オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
戦国無双3公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
59
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「戦国武将祭」とは何なのか? をコーエーに聞いてみたら,戦国ファンやコーエーファンのみならず,プロレスファン必見のイベントになりそうな気がした
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/02/27 10:00

インタビュー

「戦国武将祭」とは何なのか? をコーエーに聞いてみたら,戦国ファンやコーエーファンのみならず,プロレスファン必見のイベントになりそうな気がした

 来る3月6日(土)と7日(日),さいたまスーパーアリーナで「戦国武将祭」というイベントが開催される。これは,4Gamerでもたびたびお伝えしてきたとおり,コーエーの戦国コンテンツを軸に,「戦国無双3」出演声優や音楽アーティスト,そして“武将ファイター”が一堂に会する大型イベントだ。
 といっても,どんな内容になるのか皆目見当がつかないという人も多いのではないだろうか。そこで今回,コーエーでこのイベントを担当するメディア事業部 プロデューサーの坂本 毅氏に,気になるイベントの“中身”について聞いてみた。

※画像は会場のイメージ図です。実際の装飾とは異なる場合がございます。
戦国無双3

「戦国武将祭」公式サイト


群舞,和太鼓,声優ドラマ,音楽アーティストのライブ,そして“激突”。戦国武将祭はなんでもアリの戦国エンターテインメント


坂本 毅氏
「コーエーでは,これまで『ネオロマンス・フェスタ』など,女性向けコンテンツを題材にしたイベントを行ってきました。しかしコーエーには,もう一つ“歴史もの”という大きな柱があります。そのイベントを,女性向けとは違う形でやってみよう,というのがそもそものきっかけなんです」(坂本氏。以下,同)

 「金色のコルダ」シリーズや「アンジェリーク」シリーズ,「遙かなる時空の中で」シリーズなど,女性向けの恋愛ゲームを数多く世に送り出し,同時に出演声優が多数登場するイベントを手がけてきたコーエー。
 しかし,「コーエーといえば『信長の野望』シリーズ,『三國志』シリーズ,そして『無双』シリーズといった,“歴史もの”でしょう!」と考えている人も多いはず。そんな声に応える形で企画されたのが,今回の戦国武将祭というわけである。

「その中でも,例えば近作の『戦国無双3』だと,武将同士の戦闘,激突がメインの要素です。ですから今回は,この激突のカタルシスを皆さんに楽しんでいただけるようなイベントを企画しました」

 ネオロマンスシリーズのイベントでは,ゲームに出演している声優陣が,ゲームと同様に愛を語る……そんなステージであったが,今回は“激突”そのものを大きく取り上げた内容になるらしい。
 では,それをどのように見せるのだろうか?

「今回は,織田信長の登場から関が原の戦いまでを,時系列順に四つの“合戦”として描くんです。映像,和太鼓,群舞でオープニングを華麗かつ勇壮に盛り上げ,声優陣と映像によるドラマをお見せしつつ,“武将ファイター”によるファイトで“合戦”の決着をつけていくという流れです」

織田信長(「戦国無双3」)
戦国無双3

 なお,和太鼓は茂戸藤浩司さんを中心とした9人編成の和太鼓ユニット「MOTOFUJI」が,群舞は六本木金魚,群舞と殺陣は女性だけのアクロバットダンスカンパニー「G-Rockets」が担当。
 そして声優としては,草尾 毅さん,小杉十郎太さん,中田譲治さん,檜山修之さん(3月7日のみ),緑川 光さん,石川英郎さん,大塚明夫さん,竹本英史さん,神谷浩史さん,高塚正也さん,小西克幸さん(3月6日のみ),杉田智和さん(3月6日のみ),前田 愛さん,鈴木真仁さんらが出演する。

 武将ファイターとしては,

・武田信玄役:武藤敬司選手(全日本プロレス)
・織田信長役:蝶野正洋選手(アリストトリスト)
・上杉謙信役:小島 聡選手(全日本プロレス)
・直江兼続役:カズ・ハヤシ選手(全日本プロレス)
・真田幸村役:KAI選手(全日本プロレス)
・前田利家役:船木誠勝選手(全日本プロレス)
・石田三成役:飯伏幸太選手(DDTプロレスリング)
・明智光秀役:AKIRA選手(フリー)
・服部半蔵役:稔選手(フリー)
・風魔小太郎役:NOSAWA論外選手(東京愚連隊)
・北条氏康役:近藤修司選手(全日本プロレス)
・徳川家康役:杉浦 貴選手(プロレスリング・ノア)
・本多忠勝役:高山善廣選手(高山堂)
・加藤清正役:高木三四郎選手(DDTプロレスリング)
・柴田勝家役:新崎人生選手(みちのくプロレス)
・伊達政宗役:HARASHIMA選手(DDTプロレスリング)
・豊臣秀吉役:TAKAみちのく選手(KAIENTAI-DOJO)
・立花宗茂役:青木篤志選手(プロレスリング・ノア)
・長宗我部元親役:石森太二選手(プロレスリング・ノア)

といった,そうそうたる面々が参加し,会場中央に設置された「決闘場」(戦国風にアレンジされたリング)の上で,熱い戦いをみせてくれるという。
 なお,対戦カードは以下のとおり。

●3月6日
・第一合戦 川中島の合戦
 武藤敬司(武田信玄),KAI(真田幸村) vs. 小島 聡(上杉謙信),カズ・ハヤシ(直江兼続)
※ドラマ出演:草尾 毅(真田幸村),中田譲治(上杉謙信),高塚正也(直江兼続)

・第二合戦 本能寺の変
 蝶野正洋(織田信長) vs. AKIRA(明智光秀)
※ドラマ出演:小杉十郎太(織田信長),緑川 光(明智光秀),神谷浩史(浅井長政),お市(前田 愛)

・第三合戦 小田原の戦い
 船木誠勝(前田利家) vs. 近藤修司(北条氏康)
※ドラマ出演:石川英郎(豊臣秀吉),竹本英史(石田三成,柴田勝家),小西克幸(前田利家),杉田智和(加藤清正),甲斐姫(鈴木真仁)

・第四合戦 関が原の戦い
 飯伏幸太(石田三成),青木篤志(立花宗茂),石森太二(長宗我部元親) vs. 杉浦 貴(徳川家康),高山善廣(本多忠勝),HARASHIMA(伊達政宗)
※ドラマ出演:中田譲治(徳川家康),大塚明夫(本多忠勝),竹本英史(石田三成),高塚正也(直江兼続)

●3月7日
・第一合戦 本能寺の変
 蝶野正洋(織田信長) vs. AKIRA(明智光秀)
※ドラマ出演:小杉十郎太(織田信長),緑川 光(明智光秀),神谷浩史(浅井長政),お市(前田 愛)

・第二合戦 天正壬午の乱
 稔(服部半蔵) vs. NOSAWA論外(風魔小太郎)
※ドラマ出演:中田譲治(徳川家康),大塚明夫(本多忠勝),檜山修之(風魔小太郎),鈴木真仁(甲斐姫)

・第三合戦 小田原の戦い
 武藤敬司(武田信玄),小島 聡(上杉謙信) vs. 新崎人生(柴田勝家),TAKAみちのく(豊臣秀吉)
※ドラマ出演:中田譲治(上杉謙信),石川英郎(豊臣秀吉),竹本英史(柴田勝家),鈴木真仁(甲斐姫)

・第四合戦 関が原最終決戦!!
 飯伏幸太(石田三成),KAI(真田幸村),カズ・ハヤシ(直江兼続) vs. 高山善廣(本多忠勝),HARASHIMA(伊達政宗),高木三四郎(加藤清正)
※ドラマ出演:草尾 毅(真田幸村),竹本英史(石田三成),高塚正也(直江兼続),中田譲治(徳川家康),大塚明夫(本多忠勝),檜山修之(伊達政宗)


 ちなみに,

「合戦の結果は未定です。必ずしも史実どおりの結果になるとは限りません。ゲーム同様,歴史のifを楽しんでいただきたいと思います」

とのことである。歴史に詳しい人であっても,軍配がどちらに傾くかといったスリルはきちんと味わえるというわけだ。

 さらに,ゲームではおなじみの姫武将として,佐々木希さん(3月7日のみ),水野裕子さん(3月6日のみ),次原かなさんも登場。ゲームと同じようなコスチュームに身を包み,華を添えてくれるそうだ。

 また,音楽アーティストとしては,Phoenix 2:00AM feat. Ami Suzuki,Do As Infinity,alan,SHANADOO,谷村奈南さん,そしてGACKTさんが出演し,豪華なステージを見せてくれるという。

「今回のイベントは,表現したいプログラムと,豪華な出演者の二つを揃えようという二軸でがんばってきた結果,ここまで大規模なものになりました。戦国ファン,声優ファン,プロレスファン,音楽アーティストのファンの皆さんなら,それぞれ好きなものを楽しんでいただけるでしょう。それに,普段は興味を持っていないものの面白さも見つけていだたけると嬉しいですね」

武田信玄(「戦国無双3」)
戦国無双3

戦国楽市楽座もお見逃しなく


 前項で紹介した戦国武将祭は,両日ともに14:00開場,16:00開演予定だが,さいたまスーパーアリーナのコミュニティアリーナでは,両日11:00〜17:30に「戦国楽市楽座」も併催される。こちらは入場料が1800円(当日券は2000円)だが,戦国武将祭のチケットがあれば,別途入場料を支払う必要はない。

 戦国楽市楽座に設けられるステージでは,NHKの大河ドラマで時代考証を担当した静岡大学名誉教授の小和田哲男氏による講演会や,「信長の野望・天道」のプロデューサーと歴史番組のプロデューサーによるトークショー,戦国ジャンル限定のコスプレコンテスト,「戦国ゆるキャラ集合イベント」,水野佐彩さんやELISAさんのライブ,そしてメインアリーナに出演する声優陣のトークショーといった催しが予定されている。
 また,信長の野望シリーズの巨大な原画(油絵)の展示や,各種物販コーナー,飲食物を販売する「戦国屋台村」なども設けられるようだ。
 なんでも戦国屋台村では,塩焼きそばとソース焼きそばが半分ずつ盛られた「関ヶ原合戦焼きそば」など,このイベントオリジナルのメニューも用意されるそうなので,戦国フードマニア(?)は,お腹を空かせて駆けつけたほうが良いだろう。

 さらに,コーエーのゲームを試遊できるコーナーには,

・「信長の野望・天道」(PS3/Xbox 360/PC
・「戦国無双3」(Wii)
・「北斗無双」(PS3/Xbox 360
・「真・三國無双 MULTI RAID 2」(PSP)
・「信長の野望DS 2」(DS)
・「三國志DS 3」(DS)
・「金色のコルダ3」(PSP)
・「Winning Post World 2010」(PS3)
・「太閤立志伝V」(PSP)
・「采配のゆくえ」(DS)
・「国盗り頭脳バトル 信長の野望」(DS)
・「信長の野望 Online 〜争覇の章〜」(PC)
・「大航海時代 Online 〜El Oriente〜」(PC/PS3
・「真・三國無双 Online 〜神将乱舞〜」(PC/PS3
・「三國志 Online」(PC)

といったタイトルが出展される。
 とくに北斗無双に関しては,発売前に体験できる数少ない機会となる。そういう意味では,戦国ファンのみならず,「北斗の拳」ファンにとってもある意味重要なイベントといえるだろう。

「北斗無双」
戦国無双3

 坂本氏は最後に,

「まだ企画にもなっていない段階ですが,コーエーには三國志をはじめ,ほかにもいろいろとイベントの題材になりうるコンテンツがあります。機会があれば,そういった題材についても検討していきたいとは思っています。でもまずは,戦国武将祭を成功させたいですね。歴史に詳しくない方でも楽しめるはずですし,歴史に詳しければより楽しめるようなイベントになっています。VIP席と大名席は残席わずかですが,武将席とS席には若干の余裕がありますので,ぜひ遊びにきてください」

と語ってくれた。
 “戦国”をモチーフにしたイベントとしては,類を見ない規模,そして内容になりそうな戦国武将祭。コーエーが送る“戦国もの”の新たな一ページが開く瞬間に立ち会ってみたい人は,ぜひ,さいたまスーパーアリーナへ足を運んでほしい。


以下,プロレスファン向け情報


石田三成(「戦国無双3」)
戦国無双3
 ここからは,4Gamer読者の中にもある程度はいるであろうプロレスファン向けに,このイベントについて説明していこう。

 前述したとおり,このイベントでは,多数のプロレスラーが武将ファイターとして,合戦における武将同士の激突のような形で,戦いを披露する。
 イベント自体のテーマが決まっていること,各武将ファイターが,歴史上に登場する“武将”に扮するということなどから,「戦国時代っぽい殺陣のようなものを演じるだけでは?」と想像している人もいるかもしれない。

 だが,コーエーの坂本氏によると,

「武将ファイターの激突については,その中身をこちら側が演出するようなことはありません。イベントを盛り上げるべく,映像や音響,入場時などの演出はしますが,試合内容は武将ファイターにお任せしています。ただ,この世界観でレフェリーが縦じまのシャツを着ていると違和感がありますので,そのあたりは変更しています」

とのこと。
 また,ルールは原則,通常のプロレスルールに則ったものになるそうである。

 こう考えると,戦国武将祭自体,現在は活動休止中の「ハッスル」や,単発に終わった「WRESTLE-1」(2002年版)に類する,エンターテインメント色の強いプロレスイベントの一つと考えることもできそうだ。
 雷電じゃないほうの“戦国”をモチーフに,ド派手な演出の数々を盛り込んだ,新たなプロレスのステージ。それが戦国武将祭なのかもしれない。

 ただし坂本氏は,

「ハッスルほどドラマっぽいものを試合には持ち込みません。一番表現したいのは,激突のカタルシスですから」

とも語っていた。この辺りのさじ加減が,どのような効果を生むのかといったあたりも,注目ポイントになるだろう。

戦国無双3
上杉謙信(「戦国無双3」)
戦国無双3
真田幸村(「戦国無双3」)

 そういえば,さいたまスーパーアリーナ(今回はアリーナバージョン)でプロレスが行われること自体が久々。筆者の記憶が確かなら,2007年12月31日に開催された「大みそかハッスル祭り2007」以来となるはず。
 そしてそんなイベントの最終試合(第四合戦)に二日続けて出場するのが,飯伏選手とHARASHIMA選手というDDT勢(と,高山選手)であるという点は,プロレスファンなら感慨深さもひとしおではないだろうか(2009年に両国のメインを飾った2人が! という意味でも)。
 とくに“プロレス界の宝”と各方面から称賛されている飯伏選手には,日頃プロレスに興味のない人々(武藤と蝶野は知ってる! CMで見た! ぐらいな人々)の度肝を抜くようなファイトを期待したいところである。

■戦国武将祭
開催日時:
 2010年3月6日(土),7日(日)
 14:00開場/16:00開演
会場:
 さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ
入場料:
 VIP席(おみやげ付) 1万5000円(※残席わずか)
 大名席(テラス席・飲み物付) 1万円(※残席わずか)
 武将席(アリーナ席) 9800円
 S席 7800円
 CS席(カジュアルシート) 5800円(完売)
 ※すべてのチケットで「戦国楽市楽座」に入場可能
 ※チケットの価格はすべて税込み

■「戦国楽市楽座」
開催日程:
 2010年3月6日(土),7日(日)
 11:00開場 17:30終了予定
会場:
 さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ
入場料:
 前売り1800円/当日2000円
 ※小学生以下無料。
 ※中高生・シニア(60歳以上) 200円引き
 ※「戦国武将祭」のチケットをお持ちの方は入場無料
 ※「戦国武将祭」チケットへのアップグレード可能(当日差額精算。席数に制限あり
 ※チケットの価格はすべて税込み


「戦国武将祭」公式サイト

  • 関連タイトル:

    戦国無双3

  • 関連タイトル:

    北斗無双

  • 関連タイトル:

    北斗無双

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月