オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Intel,Core i7プロセッサ&X58チップセットを正式発表。CPUの重要性を訴えるカプコンに今後の話を聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/11/18 16:45

ニュース

Intel,Core i7プロセッサ&X58チップセットを正式発表。CPUの重要性を訴えるカプコンに今後の話を聞いてみた

Core i7(LGA1366,クアッドコア)
 2008年11月18日,Intelの日本法人であるインテルは,新世代プロセッサ「Core i7」(コア アイセブン)と対応チップセット「Intel X58 Express」を正式に発表した。

 「Nehalem」(ネハレムもしくはネヘイレム)という開発コードネームで呼ばれてきたマイクロアーキテクチャ(=基本設計思想)に基づくプロセッサについては,11月3日の解説記事レビュー記事テストレポート記事で詳しくお伝えしているが,正式発表に当たり,あらためて基本スペックと価格が表のとおり示されている。

(ユーザーが単体で購入できるわけではないのだが)Intel X58 Expressチップセットの1000個受注時単価は5340円とのこと

吉田和正氏(インテル 代表取締役社長)。既存のCore 2ファミリーはそのまま販売を続けながら,最上位ラインナップとしてCore i7シリーズを位置づけていくとした
Core i7(LGA1366,クアッドコア)
Core i7のウェハを持つ及川芳雄氏(インテル インテル技術本部 本部長)
 都内で開催された発表会では,インテルの吉田和正社長が挨拶。Core i7を「世界最高レベルの性能を持ったマイクロプロセッサ」であると位置付け,「なぜ性能が必要なのかというと,そこにユーザーニーズがあるから」と説明した。インターネット上にあるコンテンツは,より高品質なものとなっているが,それらをより速く処理するニーズは決してなくならないというのが,氏の見解だ。

 ご存じのように,世間一般のニーズはノートPCへ移っている。日本市場において,ノートPCの市場シェアは今や7割を超えているが,「ノートPCとハイエンドのデスクトップPCでは,得られるユーザー体験(※筆者注:ここではパフォーマンスとほぼ同義)が衝撃的なほどまったく異なる」と吉田氏。外出先ではノートPCを使うとしても,一方で自室に最高のマシンと高解像度のディスプレイを置けば,デスクトップPCに対するユーザーの認識は新たなものになるはずであるとし,ハイエンドのデスクトップPCをあらためて訴求していく姿勢を示していた。

インテルの示した,Core i7-965 Extreme Edition/3.20GHzとCore 2 Extreme QX9770/3.20GHzの比較グラフ。メディア編集やゲームにおいて,大きなパフォーマンス向上があるとされた
Core i7(LGA1366,クアッドコア) Core i7(LGA1366,クアッドコア)

発表会で展示されたCore i7のウェハ
Core i7(LGA1366,クアッドコア)


カプコンのMT Framework担当者が語る

ゲームにおけるCPUの重要性


伊集院 勝氏(カプコン プロダクト制作部 技術研究室 室長)
 さて,発表会にはゲストとして,カプコンのプロダクト制作部 技術研究室 室長である伊集院 勝氏が招かれていた。氏はカプコンのゲーム開発フレームワークで,「デッドライジング」「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」「ロスト プラネット コロニーズ」「デビル メイ クライ 4」といったタイトルに用いられてきた「MT Framework」の開発を率いている人物だ。
 伊集院氏は,

  • ジャングルのような自然な地形における,遮蔽や起伏に基づく当たり判定を行う
  • NPCのAIが,周囲の地形を自動的に判断して仲間と連携する
  • プレイヤーのアクションに対するリアクションの設定を行って,見た目だけでなく,ゲーム性に結びつくリアリティを表現する
  • 物理シミュレーションとAIを,同時に,リアルタイムで処理する
  • 爆発で吹き飛ばされる人など,物理挙動を考慮に入れたモーションを作成する
  • プロシージャルによるデータ生成を行う

伊集院氏の示したスライド。CPUパワーの重要性が訴えられるなか,バイオハザード5のスクリーンショットも見える
Core i7(LGA1366,クアッドコア)
Core i7(LGA1366,クアッドコア)
Core i7(LGA1366,クアッドコア)
 といったポイントの強化を通じて,ゲームのリアリティや“遊び要素”を向上させるためには,これまでよりもさらに高いCPU性能が必要として,Core i7の登場を歓迎する。

 ところで,「ジャングル」といった単語が出てきたことからも想像できるとおり,伊集院氏の発言は開発中の「バイオハザード5」を想定して行われていたのだが,上で挙げたような内容を仮にすべて実装すると,PCでしか動作しないものになってしまうのではなかろうか?

 その疑問を,発表会の終了後に伊集院氏へぶつけてみたところ,PC版については「開発中である」としか回答できないと前置きしたうえで,「Core i7のようなハイエンドCPUを想定した要素を,コンシューマ版にすべて入れることはできない。あくまで一般論だが,デビル メイ クライ 4のように,PC版だけ特別なゲームモードを追加するようなことはあり得る」という見解を示していた。PC版だけ高度なAIや物理シミュレーションを実装する,という話はありそうだ。
 今をもってなお,本当に発売されるかすら明らかになっていないPC版バイオハザード5だが,IntelのCPU新製品発表会で,「コンシューマ版では実装できないようなレベルの要素」が語られたことを踏まえるに,いよいよ期待していいのかもしれない。

 最後に,伊集院氏の発言でその名が出てきたデビル メイ クライ 4について。
 先のレビュー記事でCore i7のパフォーマンスが(Core 2比で)あまり芳しくなかったが,「マルチプラットフォーム戦略をとっている以上,Core 2のL2キャッシュといったような,特定の“何か”にフォーカスした開発は行っていない」(伊集院氏)。Core 2 Quadへ向けた「二つのデュアルコアCPUダイ間データ転送におけるレイテンシを隠蔽する仕掛け」が影響しているのかもしれないが,いずれにせよ「GPUベンチマークテストとしては問題ないが,負荷が低すぎてGPUボトルネックが発生する可能性もあり,ハイエンドCPUのベンチマークには適さない」(伊集院氏)とのことだった。
 この発言は,今後の4Gamerベンチマークレギュレーションで反映する必要がありそうである。
  • 関連タイトル:

    Core i7(LGA1366,クアッドコア)

  • 関連タイトル:

    バイオハザード5

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月05日〜12月06日