オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
SIREN: New Translation公式サイトへ
読者の評価
73
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

  • 概要
  • ニュース(4)
  • 特集(0)
  • レビュー(0)
  • 体験版(0)
  • ムービー(0)
  • 読者レビュー(3)

SIREN: New Translation

SIREN: New Translation
公式サイト http://www.jp.playstation.com/scej/title/siren_nt/
発売元 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
開発元
発売日 2008/07/24
価格 5980円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
73
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • SIRENの先 85
    良い点
    筆者は1作目からの大ファンである。
    ストーリーとして補完しきれなかったことをこの「新訳」で描くとのことだったが、なるほどどうしてすばらしい出来だと思う。
    1作目の評価はおおむね、魅力的なストーリーと恐怖演出がある反面、難しい操作性とパターンのある敵のおかげで単調という評価であろうし、私もそう思う。

    今回の挑戦はそれらを打ち崩せるかといえばそうでもない、実際敵は単調だし、パターンもある、が、強力なプッシュアップとして物語の求心力がある、これぞ日本のゲーム!
    SIRENという物語が描くのは何であるか?
    恐怖であり、極限の物語であり、その結果の感動である。
    デザイナーの言いたい運命論や次元論、そういったさまざまな哲学がこの作品にはつまっており、それを表現するためにすべてがあるように筆者は感じる。
    悪い点
    バランスは前作、2よりもよいと思われる。
    ヒントの出し方も丁寧であり、やっていてストレスはないが、あの地獄とも言える高難易度を攻略する意気込みをもつ人からみれば、これは改悪なのかもしれない。
    なので、パズル性はもはやなく、やる気であればハックアンドスラッシュばりの力押しも可能である。

    物語を見せることに終始し、システム面の改良もあまりない。
    1の経験者ならばストーリーも含めて1が最高の出来と思う人も少なくないと思う。
    総評
    この作品の重要なところは、デザイナーの物語があってそれを表現するために舞台を整えたということである。
    同じやり方で世界ヒットを飛ばしているのはMGS4というところだろうか、この手の作品の良いところはマーケティングを間違えなければファンが必ずつくところにある。
    日本のゲームにはここがかけているのは事実である。
    王道で量産されるだけの物語にはうんざりだし、お金を払って似たような少年少女のお話なぞ聞きたくもない。
    とがっている作品を出せとは言わないが、量産体制をやめるのもまた勇気なのだと私は思う。

    マーケティングといえば、この作品はゲーム業界初であろう1話配信形式で売り出してもいる。これはまったく新しい挑戦でありながら、とても楽しめた。
    一話の単位が比較的短いため、1日ごとに楽しめ毎日の配信が楽しみだった。
    おそらくコスト的には採算はとれないのだろうが、こういった小出しにする方法もありなのだと思う。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 5 2
  • SIREN: New Translation  70
    • 投稿者:中卒太郎(男性/20代)
    • 投稿日:2008/12/21
    良い点
    さすがPS3のことだけあって、リアルすぎて怖い。

    前作SIRENの様に絡み合ったストーリーでは無く、その面、越したら次の面にいける。

    武器がいっぱい落ちてる事ですね。
    悪い点
    敵が一緒の顔で、またお前かwwwwって感じになり、怖く無くなる

    視界ジャックが使いにくい。

    ラスボスは弱い、
    総評
    SIREN最新作のゲームです。
    SIRENファンなら絶対に買うゲームだと思う一品ですね。

    バイオハザードやサイレントヒルのような全く違う、恐怖を味わえる。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 3 4
  • 闇の中、逃れられない恐怖 65
    • 投稿者:(有)(男性/20代)
    • 投稿日:2008/10/08
    良い点
    ・美麗なグラフィックの醸し出す、リアルな恐怖感
    プラットフォームが次世代機に移った事でグラフィックがより強化され、さらに恐怖を演出してくれる。辺りに落ちているオブジェクトなどは妙にリアル。

    ・武器の多さ
    登場する武器が多く、強力なものからほとんど役に立たないものまで様々。一度拾った武器は「武器アーカイブス」に登録され、閲覧できる。
    悪い点
    ・ボリュームの問題
    登場人物があまり多くなく、登場するステージも使い回しのものが多かった。

    ・視界ジャック
    敵の視界を奪える「視界ジャック」システムが使いづらくなっているように思えた。一度に登録できる視界は3つまでで、登録した視界が一度に全て画面上に表示されるので見づらい。

    ・ゲーム性の変化
    前作までと違い、武器で敵を強引に倒していくだけでもなんとかなってしまうステージがあるのが気がかり。

    ・恐怖を煽る演出の弊害
    恐怖感を高めるための演出かもしれないが、真っ暗で何も見えない場所が多々あった。
    総評
    グラフィックは進化したが、その分ボリュームやシステムの奥深さが薄まってしまった印象。同じようなステージばかりなので、代り映えもしないため、すぐに飽きてしまうかもしれない。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 2 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日