オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
リーグ・オブ・レジェンド公式サイトへ
  • Riot Games
  • 発売日:2009/10/27
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
87
投稿数:70
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/26 18:10

ニュース

「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに

 ライアットゲームズは本日(2018年12月26日),サービス中のMOBA「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグである「League of Legends Japan League 2019」(以下,LJL 2019) の新たな施策を発表した。

画像(016)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに

「リーグ・オブ・レジェンド」公式サイト


 11月30日に掲載した記事でもお伝えしたように,「LJL Challenger Series」の開催中止や参加チームの一般募集など, LJL 2019へ向けての改革を進めていたライアットゲームズだが,新発表の骨子は以下のようなもの。

 まず,今後のLJL 2019の運営はライアットゲームズに加えて,吉本興業の子会社であるよしもとクリエティブ・エージェンシーと,ゲーム産業に特化したクリエイティブエージェンシーであるプレイブレーンによる3社協同で行われるという。2020年以降もこの3社体制を維持するかについては発表されていないものの,ライアットゲームズは,運営体制を大幅に強化することによって世界に比肩するeスポーツ文化を作り出すとしている。
 なお,開幕戦は2019年1月19日に開催され,チケットの販売は2018年12月27日10:00にスタートするという。

 また,昨シーズンの5チームに一般公募で選ばれた3チームを加えた,全8チームで戦われることも明らかになった。LJL2019ではさらに,チームおよび選手を対象にした賞金も設けられ,賞金総額は2700万円とのこと。

 さらに,LJL2019の全試合がヨシモト∞ホールで実施されることも発表されている。座席数はおよそ220席で,設置された大型ディスプレイで試合の模様を観戦できると同時に,試合中の選手の表情や,選手同士のコミュニケーションも聞くことができるという。
 詳細は,以下のリリース文を参照してほしい。

画像(017)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>



リーグ・オブ・レジェンド、2019年国内プロリーグについて
『League of Legends Japan League2019』
ライアットゲームズ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、プレイブレーン
3社共同によるリーグ運営が決定!


●新たに3チームが加わり全8チームに
●賞金総額2,700万円
●全試合をヨシモト∞ホールで実施
【開幕戦】2019年1月19日(土)
チケットは明日12月27日(木)午前10時より販売開始

合同会社ライアットゲームズ(東京都港区、社長/CEO:小宮山 真司、以下:ライアットゲームズ)、株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京都新宿区、代表取締役社長:藤原 寛、以下:よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、株式会社プレイブレーン(東京都渋谷区、社長:シタール・マイケル、以下:プレイブレーン)の3社は、2019年に実施するPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」(League of Legends)の国内プロリーグ『League of Legends Japan League2019』(以下、LJL2019)を共同で運営することを決定しました。


■3社パートナーシップによるリーグ運営
〜ファンが熱狂できる体験を提供し、世界レベルのeスポーツ文化を創り出す〜

LJLでは、近年加速する世界的なeスポーツの拡大と競技レベルの向上を鑑み、世界と比肩するeスポーツ文化を創り出すため、運営体制を大幅に強化します。成長戦略の柱に「競争力・体験・エコシステム」の3つを掲げ、選手やチームの競争力向上はもちろんのこと、よりエキサイティングでより身近なeスポーツ体験を提供します。また、リーグをはじめ全てのチームが、サステナブルな組織となるため強固なエコシステムの構築を目指すなど、あらゆる面で強化を図ってまいります。
LJL2019では、その第一歩として、ライアットゲームズ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、プレイブレーンの3社パートナーシップによる、リーグの共同運営を決定しました。0から価値を生み出すよしもとクリエイティブ・エージェンシーのアイディアと企画力、コンテンツの基本となるたしかな放送クオリティと技術をもつプレイブレーン、タイトルを運営するライアットゲームズ、3社が融合することでLJLは、これまでにないよりエキサイティングなスポーツエンターテイメントへと生まれ変わります。LJL2019にどうぞご期待ください。

【LJL2019の戦略3本柱】
「競争力」―世界レベルのeスポーツ実現に向け、あらゆる競争力を向上させる。
「体験」―eスポーツをよりエキサイティングに、そしてより身近となる体験を提供する。
「エコシステム」―選手・チームの成長を促す、ビジネスプラットフォームとしてのプロリーグを確立する。

画像(001)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
画像(002)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに


●LJLは全8チームに。
LJLは2016年の発足以来、Spring Split、Summer Splitの各シーズン6チームで実施してまいりましたが、「LJL2019」からは全8チームとなります。「LJL2019」は、昨シーズンの5チーム「Unsold Stuff Gaming」、「Crest Gaming Act」、「DetonatioN FocusMe」、「Burning Core」、「V3esports」と、この度公募により決定した3チーム「AXIZ」、「Sengoku Gaming」、「Rascal Jester」の全8チームで開催します。


■『LJL2019』参加8チーム

AXIZ(アクシズ/AXZ)★新規参入チーム
画像(003)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
日本テレビ100%子会社であるアックスエンターテインメント株式会社が運営するマルチゲーミングチーム。チーム名は「軸」という意味の英単語をアレンジしており、eスポーツシーンにおいて軸・中心的な存在でありたいという願いが込められている。チームロゴは天高くのびる牙を持つ動物「イッカク」がモチーフ。LJL初参戦。

HP:https://axiz.gg/
Twitter:https://twitter.com/AXIZ_gg


Sengoku Gaming(センゴク ゲーミング/SG)★新規参入チーム
画像(004)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
福岡が拠点の、若手選手の育成に重点を置いたプロゲーミングチーム。LoLを含め複数のチームが活動しており、国内だけでなく世界で活躍出来るチーム作りを目指す。地元ではゲーミングカフェ SG.LANを運営。

HP:https://sengokugaming.com/
Twitter:https://twitter.com/Sengoku_Gaming


Rascal Jester(ラスカルジェスター/RJ)★新規参入チーム
画像(005)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
Rascal Jesterは2013年から活動しているプロゲーミングチーム。過去にLJLに参戦していたこともあり、この度メンバーを一新し新たに参加することが決定。常にチャレンジを続け、よりよいパフォーマンスを発揮するため、選手全員で試合に臨む。

HP:http://rascaljester.com/
Twitter:https://twitter.com/rascaljester


Unsold Stuff Gaming(アンソールド スタッフ ゲーミング/USG)
画像(006)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
Unsold Stuff Gamingは、1つのことに時間をかけて一生懸命に打ち込んできた体験は、どのような体験でも平等に評価されるべきと信じている。彼らは、いわゆる「ゲーマー」と呼ばれ、世間であまりよくない(売れ残り)印象があるというイメージを払拭するために戦う。LJLには2016年より参戦。

HP:http://unsoldstuffgaming.com/
Twitter:https://twitter.com/unsoldstuff


Crest Gaming Act(クレスト ゲーミング アクト/CGA)
画像(007)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
Crest Gamingは2016年に設立された、マルチプロゲーミングチーム。 Crestは「極致」からの由来で、「常に上を目指し、極め続ける」という意味が込められている。常に“Action”を起こし続けるCGAは、時代を変える“Active”なパフォーマンスで観客を魅了する。

HP:http://crestgaming.com/
Twitter:https://twitter.com/crest_gaming


DetonatioN FocusMe(デトネーション フォーカスミー/DFM)
画像(008)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
DetonatioN FocusMeは、世界大会出場経験のある国内トップレベルのプロeスポーツ『DetonatioN Gaming』のLoL部門。2018年は、世界大会 Worldsに出場し、世界の強豪チームを相手に好成績を収めた。LJL2019では、更なる高みを目指す。

HP:http://team-detonation.net/
Twitter:https://twitter.com/team_detonation


BurningCore(バーニングコア/BC)
画像(009)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
Burning Coreは日本におけるリーグ・オブ・レジェンド及びe-sportsの発展を理念に掲げるプロゲーミングチーム。プロシーンの活性化のため、日本だけではなく、世界でも活躍できるチームとなるよう、選手たちがゲーミングハウスで暮らし、日々練習を重ねている。プレイスキルだけではなく、チームとしての協調性、日々の生活においてもすべての人を敬い、模範となるプレイヤーとなるよう活動する。

HP:http://burning-core.com/
Twitter:https://twitter.com/burning_core


V3esports(ブイスリーイースポーツ/V3)
画像(010)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
V3 esportsは、2017年に設立された、マルチプロゲーミングチーム。集団戦での互いを助け合うメンバー間の連携は必見だ。各選手の強烈な個性が融合して生み出す、試合展開に注目。LJLには2017より参加。

HP:http://v3esports.com/
Twitter:https://twitter.com/v3esportsjp


●賞金・MVP 賞の新設
画像(011)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
「LJL2019」では、チームおよび選手を対象に新たに賞金を設けます。2019年の賞金総額は2,700万円で、Spring Split と Summer Split それぞれの優勝チームに1,000万円を授与します。また、MVP 賞として各ポジションから選出されたプレイヤー5名に5万円ずつ、さらに最優秀プレイヤー1名に5万円をWeekごとに授与します。
優勝賞金:1,000万円 *Spring、Summer各Split上位1チーム
MVP 賞:5万円 *Weekごとに各ポジションから5名選出。さらに、各Weekの最優秀プレイヤー1名に5万円授与。



●新しい試合会場「ヨシモト∞ホール」でリーグ戦全試合を実施
画像(012)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに

「LJL2019」は全ての試合を「ヨシモト∞ホール」で実施します。会場の座席数はおよそ220席で、チケットはオンラインサイト(チケットよしもと/Amazon「LJL」特設ページ)で販売します。会場内には、大型モニターを設置し迫力のある試合映像を実況・解説とともにお楽しみいただけます。また、観戦席からは試合中の選手の表情が見えるほか、試合中の選手同士の白熱したコミュニケーションなども聞くこともできます。そのほか、会場では関連グッズの販売やファンミーティングなど、来場者にお楽しみいただけるコンテンツを企画しています。*会場の座席数は今後
変更となる場合がございます。
◇ヨシモト∞ホール:http://www.yoshimoto.co.jp/mugendai/theater.php


●Twitchで独占配信が決定。どなたでも無料で観戦できます
「LJL2019」は、全ての試合を動画配信プラットフォーム「Twitch」のLJL公式チャンネルでLIVE放送します。お手持ちのPCやスマートフォンなどの各種デバイスより、どなたでも無料で観戦することができます。
◇LJL公式Twitchチャンネル:https://www.twitch.tv/riotgamesjp


●AmazonでLJL特設ページがOPEN
Amazonのサイト上に、LJLの特設ページがOPENします。12月27日(木)よりLJL2019の観戦チケットが購入可能になるほか、今後LJL公式グッズを販売する予定です。
◇Amazon「LJL」特設ページ:https://www.amazon.co.jp/LJL


●主な試合フォーマットの変更

LJL2018 全6チームによる【BO3(ダブルラウンド)】形式で実施。
※全6チームによる2本先取制の総当たり戦を2回実施。
画像(013)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
LJL2019 全8チームによる【BO1(トリプルラウンド)】形式で実施。
※全8チームによる1本先取制の総当たり戦を3回実施。


●放送キャスターご紹介
<実況>eyes(アイズ)
画像(014)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
元々LoLの実況を趣味で行っていたが、LJL発足よりトップリーグ全試合を含む、多くの試合の実況を担当するようになる。試合中のターニングポイントとなる局面でのシャウト実況は、eスポーツ初心者もハマるLJL名物となっている。パートナーの Revol 氏との絶妙な掛け合いは必聴。


<解説>Revol(レボル)
画像(015)「リーグ・オブ・レジェンド」の国内プロリーグ「LJL 2019」の新たな施策を発表。3社協同のリーグ運営や開幕日などが明らかに
国内サーバーができる前から国内はもちろんのこと海外の試合も含め年間1,000試合以上をチェックするLoLマニア。確かな知識に基づく予言にも近い解説は、玄人ファンをもうならせる。


■「LJL2019SpringSplit」開催概要
名称:LJL2019SpringSplit
主催:合同会社ライアットゲームズ
運営:株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー、株式会社プレイブレーン

試合日程:レギュラーシーズン(Week1-Week11)
2019年1月19日(土)〜3月22日(金)

プレイオフ(SemiFinal/Final)
2019年4月6日(土)/4月13日(土)

試合形式:レギュラーシーズン(Week1-Week11)
BO1(1試合先取制)*全8チームによる総当たり戦を3回実施。
プレイオフ(SemiFinal/Final)
BO5(3試合先取制)*上位3チームによるトーナメントを開催

優勝賞金:1,000万円

観戦方法:スタジオ観戦
【会場】ヨシモト∞ホール(東京都渋谷区)※座席数およそ220席
【チケットサイト】
http://yoshimoto.funity.jp/(チケットよしもと)
https://www.amazon.co.jp/LJL(Amazon「LJL」特設ページ)

オンライン観戦
LJL公式Twitchチャンネル:https://www.twitch.tv/riotgamesjp
※すべての試合をLIVE放送します。どなたでも無料で観戦いただけます。

関連サイト:LJL公式ホームページ:https://jp.lolesports.com/
LJL公式Twitter:https://twitter.com/Official_LJL
LJL公式Youtube:https://www.youtube.com/c/LoLeSportsJP
※Youtubeチャンネルには試合動画のアーカイブを随時アップします。

※選手情報および、開幕戦のスターティングメンバーは1月16日(水)に発表予定です。
  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・レジェンド

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月22日〜03月23日