
VISEO VISEO

VISEO
 なお,入力インタフェースはビデオ系がDVI-D×1,HDMI×2,D-Sub 15ピン(アナログRGB)×1。サウンド系がHDMI×2(※ビデオと共用),モノラルRCA×2(※2系統でステレオ入力),ステレオミニ×2。サウンドのHDMI入力は2chとなっている。
 リアル120Hz入力や,ハイエンドグラフィックスカードで採用が始まっているDisplayPort入力に対応していないのは惜しいし,スピーカーシステムを搭載するのも人を選びそうだが,機能と性能のいいとこどりを目指したディスプレイとして,かなりの注目を集めるのはまず間違いないだろう。とくに残像感低減機能と表示遅延周りのバランスに期待しつつ,まもなくの発売を待ちたいところだ。

MDT231WG製品情報ページ


●MDT231WGの主なスペック
【液晶パネル】
  • サイズ(表示サイズ):23インチワイド
  • 液晶方式:IPS,ノングレア
  • 解像度(画素ピッチ):1920×1080ドット(0.265mm)
  • 表示色:約1677万色(10億6433万色中)
  • 視野角:左右178°上下178°(コントラスト比10)
  • 輝度(標準値):350cd/m2
  • コントラスト比:5000対1(CRO非動作時900対1)
  • 応答速度:5ms(GtG)
  • バックライト:白色LED

【入力系】
VISEO
  • 水平周波数/垂直周波数:31.5〜82.5kHz/56〜76Hz
  • ビデオ入力端子:DVI-D×1(HDCP対応),HDMI×2,ミニD-SUB15ピン,D5、S/コンポジット
  • ビデオ入力解像度:480i,480p,1080i,720p,1080p
  • サウンド入力端子:HDMI×2(※ビデオと共用),モノラルRCA×2(※ステレオ入力),3.5mmステレオミニ×2
  • スピーカーシステム:2.1ch(サテライト3W+3W,サブウーファ5W)
  • サウンド出力端子:S/PDIF(※HDMI入力時のみ利用可),3.5mmステレオミニ

【そのほか】
VISEO
  • 消費電力:79W(AC100Vの場合,スリープモードあるいは「オフ」モード時1W以下)
  • 本体サイズ:543(W)×最大447(H)×226(D)mm(※スタンド含む)
  • 重量:約11kg(※スタンド含む)
  • チルト角度:上20°,下5°
  • スイーベル角度:70°
  • 高さ調節幅:約60mm(※横型設置時のみ)
  • 回転表示:時計方向90°
  • 主な付属品:電源ケーブル(1.5m),DVI-D−DVI-Dケーブル(1.5m),D-Sub 15ピン−D-Sub 15ピンケーブル(1.5m),HDMI−HDMIケーブル(1.5m),ステレオミニ−ステレオミニケーブル(1.5m),リモコン,単4型乾電池2本,ユーティリティディスク,セットアップガイド,保証書


VISEO製品情報ページ
  • 関連タイトル:

    VISEO

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2013/12/05)
MITSUBISHI 23型三菱マルチメディアワイド液晶ディスプレイ MDT231WG
Personal Computer
発売日:2010-11-30
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月18日〜02月19日