オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
あの惑星に降りよう! そこには冒険が待っている! 「SPORE」の拡張パック「SPORE ギャラクティック アドベンチャー」のレビューを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/08/06 12:00

レビュー

遊び尽くせないアドベンチャーがあなたを待っている

SPORE
ギャラクティック アドベンチャー

Text by UHAUHA

»   エレクトロニック・アーツから発売中の「SPORE ギャラクティック アドベンチャー」は,数十億年にわたる生命進化を手軽に楽しめる類例なきシミュレーションゲーム「SPORE」の拡張パック。銀河にちらばる無数の星の一つにプレイヤー自らが降り立ち,そこで繰り広げられるさまざまなアドベンチャーを楽しむという寸法だ。そんな本作に,4Gamerきっての冒険野郎といわれるUHAUHA氏がチャレンジした。



そのへんの惑星に降りて冒険を楽しめる
「SPORE」の拡張パックが登場


惑星上空から作業することしかできなかった宇宙ステージだったのに,ギャラクティック アドベンチャーを導入すると惑星に降り立てるうえ,そこにはさまざまな冒険が待っているのだ。銀河はワンダーでいっぱいだ!
SPORE ギャラクティック アドベンチャー

 顕微鏡でしか見えないちっこい単細胞生物からインテリジェンスきらめく知的生命体へ進化し,やがて地上から宇宙へ飛び出て銀河系を制覇するまでの数十億年の生命進化をそれなりに体験できるシミュレーション,「SPORE」。天才ゲームクリエイター,ウィル・ライト氏渾身の一作にして,ライト氏がどうやらゲーム制作から手を引いたらしいので,最後の作品。もっとも,個人的にはいつか帰ってくると信じているのだが。

 それはともかく,週刊連載「SPOREで作る,あなたの銀河」などで本作の魅力をお伝えしてきた筆者としても,スポアぺディア(プレイヤーが制作したクリーチャーのオンラインライブラリー)に登録されたクリーチャーが1億匹を超えたと聞いて,世界にはそんなにたくさんのプレイヤーがいるのかとあらためてビックリである。一人で100匹ぐらい登録している人もかなり多いだろうけど,まあ,凄めのタイトルであることには違いない。

多くのアドベンチャーをクリアして,ご褒美のスペシャルアイテム「艦長アクセサリー」を手に入れよう。艦長アクセサリーを装備すればするほど冒険は楽になる
SPORE ギャラクティック アドベンチャー

 さて,ここで紹介するのは,2009年6月にエレクトロニック・アーツから発売となった,そんなSPOREの拡張パック「SPORE ギャラクティック アドベンチャー」である。
 昨年12月に発売された,「SPOREクリーピー&キュートパーツパック」に続く拡張パック第二弾で,今回は「宇宙ステージ」でプレイヤーの操る艦長(クリーチャーキャプテン)が惑星に降り立ち,そこで冒険が繰り広げられるというものだ。ご存じのように,これまでの宇宙ステージでは,宇宙船に乗ったまま地上を探索したり,攻撃をしかけたりするだけしかできなかったが,今回は二本の足で大地にすっくと立つことができるわけだ。いやほら,クリーチャーによっては足が二本じゃない場合もあるけど。

 念のため書いておくが,ギャラクティック アドベンチャーをプレイするには別途SPORE本編が必要となる。また,ギャラクティック アドベンチャーの購入は,エレクトロニック・アーツが運営するオンラインストア「EA STORE」,あるいはPC版のパッケージ販売を行っている「Amazon.co.jp」で購入する必要があり,店頭では購入できないので注意しよう。

外国人の作成したアドベンチャーのテキストは英語ばかりだ。でも,目標だけは日本語でバッチリ表示されるから大丈夫だね
SPORE ギャラクティック アドベンチャー

 ギャラクティック アドベンチャーを導入すると,最初のメニュー画面に「ギャラクティック アドベンチャーメニュー」が登場する。この中には「クイックプレイ」「アドベンチャークリエイター」,そして「アドベンチャーの編集」の三つのモードが用意されているという趣向だ。もちろん,SPORE本編(SPORE クリーピー&キュートパーツパック含む)も今までどおり楽しめるので,「冒険などより,ひたすら進化したいんだオレは」という人も安心してほしい。というか,そういう人は買わないか。

SPORE ギャラクティック アドベンチャー
宇宙ステージの銀河マップ。アドベンチャーのある惑星には旗マークがついている。また,アドベンチャーは何度でも挑戦できる
SPORE ギャラクティック アドベンチャー
スポアぺディアには沢山のアドベンチャーが登録されている。プレイ回数,評価,難度が分かるので,これは! と思ったら挑戦だ


宇宙ステージにオリジナルアドベンチャーも登場!
無数に用意されたアドベンチャーを楽しもう


 ゲームに用意されているのはMaxisが制作したアドベンチャーだけでなく,スポアぺディアに登録されているものも自動的に出てくる。つまり自分や,どこかの誰かが作ったアドベンチャーがゲームの一部として自然に登場してしまうわけで,プレイできるアドベンチャーは無限といってもいいのだ。いやー,凄いスケール。

宇宙船から惑星に転送された艦長を操って,さまざまな冒険に挑戦するのだったらするのだ。今までの宇宙ステージとは違い,見た目も操作性も集落ステージそのものなので戸惑うことはないはずだ
SPORE ギャラクティック アドベンチャー

 アドベンチャーには「戦士」「狂言者」「シャーマン」「外交官」「貿易商」「科学者」「吟遊詩人」,そして「エコロジスト」の八つのテーマがあり,内容はそれらに沿ったものになっている。アドベンチャーを始めると,惑星に降り立った艦長に対し「〜に近づく」「〜に話しかける」「〜を確保する」「〜を〜に渡す」「〜を全滅させる」といった指示が出て,それらをクリアしていくのがプレイヤーの仕事。すべきことが複数ある場合がほとんどで,すべての目標をクリアするとミッション完了,もしくは次の章へと進んでいけるというダンドリだ。

 数分で終わるものから全8章で構成された長編までと,アドベンチャーはさまざま,その内容も戦闘ではなくコミュニケーションを重視したもの,逆に戦闘をきちんとこなさなければならないもの,そしてパズル要素を含んだものなど,内容もバリエーションに富んでいる。

アドベンチャーは,指示された目標を一つずつ達成していけばいい。行くべき場所もミニマップ上に表示されるから迷うことはない
SPORE ギャラクティック アドベンチャー

 とはいえ,中には単純すぎるものもあるし,ちょっとどうかなと思うようなものもあり,これはまあ普通のプレイヤーが作った作品も混じっているからだ。とはいえ,絶妙な難度がお見事だったり,引き込まれるようなストーリーを持っていたりと,全体的にレベルは高い印象。ちなみに,プレイヤーオリジナルのアドベンチャーをクリアすると,最後に面白かったかどうかの評価を付けられる。

 なお,アドベンチャーをクリアすると最大で100ポイント(難度により違いがある)が加算され,一定ポイントに達すると艦長レベルが上がってアクセサリーが次々にアンロックされていく。アクセサリーは八つのテーマごとに用意されており,すべてをアンロックすると,そのテーマの「アビリティ」を利用できるようになる。アビリティのなんたるかは,SPOREプレイヤーならよくご存じだろう。

「攻撃スタンス」重視の艦長では「社交スタンス」を利用するアドベンチャーが達成できない場合も多い。きっぱり諦めるのも肝心だ
SPORE ギャラクティック アドベンチャー

 ギャラクティック アドベンチャーは宇宙ステージを拡張するものなので,ポイントやアンロックされたアクセサリーは艦長として使用したクリーチャーごとに管理されている。そのため,あるクリーチャーでアンロックしたアクセサリーを別のクリーチャーで使うことはできない。

 ギャラクティック アドベンチャーメニューのクイックプレイを選ぶと,スポアぺディアに登録されているアドベンチャーからダイレクトに選択できる。そのアドベンチャーがどれくらいプレイされたか,評価はどうか,難度や獲得できるポイントなどは,といったことが分かるようになっているので,面白そうなものがあれば挑戦してみよう。

●いかしたアドベンチャーをピックアップ

決められた艦長を使い,アリーナで凶暴なクリーチャー達を決められた数だけ撃破する。艦長と敵の強さのバランスが見事で,真正面から戦っても生き残れない感じ
SPORE ギャラクティック アドベンチャー
仲の悪い二つの一族の間に入って戦争を食い止める。公爵は「娘が誘拐されたから敵を皆殺しにする」といっていたが,実は……プレイしてからのお楽しみだ
SPORE ギャラクティック アドベンチャー
寺院を攻撃してくるブラッククローの狂言者達からファロア僧侶を守る護衛任務。ファロア僧侶が倒されないようにしっかり護衛しよう
SPORE ギャラクティック アドベンチャー
次々わいてくるクリーチャーを蹴散らしながら,宝石を拾い集めていく。いくつかのフィールド(章)に分かれていて,敵がだんだん強くなっていく
SPORE ギャラクティック アドベンチャー


世界中のプレイヤーを唸らせる
オリジナルアドベンチャーを作ろう!


 アドベンチャークリエイターを使えば,自分だけのオリジナルアドベンチャーが作成できる。完成したアドベンチャーはスポアぺディアに登録され,どこかの誰かのゲームに登場する。そのうち,どれだけの人が遊んだのか,出来映えをどう思われているのかなどが分かってしまう仕掛けなので,ちょっとドキドキである。

キャストに目標カードを関連づけして冒険を組み立てていく。単純な行動の組み合わせなので,何も考えないでつなげると単なる“おつかい”ミッションになりかねない。頭の中できちんとストーリーが描かれていないと,アドベンチャーを組み立てるのは難しいだろう
SPORE ギャラクティック アドベンチャー

 ベースとなる惑星がたくさん用意されており,サイズの変更こそできないものの,テラフォームモードで丘や山脈,大陸や島,海や湖,道路,天候,惑星の色,植生などを好みに合わせて調整できる。惑星全体を使ったシナリオだけでなく,例えば章ごとに異なる場所を使ったりすることも可能と,惑星をどう活用するかは,クリエイターとしての腕の見せ所だ。

 艦長は冒険のスタート位置に配置するが,決められたクリーチャーにするのか,プレイヤーが選択できるようにするのかなどが設定できる。また,艦長と行動を共にする乗組員クリーチャーを三匹まで追加可能だ。艦長以外のクリーチャー,ビークル,建物,固定オブジェクト(木や岩など),ゲームプレイオブジェクト(回復&パワーアップアイテム,鍵など),音声,効果(爆発や雨など)はすべて“キャスト”と呼ばれる。つまり,必要なキャストを惑星上に配置していくことが基本となる。

 キャストそれぞれに「個性」(平和的,中立,知性なし,縄張り意識あり,攻撃的)の設定,状況を察知できる範囲を決める「認識度」,移動速度となる「スピード」,与えるダメージを調整する「ダメージボーナス」など,さまざまな項目をかなり細かく調整でき,これらの組み合わせによってキャストの個性を作り上げていくわけだ。また,セリフや字幕もキャストごとに割り当てることができ,テキストは吹き出しの形で表示される。

SPORE ギャラクティック アドベンチャー
冒険の途中で死ぬと最初からやり直しだ。長いアドベンチャーで死ぬと悲しい。チェックポイントから復帰できる機能がほしかった
SPORE ギャラクティック アドベンチャー
大量のクリーチャーを登場させ,与えるダメージを調整すれば,バッサバッサと倒しまくるアドベンチャーができる。SPORE無双と名づけよう

 さて,ストーリーを作るためには,「近づく」「倒す/破壊する」「仲良くなる」といった11種類の「目標カード」が用意されている。例えば,仲良くなるなら,キャストと仲良くなることで目標達成となり,渡すならば設定したオブジェクトを拾って指定したキャストに渡せば目標達成になるわけだ。

 複数のキャストに対して目標を設定することもでき,キャストのチーム行動やパターン,復活の時間などを組み合わせることで,倒しても倒しても襲ってくるクリーチャーなどが作れる。
 要するに,配置した艦長とキャストを目標カードで関連づけて,ストーリーの流れを作っていくことになり,文章にするとちょっと面倒に聞こえるかもしれないが,やってみればとても単純だ(いくらか話をはしょっているが)。

 もっとも,いきなり大長編大河アドベンチャーを作るのはやはり難しい。まずはMaxisが用意したアドベンチャーや他のプレイヤーが作成したアドベンチャーを試したり,「アドベンチャーの編集」でどんな作りになっているのかを参考にするといいかもしれない。

SPORE ギャラクティック アドベンチャー
艦長アクセサリーの装着は「艦長服装クリエイター」で行う。艦長アクセサリーは強力なものばかりなので,入手したら必ず装備しておきたい
SPORE ギャラクティック アドベンチャー
一番頭を悩ませるのは吹き出し表示されるセリフかもしれない。登場するクリーチャー全員に用意する必要はないが,要所で使用すると効果的


SPOREを持っているなら,導入して損はない


とんでもない仕掛けを持ったアドベンチャーもある。気になるアドベンチャーがあったら,エディタで解析して,オリジナルアドベンチャー作りに生かそう。これもSPOREならではの楽しみ方である
SPORE ギャラクティック アドベンチャー

 かくいう筆者も,いくつかアドベンチャーを作ってみた。かなり簡単に作業は進むのだが,割り当てられる目標カードが11種類と少ないせいか,単純に組み合わせてしまうと,「〜に会って」「〜を拾って」といった感じの単調な展開になりがちだ。
 目的地に行く途中でクリーチャーに襲われたり,誰かと会話があったりなど,冒険をワクワクさせる要素を組み込んだりするといいかもしれないと思うが,なかなか難しい。

 プレイヤーの気持ちを引きつけるようなテキストを考えるのも大変だし,ぶっちゃけ,自分で作ったアドベンチャーで「うまくできた」「面白い」と感じたことは一度もなく,楽しんで遊んでもらえる作品を作るのは非常に大変なのだ。こればかりは,自分のセンスのなさにガッカリするしかない。とほほ。

SPORE ギャラクティック アドベンチャー
場所の使い方や,アドベンチャーのまとめ方など,Maxisの作成したアドベンチャーは非常に勉強になる。ただプレイしていても楽しいし
SPORE ギャラクティック アドベンチャー
見知らぬ誰かが作ったアドベンチャーがあなたのゲームに登場する。冒険は無限に用意されており,毎日プレイしても遊び尽くせない

 ギャラクティック アドベンチャーを導入すると宇宙ステージのお楽しみが各段に向上する。オリジナルアドベンチャーをわざわざ作らなくても,ネット上に無数にあるアドベンチャーが楽しめるので,SPOREで遊んでいるのであれば導入しておいて損はないだろう。

 多くの人が楽しめるオリジナルアドベンチャーを作るのは一筋縄ではいかないが,誰かが作ったアドベンチャーを参考にしたり,気に入らないところを手直しして楽しんだりできる。このような遊び方が可能なのも,UCC(コーヒーではなく,User Created Contentのこと)との連携を十分に考えてデザインされたSPOREならではだろう。ギャラクティック アドベンチャーを導入して,宇宙を股にはさんだ,じゃなくて股に掛けた壮大な冒険を楽しんでみよう。

キャストを並べているだけなのに,ここまで雰囲気のあるステージを作れる。こればかりはグラフィックスセンスが問われる
SPORE ギャラクティック アドベンチャー
アドベンチャーの中にはSPOREらしくないものや,ときには未完成? 実験? と思えるようなものも出てきたりして実に楽しい
SPORE ギャラクティック アドベンチャー

SPORE ギャラクティック アドベンチャー
余談だが,2009年7月に「Patch 5」(日本語版は「パッチ1.05」)が公開された。このパッチ,日本語公式サイトではとくに触れられていないが(なんでだ!),左右非対称クリーチャーが作成可能になるという大きな変更点が加えられている。やり方は本家公式フォーラムに載っているので,英語が分かる人はチャレンジしてみよう。GA購入者はパッチ導入前に,こちらのサポートも読んでおこう
SPORE ギャラクティック アドベンチャー SPORE ギャラクティック アドベンチャー
SPORE ギャラクティック アドベンチャー SPORE ギャラクティック アドベンチャー
  • 関連タイトル:

    SPORE ギャラクティック アドベンチャー

  • 関連タイトル:

    SPORE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月18日〜04月19日