オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ATI Radeon HD 5800公式サイトへ
  • AMD
  • 発表日:2009/09/23
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AMD,HD 5800シリーズの下位モデル「ATI Radeon HD 5830」を発表。1120SP仕様
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/02/25 14:01

ニュース

AMD,HD 5800シリーズの下位モデル「ATI Radeon HD 5830」を発表。1120SP仕様

ATI Radeon HD 5800
 日本時間2010年2月25日14:01,AMDは,ATI Radeon HD 5800(以下,HD 5800)シリーズの最下位モデル「ATI Radeon HD 5830」(以下,HD 5830)を発表した。そのモデルナンバーから推測できるとおり,「ATI Radeon HD 5850」(以下,HD 5850)と「ATI Radeon HD 5770」(以下,HD 5770)の間にある,大きな性能ギャップを埋める存在だ。
 北米市場における,搭載グラフィックスカードの想定売価は250ドル以下。北米と日本とは流通事情が異なるため,単純なドル円換算はできないが,発表日時点で,国内ではHD 5850カードが3万から3万4000円程度,HD 5770搭載カードが(グラフィックスメモリ容量を問わなければ)1万4000〜1万9000円程度で販売されていることを考えるに,“ちょうどいいところ”に収まる可能性を秘めた製品といえる。

製品概要。カードベンダーオリジナルのデザインで搭載製品は登場するとのことで,リファレンスカードのイメージは灰色で塗り潰されている
ATI Radeon HD 5800
ATI Radeon HD 5800
 HD 5830の動作クロックはコア800MHz,メモリ4GHz相当(GDDR5 実クロック1GHz)。搭載するシェーダプロセッサ「Stream Processing Unit」(以下,SP)数は1120基となっている。
 HD 5800シリーズでは,80SPが1基の「SIMD Engine」を構成する仕様になっているので,SIMD Engine数は14基という計算だ。HD 5800シリーズのフルスペック仕様である「ATI Radeon HD 5870」(以下,HD 5870)の同1600基からは,SIMD Engineで6基減,HD 5850比では同4基減というわけである。
 テクスチャユニットは,SIMD Engine当たり4基(相当)が組み合わされるため,4×14で56基。SIMD Engine周りのスペックはHD 5850の8割弱,という理解でよさそうだ。

 一方,レンダーバックエンド(ROP)数は,HD 5770と同じ16基。HD 5800シリーズの上位2モデルの半分しかなく,この点は,高解像度環境におけるパフォーマンスを左右するかもしれない。

ATI Radeon HD 5800

 スペックからすると,消費電力の低減には期待が高まるところだが,実のところ最大消費電力は175Wで,HD 5850を大きく上回り,HD 5870に迫る。この値を見る限り,HD 5830は,HD 5870やHD 5850として利用できなかったCypressコアの一部を,SIMD Engine数削減&動作電圧引き上げにより,選別し直したものという理解が正しそうである。
 ただし,AMDのパートナーとなるカードベンダーのなかには,最大消費電力を(HD 5850と同じ)151Wとしているところもあり,最終的なところは,動かしてみるまで分からない。

 このほか詳細はのとおり。250ドルという,北米市場の想定売価に近い国内価格で出てくれば,面白い存在になりそうだ。

  • 関連タイトル:

    ATI Radeon HD 5800

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月17日〜09月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月