オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第253回「必殺シュートを放つ熱血ゾンビのコワすぎる最終章」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/04/17 19:00

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第253回「必殺シュートを放つ熱血ゾンビのコワすぎる最終章」


うん。やっぱりしっくりくるよね。この抱き心地
 期待のゾンビゲーム,「ダイイングライト」PC / PlayStation 4 / Xbox One)が,ついに日本でも発売されました。ちょっくらプレイしてみた感じ,やはりベースは「デッドアイランド」PC / PlayStation 3 / Xbox 360)ですね。
 同作で問題とされていた部分がうまいこと改善されていて,グラフィックスもシステムも非常に高いレベルで仕上がっています。相変わらず止め時を見つけられず,延々とプレイしてしまいますな。
 日本版では,血液がイカスミのように黒々としていたり,人間タイプの敵から人体の欠損表現が削られていたりといった表現規制がバイオレンス好きとしては非常に残念ではありますが,まぁゲームをプレイするうえで大きな支障になるような内容ではないので,問題なく楽しめます。これでしばらくは,ゾンビ分をタップリ補給できるぞっと!



 マフィア梶田岡本信彦さんのコンビがついに復活した「RADIO 4Gamer Tap(仮)」の第9回では,マーベラスよりiOS版が先行配信中の「くにおくんの熱血ドッジボール ALLSTARS!!」iOS / Android)を特集。今回は本作のプロデューサー兼ディレクターである杉野本禎規氏をゲストにお招きし,ゲームの解説をしていただいたあとに対戦を楽しんできました。

「くにおくんの熱血ドッジボール ALLSTARS!!」公式サイト

「くにおくんの熱血ドッジボール ALLSTARS!!」DLページ(App Store)


 原作の「熱血高校ドッジボール部」が発売された当初,まだ1歳でバブバブ言っていたマフィア梶田。しかしその後,ハッキリとは覚えていないのですが,恐らく友人の家へ遊びに行ったときに本作を遊んだ記憶があります。そのときの楽しさは,今に至るまでゲームに関するいい思い出の一つとして心に刻まれています。

 そんなゲームに,くにおくんの熱血ドッジボール ALLSTARS!!という形で,久しぶりに対面したのですが,よくぞここまでスマホ向けに最適化できたなと感心しております。タッチ操作に関しては少々慣れが必要ですが,いつでもどこでもスマホを取り出せば熱血ドッジボールが楽しめるなんて嬉しい限りです。くにおくんを知らない世代の読者諸氏もぜひ,プレイしてみてください。



 さて,ミャンマー旅行記を継続してお届けしているこのコーナーですが,今回はちょいとお休みして別の話をしたいと思います。
 それというのも,実は4月11日に渋谷アップリンクで行われた「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章」の世界最速上映会に行ってきたんですよ。これは書かねばイカンでしょ。

 「コワすぎ!」シリーズは以前にも連載で取り上げましたが,この作品はディレクターの工藤 仁さん,ADの市川実穂さん,そしてカメラマンの田代正嗣さんで制作している“実録”ホラードキュメンタリーです。
 口裂け女の追跡から始まりカッパとボクシングしてスカイツリーが龍脈の流れを阻害しよるので花子さんの出る学校でタイムスリップしてお岩さんに呪われタタリ村で進撃の鬼神兵……こういう書き方をすると,何が何だか。とにかく,コワすぎスタッフの皆さんはいろいろな怪奇現象をカメラに収めて,その事実を公表してきました。ええ,事実なんです。誰がなんと言おうとも! 実際に起きた出来事なんですっ!

なんと,口裂け女編で行方不明になっていた投稿者の矢野さんと現場で遭遇。生きとったんかワレ!
 そして前作,「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版」において工藤さんと市川さんが異次元に囚われて新宿上空には巨人がプカプカと漂うような世界になってしまったわけですが,最終章ではたった一人,現世に残されたカメラマンの田代さんが大奮闘。謎の男「江野祥平」の手を借りて,世界を救うために立ち上がるのですよ。巻き起こる事件のスケールは過去最大! 田代さんの負担も過去最痛! ラストに待ち受けるカタルシスは史上最高です!

 映画だけでも大満足だったのに,さらにラッキーだったのが上映後にいきなり舞台挨拶が実施されたんですよ。工藤さん,市川さん,田代さんとコワすぎスタッフが勢ぞろい! キレッキレのトークで観客を盛り上げてくれました。しかもその後,来場したファンの一人一人に対してサインと写真撮影に応じるというサービス精神の旺盛さたるや……テンションが上がっちゃって,販売されていたDVDを全種類購入してしまいました。

会場で購入したグッズをズラッと並べて悦に浸る。DVDは布教用に使います
生コワすぎスタッフ! ライターとして,いつかインタビューなどしてみたいものです

 いろいろと語りたいのに,現段階ではネタバレをするわけにもいかず歯痒すぎるこの作品。これから見る,もしくは,この記事で見てみたくなったという方々に一つだけ言っておきたいのは,事前もしくは事後に白石晃士監督の映画「オカルト」を,ぜひとも見ておいてほしいということ。コワすぎ最終章で田代さんの元に突如現れた江野祥平が何者であるのか,その真相に至る衝撃的な事実が記録されています。

 嬉しすぎることに続編となる「超コワすぎ!」シリーズの制作も発表されましたし,この今世紀最大の実録ホラービッグウェーブに乗っかるなら今ですよ。まだまだ間に合う! 見れば分かる! 見なければ分からない! 一人でも多くの方に,この面白さを,異界の霊体ミミズから放たれる毒電波を,ビンビンに受信していただきたいものです。

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章」公式サイト

  • 関連タイトル:

    くにおくんの熱血ドッジボール ALLSTARS!!

  • 関連タイトル:

    くにおくんの熱血ドッジボール ALLSTARS!!

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日