オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
幻想水滸伝ティアクライス公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2008/12/18
  • 価格:5500円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
81
投稿数:4
レビューを投稿する
海外での評価
76
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/10/12 14:10

イベント

[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート

画像(002)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート
 ニンテンドーDS用タイトル「幻想水滸伝ティアクライス」は,KONAMIを代表するRPG「幻想水滸伝」シリーズの最新作。これまでにRPG5作品と,いくつかの外伝的作品がリリースされているが,本作は,いわゆるナンバリングタイトルではないので,従来作を遊んだことがある人はもちろん,未プレイの人でも十分楽しめるようになっている。


画像(001)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート
 幻想水滸伝シリーズ本編は基本的に,イベントをこなしつつストーリーを進めていく,オーソドックスなスタイルのRPG。戦闘はコマンド選択式で,通常攻撃だけでなく魔法にあたる紋章攻撃を行えたり,特定条件を満たすと仲間との協力攻撃もできる。そして最大の特徴は,ゲームのタイトルにもなっている“水滸伝”と同じく,全部で108人ものキャラが登場し,仲間にできることだ。その中から選んだ,主人公を含むメンバー達でパーティを組み,戦闘をクリアしながら物語を進行させるのだ。

 今回の幻想水滸伝ティアクライスは,ナンバリングタイトルではないものの,ジャンルとしてはRPGとなっており,本編に準ずる扱いになっているようだ。KONAMIブースの試遊台に用意されていたのはTGS 2008特別バージョンで,序盤が楽しめる“旅立ちの章”と,中盤が体験可能な“激闘の章”のいずれかがプレイできる。プレイの制限時間は20分と決められていたが,遊びやすいゲームなので,比較的余裕を持ってプレイできた。今回は,ストーリーがどのようにして始まるのかを見るために,“旅立ちの章”をチョイスしてみた。

 データをロードすると,フィールドで敵に襲われるシーンから始まる。敵は“もさもさ”で,シリーズを遊んだことのある人なら,序盤に登場する弱い敵だということがわかるはず。戦闘は,従来作と同じくコマンド選択方式。最初に“自動攻撃”か“個別に入力”を選ぶことになるが,自動攻撃ならコンピュータが判断して自動的に敵を攻撃してくれるのでラクチンだ。またAIが,思ったよりも的確に判断して攻撃していたので,よほどのことがない限り任せっぱなしでもいいかもしれない。一方の個別入力なら,どの敵を攻撃するかや,防御をするか,協力攻撃を繰り出すかなどが選択できる。

画像(003)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート 画像(004)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート 画像(005)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート

 シリーズの特徴である協力攻撃は,この時点では仲間4人で敵1体を総攻撃する“自警団攻撃”しか選べなかったが,実行すると派手な演出と共に,仲間が次々と敵へ攻撃していく。なお,戦闘シーンでは上画面に各キャラのステータスが表示され,下画面にコマンドや3Dキャラが戦う戦闘模様が映し出される。2画面が有効活用されているので,思ったほど画面の狭さを感じることはなかった。

 何度か戦闘を繰り返しながら先へと進むとイベントが発生し,下画面にムービーが流れる。ムービーのクオリティはかなり高く,これがニンテンドーDS用なのかと,一瞬疑ってしまったほど。これならば,先々ムービーが入るイベントを見るのが楽しみになり,プレイのモチベーションも高まるというもの。
 その後,パーティは森の遺跡へと向かうことになったのだが,そこに入った途端に中ボスと思われる敵との戦闘が始まる。1体しか出現しないものの,HPが高いため倒すのに苦労した。協力攻撃やアイテムなどを駆使し,何とか中ボスを倒したところで,体験プレイは終了となった。

画像(006)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート 画像(007)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート 画像(008)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート

 シリーズ経験者として一通りプレイしてみた印象は,従来作と違って主人公がしゃべるようになったため,物語の展開そのものに目新しさが感じられるな,ということ。もちろん,主人公の名前は今までどおりプレイヤーが任意で入力できる。また従来作と同じく,「本拠地」や108人の仲間などは登場するが,戦闘中のコマンドで今まで“紋章”だったコマンドが,本作では“星の印”という表記になっていたのが気になった。このあたりが,シリーズ本編との大きな違いとなってきそうな気がする。

 なお,体験プレイコーナーを出るときに,本作に登場するメインキャラが描かれたポストカードを収録した冊子がもらえた。数に限りがあるとのことなので,入手できた人は,大事にしておくといいだろう。

画像(009)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート 画像(010)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート 画像(011)[TGS 2008#091]108人の“星を宿す者”が新たな物語を紡ぎ出す。「幻想水滸伝ティアクライス」試遊レポート

 まだまだ未公開情報が多いものの,本作では登場人物も一新されているので,「遊んでみたいけど,過去作の登場人物が覚えられないから手が出しづらい……」と思っていた人には,良いタイトルかもしれない。発売日が12月18日に決定し,予約すれば豪華な特典が付いてくるとのことで,シリーズファンにとっても待ち遠しい1本ではないだろうか。
  • 関連タイトル:

    幻想水滸伝ティアクライス

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/05/04)
幻想水滸伝ティアクライス 特典 スペシャルドラマCD付き
Video Games
発売日:2008/12/18
価格:¥3,580円(Amazon) / 284円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月25日〜11月26日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月