オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ASUS,3-way SLI対応のゲーマー向けIntel X58マザーボード「Rampage II Extreme」発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/10/22 11:26

ニュース

ASUS,3-way SLI対応のゲーマー向けIntel X58マザーボード「Rampage II Extreme」発表

Republic of Gamers
 ASUSTeK Computerは,同社のゲーマー向け製品ブランド「ROG」(Republic of Gamers)の新製品として,マザーボード「Rampage II Extreme」を発表した。
 これは,台湾で開催されている「Intel Developer Forum 2008 Taipei」に合わせる形で,世界市場に向けて行われたもの。ASUSによれば,「Intelの最新CPU」をサポートするものとのことなので,「Intel X58 Express」(以下,X58)チップセットを搭載するものと思われる。

※厳密に述べると,ASUSはRampage II ExtremeがX58搭載とははっきり述べていない。しかし,複数の海外サイトがX58としているほか,NVIDIAもRampage II ExtremeをX58搭載と述べていること,リリース中に「QPI」の文字があることから,X58搭載と判断した
Republic of Gamers

ASUSのニュースリリース(英語)

上の写真でノースブリッジ脇にROGロゴが見えるが,CPU POWER CARDはその下に置かれている。“下の階”がどうなっているかは分からないが,“上の階”はご覧のとおりの3フェーズ仕様だ
Republic of Gamers
 給電仕様はマルチフェーズで,まずCPU向けが16フェーズ。さらに,
「QPI/DRAM」と書かれる,QPIおよびCPU内蔵メモリコントローラと思われる部分と,ノースブリッジ,メモリモジュール向けに,3フェーズずつそれぞれ用意される。さすがにスペースが足りなかったのか,ノースブリッジ(=X58)の近くに「CPU POWER CARD」というモジュールが取り付けられ,QPI/DRAM用とノースブリッジの電源部が“2階建て”構造で用意されているのは,ボードデザイン的に興味深い。
 一方,採用するコンデンサはリリースいわく「ML Caps」(Multilayer type Polymer Capacitor)なので,マルチフェーズを実現した部分を除くと,電源回路の基本部分は「Intel X48 Express」搭載の初代「Rampage Extreme」と似た印象だ。

Republic of Gamers
Republic of Gamers
 さて,そんなRampage II Extremeが持つ最大の特徴は,3-way NVIDIA SLIのサポートが謳われている点。ASUSのリリースによれば,3枚のグラフィックスカードは,順に16レーン,8レーン,8レーンで接続されることになるという。
 なおRampage II Extremeは,X58の標準仕様としてATI CrossFireXにも対応するが,これを受けてASUSは,柔軟なマルチGPU構成を取れるとして,「SLI/CrossFireX on Demand」というコピーを与えている。

 このほか,新機能としては,回路計(マルチテスター)を用いたハードウェアインジケータ「ProbeIt」の搭載が挙げられよう。
 初代Rampage Extremeで,CPUの動作クロックや動作電圧などを,マザーボード上のスイッチからリアルタイムで変更できる機能,「TweakIt」(※Extreme Tweakerともいう)が搭載されたのを憶えているだろうか。これは,ゲーム中であろうとベンチマークテスト中であろうと,いつでもハードウェアベースでオーバークロックを可能にするものだったが,「どれくらい上がっているか」は,スイッチをぱちぱちとさせながら,推測するしかなかった。その点ProbeItを用いれば,より正確に状況を把握できるようになるというわけだ。
 ゲーマー向けといいながら,どんどんオーバークロッカ−向けになっていくROGらしい新機能,とはいえそうである。

 現在のところ,ASUSのいう「Intelの最新CPU」が登場していないため,新製品の是非を判断するのは難しいが,NVIDIA SLIとATI CrossFireX両対応で,かつ前者は3-way対応というのは,やはりインパクトがある。Intelの次世代CPU登場を機に,ハイエンドゲーム環境の刷新を考えている人にとっては,かなり面白い新製品だ。

2008年10月22日12:05PM追記:ASUS日本法人によると,「発売予定だが,時期,価格はいずれも未定」とのこと。

●Rampage II Extremeの主なスペック(※リリースより)
  • メモリスロット:6(3ch×2)
  • 対応メモリモジュール:DDR3-1800/1600(※オーバークロック設定時),PC3-10600/8500
  • 拡張スロット:PCI Express 2.0 x16 ×3(16レーン×1,8レーン×2もしくは16レーン×2),PCI Express 2.0 x1 ×2,32bit PCI×1
  • ストレージ:Serial ATA(3Gbps)×7,eSATA(3Gbps)×1,IDE×2
  • ネットワークコントローラ:1000BASE-T×2
  • サウンド:サウンドカード「SupremeFX X-Fi Audio」付属(EAX ADVANCED HD 4.0対応)
  • USB:12ポート
  • IEEE 1394a:2ポート
  • サイズ:305(W)×269(D)mm
  • 関連タイトル:

    Republic of Gamers

  • 関連タイトル:

    Intel 5

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月25日〜08月26日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月