オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】PS Storeユーザー注目! ソニー銀行から「これぞPlayStationユーザーのためのカード!」と言えるPS Store特典付きデビットカードが爆誕
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/03/04 12:00

広告企画

【PR】PS Storeユーザー注目! ソニー銀行から「これぞPlayStationユーザーのためのカード!」と言えるPS Store特典付きデビットカードが爆誕


 冒頭から個人的な話で恐縮だが,筆者の姉は,京都府北部の海辺,平たく言えば田舎チックな場所に住んでいる。
 買い物も不便だろうし,さぞかしネットショッピングを使い倒しているのだろうと思っていたのだが,どうやらそうでもないらしい。その理由の一つは「クレジットカードを使うのが怖い」からだそうだ。
 「じゃあデビットカードを使えばいいじゃん」と言うと,「何それ?」と言われてしまう。個人的にはデビットカードをかなりハードに使っているため「へ?」という反応になるわけだが,実際のところデビットカードの認知度はその程度かもしれない。

 細かい機能は後述するとして大ざっぱに説明すると,基本はクレジットカードと同じように店舗やネットでの買い物に利用できるが,利用金額が後からまとめて請求されるクレジットカードと違い,使ったら即時に銀行口座から引き落とされるのがデビットカードだ。銀行口座にある残高の範囲でしか利用できないから,使い過ぎてしまう心配がない分,安心なカードと理解してもらえればいい。

 そんなデビットカードを「もっとみんな使えばいいのに」と個人的に思っていたところ,ソニー銀行が提供している「Sony Bank WALLET」というVisaデビット付きキャッシュカードが,ソニー・インタラクティブエンタテインメントが展開しているPlayStation Store(以下,PS Store)でお得に使えるという話が飛び込んできた。

PlayStation Store
青を基調としたSony Bank WALLET / “PlayStation”デザイン
 同じタイミングで,これまで2種類だったデザインのSony Bank WALLETに,Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザイン(※)が登場。しかも,PS Storeとの連動特典やPlayStation VRのプレゼントを含むキャンペーンまで始まっている。
 つまり,「PlayStationユーザーにうってつけのデビットカードが生まれた」わけである。「同じソニーだからって……ずるい!」という感じだが,ゲーマーとしてはそんなことどうでもよく,むしろ待ってましたと言いたいところだ。

※機能はまったく同じなので,とくに区別の必要がない場合はSony Bank WALLET / “PlayStation”デザインもSony Bank WALLETと呼ぶ

 というわけで今回は,そもそもデビットカードとはなんぞやという点から,ソニー銀行が展開しているSony Bank WALLETの恒久的な特典,期間限定のPS Store連動キャンペーン,そして,口座開設の手順や,カードとPS Storeとの紐付け方について紹介しよう。「クレジットカードに抵抗のある人や持っていない人」は検討の価値ありで,なおかつ「PS Storeやソニーストアでお買い物をする」人なら,覚えておいて損はない話だ。

Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインを申し込む



使いやすい。でも使いすぎない

それがデビットカードの良いところ


 何はともあれ「デビットカードとはなんぞや?」という点を簡単に説明しておこう。「だいたい知ってる」あるいは「もう持っている」という人は飛ばしてもらっていい。

 デビットカードは,クレジットカードと同じく,ショッピングなどの各種決済で利用できるカードだ。
 その特徴は「利用者のカードと預金口座が紐付けられている」こと。これにより「デビットカードの使用限度額=預金口座内の残高」となる。そしてデビットカードは,使用すると,その代金が預金口座から即時に引き落とされる。
 要するに,残高をキチンと管理しておけば,「ついつい使いすぎてしまう」といったミスを防げるのだ。預金口座をお財布に見立てて,現金感覚で利用できるカードというのが,デビットカードの大きな利点である。

 そしてカード申し込み時の審査がないというのも大きなポイント。15歳以上という発行可能年齢の低さと相まって,入手しやすく,クレジットカードを持てない人の決済手段としても有用だ。

デビットカードとクレジットカードの違い

  デビットカード クレジットカード
支払いタイミング 即時 後払い
支払い回数 1回 1回,分割,ボーナス払いなど
利用限度額 預金口座にある残高の範囲内 カード会社規定の利用可能枠内
カード申し込み時の審査 なし あり
発行可能年齢 15歳以上 18歳以上

 日本で発行されているデビットカードには,大きく分けると,VisaやJCBといった国際ブランドのカードと,J-Debitなどの国内のみで展開されているカードがある。
 たとえば今回紹介するSony Bank WALLETはVisaブランドのデビットカードであり,世界中のVisa加盟店で利用できる。4Gamer読者であれば,Steamを始めとした海外のゲーム配信プラットフォームで決済をすることもあるだろうし,国際ブランドのデビットカードを持っておけば何かと便利なはず。

PlayStation Store
これはSony Bank WALLETで選べる二つのデザインのカード(Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインと,外観は別だが同じ機能を持つカード)。見た目もそうだが,使い方もクレジットカードと同じで,支払時に提示して,(支払い回数を聞かれたら「1回で」と伝え),利用場面に応じてVisaデビット暗証番号の入力,またはサインを行う


「PS Store利用額の2%をキャッシュバック」はデカい

まさに「ゲーマー向け」なSony Bank WALLET


Sony Bank WALLETアプリを使えば,ワンタッチで残高・取り引きや履歴を照会できる。もちろん無料アプリで,iOS版,Android版の両方が用意されている
 Sony Bank WALLETは前述のとおり,ソニー銀行のVisaデビット付きキャッシュカードである。この1枚でATMでの預金預け入れや引き出し,Visa加盟店でのショッピングが可能で,専用アプリを使えば口座の残高や利用履歴の確認などがスムーズに行える。
 なお,年会費は無料。また,提携ATMでの入金は無料,出金はセブン銀行とイオン銀行のATMであれば原則24時間何度でも無料,ほかの提携ATMも合算して月4回までは無料である。さらに,他行の銀行口座への振り込みも,Sony Bank WALLETなら月2回まで無料だ。

 また,Sony Bank WALLETでの国内ショッピング利用額の0.5%が毎月キャッシュバックされるという特典もある。ソニー銀行には「優遇プログラム Club S」というサービスが用意されており,残高や取り引き状況に応じてユーザーが獲得したステージにより,キャッシュバック率が最大2.0%になり,振込手数料の無料回数は最大で11回になる。
 とはいえSony Bank WALLETを入手したての人がすぐに高いステージを獲得することは少ないだろうし,本稿では“ステージなし”(キャッシュバック率はデフォルトの0.5%)を前提に話を進め,優遇プログラムの詳細は割愛する。詳しく知りたい人は「こちら」のページを参照してほしい。

 ……さて,実はここまでは,他社のVisaデビット付きキャッシュカードも少なからず持っている機能だったりする。
 しかしSony Bank WALLETには,これに加えて,三つの大きな特典が用意されている。しかも「ゲーマー向け」と呼べる特典もある。以下に列挙してみよう。

【特典1】
PS Storeで,利用額の2%をキャッシュバック


 これはPS Storeでゲームソフトなどのコンテンツを購入した場合,キャッシュバックとして,利用額の2%がユーザーの普通預金口座に入金されるというもの。前述した「優遇プログラム Club S」とは別で,一律で2%だ。これは「デカい」。
 なおキャッシュバックは月に1回,当月分をまとめた形で行われる仕様である。

【特典2】
ソニーストアでの支払いは3%オフ


 これもデカい。オンラインやオフライン(店舗)を問わず,ソニーストアにおける商品購入での支払いをSony Bank WALLETで行うと,一律で3%オフとなる。昨今では,特定のゲームタイトルとコラボしたPlayStation 4本体やPlayStation Vita本体といったプレミアム商品がソニーストア専売という形で展開されることも多いため,かなり有効に使えるだろう。
 ちなみにこちらは,PlayStation Storeとのコラボデザインが発表される前からあった,Sony Bank WALLETの特典だ。

【特典3】
発行月の翌々月までに5000円以上を利用すると,現金1000円がもらえる


 こちらは1回限りの特典だが,Sony Bank WALLETを発行した月の翌々月の末日までに,PS Storeを含む国内で累計5000円以上を利用すると,現金1000円がキャッシュバックされる。例えば,5000円を超えるフルプライスのソフトを1本買えば1000円がもらえるという,単純明快な特典である。

Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインの特設ページ
 以上の三つの特典に加えてソニー銀行では,3月1日から5月31日まで,Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザイン発行記念キャンペーンを実施中だ。具体的な内容は以下の三つ。
 ちなみにキャンペーンの対象となるのは「Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインを新規に発行した人」と,「ソニー銀行キャッシュカードから,Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインに切り替えた人」。すでにSony Bank WALLETを持っている人や,過去にSony Bank WALLETを持っていた人は対象外なので,その点は注意しよう。

【キャンペーン1】
Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインの新規発行でもれなく現金1000円をプレゼント


【キャンペーン2】
Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインをSony Entertainment Network(以下,SEN)アカウントに登録することで“PS Storeチケット”(500円分)をプレゼント


【キャンペーン3】
PS Storeを含む国内でSony Bank WALLET / “PlayStation”デザインを期間内に累計1万5000円以上利用すると,抽選で3名に「PlayStation VR」をプレゼント


ソニー・インタラクティブエンタテインメントのVR(仮想現実)システムであるPlayStation VR
PlayStation Store PlayStation Store

 まとめると,Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインの新規発行から,すべての特典を入手しキャンペーンの恩恵を受けるには以下のようにすればいい。

(1)キャンペーン期間中にSony Bank WALLET / “PlayStation”デザインを発行
→【キャンペーン1】で1000円をもらう

(2)発行月の翌々月までに国内で,Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインで5000円以上を利用
→【特典3】で1000円をもらう

(3)Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインをSENアカウントに登録
→【キャンペーン2】で“PS Storeチケット”(500円分)をもらう

(4)キャンペーン期間中に国内で,Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインで1万5000円以上を利用
→【キャンペーン3】でPlayStation VRの抽選に参加する

 もちろん(1)でSony Bank WALLET / “PlayStation”デザインを発行したら,その後はずっと【特典1】と【特典2】が有効。Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインを使ってPS Storeやソニーストアでショッピングをすることで,「特典とキャンペーンを最大限に活用」という形になるわけである。「ちょうど欲しいソフトがあった」「PS4本体を買おうと思っていた」と考えている人なら,一石二鳥的なこのタイミングを見逃す手はないのだ。


実際に申し込んでみる

ペーパーレス口座開設なら手間はかからない


 では実際にSony Bank WALLET / “PlayStation”デザインを申し込んでみよう。
 申し込み場所は「こちら」の特設ページだ。口座開設と同時に,Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインも申し込める仕様である。
 なおSony Bank WALLET / “PlayStation”デザインは,このページから申し込みした場合のみ発行できるカードであり,ソニー銀行トップページからの口座開設では申し込めないので,その点は注意したい。

このページにある「口座開設・申込」を利用しよう

元々あったSony Bank WALLETのランディングページ(左)や,ソニー銀行のサービスサイト(右)からだと,Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインを申し込めない

 ソニー銀行の口座開設には,書類による申し込み書を必要としない「ペーパーレス口座開設」が導入されている。
 インターネットで口座開設を申し込むと,日本郵便から「通知書」が到着。通知書の説明にしたがって,カードの配達日時と方法(「自宅への配達」or「郵便窓口での受け取り」など)を郵便局へ連絡する。すると本人限定受取郵便でカードが届くので,そこで郵便局員に本人確認書類を提示して受け取るという形だ。全体として,申し込みから10日(※)ほど見ておけば,口座が利用可能になると考えていいだろう。

※口座開設の申し込み時に,認証方式の選択で「ワンタイムパスワード方式」を選ぶとトークン(ワンタイムパスワード生成器)の到着まで,口座開設完了+3〜5日ほどが必要となる

 ではここからは,画面写真で申し込みの手順を見ておこう。

PlayStation Store
STEP1 基本的な「お客様情報」の入力画面。連絡先の入力,届け出内容に関する宣誓,認証方式の選択などを行う

PlayStation Store
STEP2 申し込み内容の確認画面。ログインパスワードおよび暗証番号の設定もここだ。ログインパスワードは口座の管理に必要となるもので,暗証番号はキャッシュカードのものと,Visaデビットのものを個別で設定する

PlayStation Store
STEP3 申し込み受付完了画面。ここに表示される受付番号は,ソニー銀行への問い合わせなどで必要なので忘れてはいけない

 以上で申し込みそのものは完了だ。STEP1で入力したメールアドレスに口座開設の申し込みを受けた旨を記したメールが届くので,ざっと目を通しておこう。

 申し込みから2〜3日すると,口座開設手続が完了した旨を記したメールが届く。先ほど説明したとおり,あとは日本郵便からの「通知書」,そしてカードの到着を待つだけである。
 その後は,他行からの振り込みや,ATMからの入金により,開設した口座の預金残高を必要な分だけ増やしておけばいい。これで,カードを利用するための準備は完了だ。


PS Storeと連動してみる

決済方法としてクレジットカードを選んだ場合と同じ


 そんなこんなで申し込んだ口座が開設され,Sony Bank WALLETが手元に届いた後に,実際にPS Storeと連動するところも解説しておこう。

 ……といっても,実はSony Bank WALLETとPS Storeとの連動に特別なことはなにもない。冒頭で説明したとおり,デビットカードの利用手順はクレジットカードのそれと同じだからだ。SENアカウントの「お支払い方法」に,(クレジットカードを登録するのと同じ要領で)Sony Bank WALLETを登録するだけである。
 実際に画面を見てみよう。

PlayStation Store
まずはSENのWebサイトにログイン。SENアカウントを持っていない人は,このタイミングで作るといい。無料だし

PlayStation Store
ログイン後の「アカウント管理画面」にある「ダッシュボード」タブで,ウォレットへのチャージ(入金方法)を指定する「ウォレット」項目をチェック。そこにある「お支払い方法の管理」をクリック

PlayStation Store
このページで「お支払い方法」項目の「クレジットカード」を選択する

PlayStation Store
そしてこのページで,クレジットカードと同じように,Sony Bank WALLETの各種情報を入力すればOKだ

今回はSENのWebサイトから申し込む場合の画面を掲載したが,もちろん,PS4などのゲーム機から,PS Storeの設定でSony Bank WALLETの登録を行ってもいい

 今後,PS Storeなどでの買い物でウォレットチャージが必要になった場合は,新しく登録したSony Bank WALLETが利用され,それに紐付いたソニー銀行の預金口座から即時に必要な金額が引き落とされる。キャンペーン中なら【キャンペーン2】で説明したPS Storeチケット500円分がもらえるほか,以後はずっと,【特典1】で説明した2%キャッシュバックが適用されるようになる。

 なお,SENアカウントへSony Bank WALLETを登録すると,カードの有効性を確認するために100円の引き落としが発生することは覚えておきたい。あくまでも確認のためなのでこの金額は数時間から2日程度で返金されるが,登録段階で口座に残高がないとエラーになるので,その点は注意しよう。

 ちなみに(4Gamer読者ならご存じのとおり)PlayStationには「PlayStation Plus」(以下,PS Plus)という定額の有料会員サービスがあり,当該サービスの利用権の購入時にも,Sony Bank WALLETの持つ2%キャッシュバックが適用される。すでにPS Plusの会員で利用権購入のため定額を支払っている人も,Sony Bank WALLETを利用することで少しお得になるわけだ。


まずはSony Bank WALLETを作って,

「もらえるものをもらっておく」のが訓練されたゲーマーだ


モデル:楠 世蓮
Twitter→「こちら
Instagram→「こちら
 繰り返しになるが,デビットカードは,クレジットカードを持たない人や,抵抗のある人にとっての非常に有効な決済手段である。限度額が預金口座依存なので使いすぎを防止できる,対象年齢が低く審査なしという点も考慮すると,ゲームコンテンツなどの比較的少額の決済には,まさにうってつけのソリューションだ。

 「Sony Bank WALLETを作る」ことは無料で,そもそも年会費も無料なので,作って持っているだけならお金は一切かからない。そして国内のVisa加盟店における円でのショッピングでは手数料もかからないので,「損をする」ということもない。

 これらを踏まえると,なにはともあれ現在実施されているPS Storeキャンペーンを利用して「もらえるものをもらっておく」ことが吉なのではないかと,非常に育ちの良い筆者などは考えてしまう。キャンペーンは5月31日までの期間限定なので,この機会を見逃さないよう,そして余裕があればPS Storeであるかもしれない(?)ゴールデンウィークセールなどに備える意味でも,Sony Bank WALLETを入手しておくのがおすすめだ。

Sony Bank WALLET / “PlayStation”デザインを申し込む

  • 関連タイトル:

    PlayStation Store

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月19日〜07月20日