オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/02/22 10:00

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」



インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」
 天の月のビブラートを,水の月がアレグロ・ビバーチェして,人の月がその命をアジタートにお届けする「インディーズゲームの小部屋」の第218回は,JUNO SOFTの「エース・オブ・ワンド」を紹介する。本作は,「杖の第一位(エース・オブ・ワンド)」の称号を持つ主人公,天乃川奈緒(あまのがわなお)が,街中に出現した脅威,「ミュートレス」と戦う横スクロールアクションだ。ずっと大切にしてきた何かが,はじけて,壊れちゃうっ!

インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」 インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」

 物語の舞台となるのは,政府主導で進められている,広域に散布されたナノマシンによる巨大ネットワーク「M.A.N.A.(マナ)」の実験都市。それ自体が巨大な頭脳にして,通信インフラであり,環境そのものを制御するプログラムでもあるマナだが,そのネットワーク上に発生した実体を持つバグはミュートレスと呼称される危険な存在だ。そんなミュートレスを退治するデバッガーの一人が,本作の主人公である奈緒。というわけで,奈緒は今日も都市に現れるミュートレスのデバッグに向かうことに……。

インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」 インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」

 本作は,ジャンプと攻撃という2種類のアクションを駆使してステージをクリアしていく,非常にシンプルな操作が特徴のアクションゲーム。セーラー服の女子高生が街中で戦う横スクロールアクションといえば「夢幻戦士ヴァリス」しか思い浮かばない筆者だが,雰囲気的には本作もそれに近いものがある。優子と違い,残念ながら奈緒は変身したりはしないものの,緑色のセーラー服を見る限り,作者はかなりのセーラージュピター好きであることがうかがえる……って,ごめん,そりゃ自分のことだった。

インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」
天乃川奈緒
インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」
御門あまび
インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」
櫛堂理恵

 残念といえばもう一つ,ミニスカートの制服をさんざんヒラヒラさせながら飛んだり跳ねたりしている奈緒なのに,これっぽちもスカートの中が見えないとは,これは一体どうしたことか。もしやこれもバグなんじゃないかと思いたくなるが,奈緒の通う学校には今や絶滅が危惧される幻の装束,ブルマが残されており,奈緒がブルマ姿の体操服で戦うステージも用意されている。なるほど,そう来たか。感服いたしました。

インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」 インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」

 そんな奈緒は,敵との距離やキー入力によって,銃による射撃(ショット)と近接攻撃の使い分けが可能で,下キー+ジャンプでスライディングによる回避を行うこともできる。ショットは方向キーとの組み合わせで上方や斜め下にも撃ち分けられるが,攻撃のたびに画面左上のマナゲージを消費するので,敵を倒したときに出現する青いマナの結晶を集めてゲージを回復させていこう。


 また,奈緒の攻撃はステージ中に時折置かれている補助ツールを取ることで,ワイドショットやホーミングなど,いくつかのバリエーションに変化する。ただし,補助ツールはいずれも特定の場所にしか出現せず,効果も一定時間で消えてしまうので,一種のステージ演出と考えてもよさそうだ。ちなみに,敵の攻撃を受けてダウンした際,上キーを素早く2回押すと受身を取ってすぐに立ち上がれるが,これを行うとダウン復帰後の無敵時間がなくなるので,敵の連続攻撃を受けそうなときはかえって危険だ。イテテテ。

インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」 インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」

インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」
 見てのとおり,キャラクターから背景まで,細かく描きこまれたドット絵が本作の大きな魅力だが,シンプルな操作ながら,小気味いいアクションが楽しめる点も見逃せない。とくに驚かされたのは,この手のアクションゲームとしては珍しく,AI操作の味方キャラクターとの共闘ができること。ゲームには主人公である奈緒のほかにも何人かのデバッガーが登場するが,中でも普段はオペレーターとして裏方に徹しつつ,いざ戦闘となると妙にノリノリでついて来るあまびちゃんが可愛すぎる。

 JUNO SOFTの公式サイトでは,そんな本作の体験版が公開されているので,制服少女が街中で戦うという設定にトキメキ指数が急上昇したという人は,ぜひお試しを。また,製品版は1050円(税込)にて発売中だ。

■JUNO SOFT公式サイト
http://www.junosoft.net/

インディーズゲームの小部屋:Room#218「エース・オブ・ワンド」

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月16日〜12月17日