オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Dungeon & Hero
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/01/06 21:09

ニュース

[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介

 App Storeでリリースされた新作ゲームのうち,気になるタイトルをピックアップして紹介していく「iPhone/iPod touch向け新作ゲーム情報」。2009年の最初となる今回は,年末年始に登場した多数の作品からとくに気になった6タイトルを取り上げよう。

 まず最初に紹介する「Dungeon & Hero」(600円)は,イースシリーズを彷彿させるファンタジーアクションRPG。特性の異なる3種類のキャラクター「Knight」「Elf」「Wizard」のいずれかとなり,「Mitheland Empire」という名の帝国を魔の手から救うという内容だ。

画像(002)[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介


 iPhone/iPod touch用RPGといえば,以前「フェノア戦記2」紹介したが,その作品と比べるとレベルを上げたり,ゲーム内通貨が溜まったりするペースがずっと早く,カジュアルゲーマーにも取り組みやすい。ただし,HPが0になると即ゲームオーバーとなるので,こまめなセーブをお忘れなく。

 一方,フェノア戦記2は先日のアップデートでゲーム全体のパフォーマンスが向上しており,それと比べるとDungeon & Heroの動作はやや緩慢な印象だ。今後のアップデートで改善されることに期待したい。
 なお,Dungeon & Heroは英語版のアプリで,画面表示はすべて英語となっている(フェノア戦記2は日本語ローカライズ済み)。

「Dungeon & Hero」紹介ページ(iTunesが起動します)



 続いて,「クレヨン・フィジックス Deluxe」(600円)を取り上げよう。本作は,2007年にWindows用にリリースされて話題を呼んだパズルゲーム,「Crayon Physics」の上位版にあたる「Crayon Physics Deluxe」を,iPhone/iPod touch用にアレンジしたもの。画面上に描かれた円を転がし,すべての星に導くことでステージクリアとなる。
 本作では,指で描いた直線や曲線が,ステージ内にオブジェクトとして現れる。ゲームには物理エンジンが採用されており,それらのオブジェクトは物理法則にのっとった挙動を見せるのだ。
 知恵を絞ってさまざまなオブジェクトを作り出し,無事に円を星に導いていこう。

画像(001)[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介


 クレヨンで描かれたオブジェクトが見せる生き生きとした動きに,ぜひ注目してほしい。タッチスクリーンを用いた操作とゲーム性がとてもよくマッチしており,幅広い層のiPhone/iPod touchユーザーにオススメできる作品だ。

「クレヨンフィジクスDeluxe」紹介ページ(iTunesが起動します)



画像(003)[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介
 次に紹介する「Imprisoned!」(450円)は,自由を求める囚人60人が,とある島で繰り広げるサバイバルゲームを描いた作品である。プレイヤーは,復讐に燃える囚人の一人となり,島やそこにある施設を探索しつつ,最後の一人となるべく,ほかの囚人達を倒していく。
 島は正方形のマスで構成されており,現在プレイヤーがいるマスのみが画面に表示される仕組み。自分の周囲をくまなく調べることで,回復系のアイテムや,さまざまな素材を獲得できる。素材を組み合わせて武器や防具を作成し,装備をアップグレードしよう。

 プレイヤーは,ほかの囚人の接近を知らせる探知機を備えている。隣接するいずれかのマスに敵がいるときは,状況に応じ,引き返して体力を回復するといった行動もとれるわけだ。
 ほかの囚人と遭遇すると,戦闘がスタート(場合によっては回避も可能)。戦闘はアクションゲームのように展開するので,タイミングを見計らって攻撃を繰り出していこう。

 キャラクターの育成要素もあり,レベルアップ時に獲得したポイントを各種スキルに割り振ることで,さまざまなタイプに育てていける。

画像(004)[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介 画像(005)[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介


 掲載したスクリーンショットを見ると分かるように,BeOSのアイコンを組み合わせたような,クォータービューで描かれた格好良いグラフィックスが印象的。ゲームを進めるにつれ,このサバイバルゲームの背後にある陰謀が明らかになっていくという筋書きで,アドベンチャーものが好きな私は,今もわくわくしながら遊んでいるところだ。
 ただし,HP回復用のアイテムがなかなか見つからないので,慣れるまではシビアな戦いを強いられるかもしれない。

「Imprisoned!」紹介ページ(iTunesが起動します)



 最後に,スポーツゲーム3作を簡単に紹介しよう。

「Iron Fist Boxing」(350円)
 打撃技系格闘技を題材とするアクションゲーム。下のスクリーンショットを見ると分かるように,割とリアルなグラフィックスをウリとしている。
 筆者は学生時代にボクシングをやっていたこともあり,本作の発売後すぐに飛びついたのだが,フットワークの概念がなく,試合運びよりも殴り合い/蹴り合いにフォーカスしている点は残念。などといいながら,遊び始めるとつい一生懸命になってしまうのは内緒だ。タッチスクリーンを叩きまくるので,ちょっと心配になってしまう。

「Iron Fist Boxing」紹介ページ(iTunesが起動します)



「Table Tennis Star」(230円)
 これまで登場した卓球ゲームと比べ,よりゲーム性が高い作品がリリースされた。タイプの異なる12人のキャラクターが用意されているが,最初は2人しか選べず,いずれかのキャラで続けて3勝することで,新たなキャラをアンロックできる。
 以前紹介した「iPingPong 3D」のほうが,ラケットを振っている感覚でプレイできるのだが,Table Tennis Starで採用されている方式のほうがより多彩なショットを繰り出せ,ライバルとの駆け引きを楽しめる点がオススメだ。

「Table Tennis Star」紹介ページ(iTunesが起動します)



「Bass Fishing Mania」(230円)
 文字どおり,バス釣りをテーマとするフィッシングゲーム。3種類の釣り大会に挑む「COMPETITION MODE」では,結果に応じて賞金を獲得できる。お金を貯めたら釣具屋に行き,ルアーやロッドなどの道具を購入しよう。最高峰の大会「KING OF THE LAKE SPECIAL」での優勝を目指すのだ。

「Bass Fishing Mania」紹介ページ(iTunesが起動します)



画像(006)[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介 画像(007)[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介 画像(008)[iPhone]年末年始にリリースされた新作から,計6タイトルを紹介
  • 関連タイトル:

    Dungeon & Hero

  • 関連タイトル:

    クレヨン・フィジックス Deluxe

  • 関連タイトル:

    Imprisoned

  • 関連タイトル:

    Iron Fist Boxing HD Edition

  • 関連タイトル:

    Table Tennis Star

  • 関連タイトル:

    Bass Fishing Mania

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月07日〜12月08日