日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

インタビュー

「ラテール×こえ部」収録現場で人気声優の若本規夫さん,井上麻里奈さん,大亀あすかさんにインタビューしちゃいました

井上麻里奈さんインタビュー


4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。まずは井上さんが声優を目指した,きっかけについて教えてください。

井上麻里奈さん(以下,井上さん)
 私は中学,高校と女子校に通っていて,お芝居をやっていました。そこでは男の子役をやることが多くて楽しかったです。ところが大学は男女共学で,男の子役は男性がやるようになり,私が男の子を演じる機会はほとんどなくなってしまいました。
 でも,お芝居などで男の子役を演じることは続けたかったし,私はもともとアニメや漫画なども好きだったので,「だったら声優という仕事に就いて男の子を演じれば,自分にとって一石二鳥な仕事なのでは?」と考えるようになりました。
 通っていた大学は4年制だったので,学校に通いつつアルバイトなどでお金を貯めて,大学3年生〜4年生あたりで専門学校や養成所に通って声優を目指そうかな,と最初は思っていたんです。
 それで大学1年生のとき,「自分の力で,どれくらいのところまで行けるのかな?」と思って,力試しのつもりで一般公募の声優のオーディションを受けたんです。そうしたらグランプリを頂いてしまい,この世界に飛び込んだというのが,声優になるきっかけでした。

4Gamer:
 男の子の役を演じることが多いというのは,何か理由があったりしますか? それとも,ただやってみたいということからでしょうか?

井上さん:
 私は女子のなかではほどほど身長があったので,そういった点から男の子役を回される機会が多かったですね。

4Gamer:
 最初はとくに意識して,男の子の役をやりたいと考えていたわけではなかったんですか?

井上さん:
 途中まではなかったですね。たまたまやるきっかけがあったんです。演劇の一番楽しいところは「自分がなれないものになれる」ってところで,それが一番分かりやすいのが「男の子」でした。まったく理解できないものだからこそ楽しいというか,ある意味ファンタジーの世界を体現できるというか。

4Gamer:
 役者として,男の子を演じる楽しさに目覚めたという感じでしょうかね。話は変わりますが,井上さんは声優になるために,何か努力されたことなどはありますか?

井上さん:
 自分のなかで何も覚悟できていない状態で,この世界に飛び込んでしまったんです。デビュー作となった作品は,OVA「コゼットの肖像」で,ありがたいことにいきなりヒロインの役をいただいてしまいました。なので“声優になってからの努力”というのを話したいと思います。

 声優という仕事をこれから学んでいこうという段階の素人が,プロの声優さんのなかに飛び込んでいきなり仕事ができるのか? という状態だったので,最初は本当に困りました。正直ほかの声優さんについてあまり詳しくはなかったですし,どういうことをするのかも,あまり分かっていなかったんです。
 収録の際は「キューランプ」というのを使って,それが赤く光ったらしゃべってくださいという合図になっているんですが,その意味すら知らなかったので,現場で覚えるということになりました。

 一番最初の仕事は,その作品のPVのようなものを録るということで,このときは「コゼットの肖像」で主人公を演じられた斎賀みつきさんとブースに入ったんです。そこで斎賀さんに「キューランプって何ですか?」とお聞きするところから始まりました。斎賀さんは私がデビューしたてということを知ってらっしゃっていたので,優しく丁寧に教えてくださいました。本当に素敵な先輩と初めてのお仕事をご一緒できて有難かったです。

4Gamer:
 分からないことが多かったため,苦労されたり戸惑ったりした部分があったんですね。

井上さん:
 分からないことだらけだったので,人がやっていることを見て覚えて吸収し,それを体現するしかありませんでした。「お仕事」なのだから,言い訳はできませんよね。養成所や専門学校に通っている方も,ある日突然現場に出されるということがあると思うんですが,私はそれよりも何も分からない状態だったし,同期という仲間もいなかったから,聞くことを恥と思わず,分からないことは全部聞こうと思いました。

4Gamer:
 それは,こうして話を聞いているだけでも大変そうですね。声優になってからは,何か気をつけていることなどありますか?

井上さん:
 私はお酒があまり強くないんです。収録の前日に飲んだりすると喉が酒焼けしたりするので,お仕事のある前日はお酒を飲まないようにしていますね。喉の調子が悪いときはしっかり寝ますし,マスクもします。
 でも気をつけていても喉の調子が悪いことっていうのはあるんです。そういうときは体調と喉の様子を見つつ,無理せずうまく聞かせる,というバランスでやっています。

4Gamer:
 体が資本ですので,そこは気をつけないといけませんもんね。

井上さん:
井上さんが演じる「アニー」
トキメキファンタジー ラテール
 怪我をしても熱を出しても,このお仕事はできるんです。でも喉が使えなくなったらどうしようもありませんからね。声って消耗品で,使えば使うほどなくなるんです。スケジュールの関係で詰め込まないといけないこともあるんですが,寝て休まないと消耗した喉は回復しないんですよ。
 喉って,文字を追ったり声を聞いたりするだけでも動いちゃうので,喉が危険だなって感じたときは,テレビもつけないし本も読まないで部屋を真っ暗にして寝るんです。

4Gamer:
 今回のラテールの音声収録で,何か注意されたことや感じたことなどはありますか?

井上さん:
 セリフが少なかったですね(笑)

4Gamer:
 ゲームのセリフって短いものが多いですし,アニメなどと違って瞬発力が必要になるかなと思うんですが,どうでしたか?

井上さん:
 この作品に関わらずですが,ゲームでは抜粋台本という,自分のシーンだけ書かれた台本をいただくことがあって,物語の大まかな流れしか分からないことも多いんですよ。その前後に何があったのかすごく考えるんですが,その行間を埋める作業ってのが,すごく難しいです。
 ストーリーのあるゲームでイベントムービーのところだけに声を当てていく場合,出会いのシーンがまずあって,次のシーンでは敵対してたキャラクターと仲良くなっていたり,ボスと対峙していたり,仲間が殺されていたりって具合に,部分部分で録っていくんです。シーンの合間のストーリーは聞かされてはいるけど,それだけでは埋められない感情の流れとかがあると思うので,そういうのを出すのが難しいですね。
 今回は出会い頭のシーンなのですが,ジェーン姉さんに対する想いとか,これまでにいろいろあったと思うんですよ。彼女は明るい性格なので,コンプレックスを気にしつつも,あまり重くならないほうがいいかな……とか考えながら演じさせてもらったんです。でも,すべて私の想像なので本当のところが知りたいですね。

4Gamer:
 最後の質問になりますが,これから声優を目指す人にアドバイスをよろしくお願いします

井上さん:
 皆さん,さまざまな形で声優を目指してらっしゃると思いますが,どういう状況であっても,いつ現場に出ても大丈夫なよう心構えをされておくとよいと思います。「出来ない」は許されませんし,いつどこでも現場に出られる意識というものを持ち合わせておくといいかなと思います。

4Gamer:
 ありがとうございました。



大亀あすかさんインタビュー


4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。まずは大亀さんが声優を目指した,きっかけについて教えてください。

大亀あすかさん(以下,大亀さん):
 きっかけはもともと「アニメーションが好き」というのがあるんですが,私は「HUNTER×HUNTER」が大好きで,DVDをレンタルしたとき,間違えて,HUNTER×HUNTERのミュージカル作品のほうも借りちゃったんです。そこでは声優さんがお芝居や殺陣をやっていて,それで初めて「声優」という職業を知りました。「声優ってすごいなあ」「これしかない!」と感じて,ビビビってきたものがありました。

4Gamer:
 大亀さんは,声優になるために何か努力されたことはありますか?

大亀さん:
 まずは両親に「声優になりたい」と言うのが怖くて,それを伝えるために頑張りました。「こういう仕事をしたいんです」という説明から始まって,どういう道なのか調べたり,専門学校に通ったりしました。学校では発声方法や滑舌練習などを教えてもらったので,日々それをやったりしていました。

4Gamer:
 ご両親には心配されましたか?

大亀さん:
 両親も知らない世界なので,「大丈夫なの?」と心配していましたが,気合で乗り切りました(笑)

4Gamer:
 声優になってから努力していることや,仕事を続けていくうえで行っていることなどはありますか?

大亀さん:
 あとは声は衰えていくものなので,磨いていかないといけないと思っています。私はお風呂が発声練習場みたいになっているんですが,湿気があって喉への負担も少ないし,気持ちよくなって歌っちゃうこともあります。ボイストレーニングの先生も「1日1回 は絶対に歌いなさい」と教わったので,常日頃から歌うようにしています。

4Gamer:
 ちなみにどんな歌を歌われるんですか?

大亀さん:
 レコーディング予定の楽曲ですとか,街を歩いていたとき耳に入ってきた曲を口ずさんでみたりします。あとは即興で歌詞と曲を作って歌ったりします。ほかには苦手な言葉をしゃべってみたり,まだまだ足りないと感じていますが,いろいろやっています。

4Gamer:
 仕事での失敗談やエピソードなどありましたら教えてください。

大亀さん:
 すごく恥ずかしかったのは,アフレコ現場で本番中は静かにしていないといけないんですが,お腹が空いて「ぐうう」と鳴らしてしまったことですね(笑)。ほかの声優さんが一生懸命演じられていて,すごくいいシーンなのに,私はグーグーおなかを鳴らしてしまい,NGを出させてしまったんです。

4Gamer:
 自分ではなく,ほかの声優さんの演技にNGを出させてしまったのは気まずいですね。収録前にしっかりご飯を食べるという人もいれば,なかにはそれほど食べない人もいるという話を聞いたことがあるんですが,そこはどうでしょうか?

大亀さん:
大亀さんが演じる「ペイベル」
トキメキファンタジー ラテール
 私は収録前にご飯を食べると,緊張してお腹が痛くなってしまうので,軽くカロリーメイトを食べる程度です。腹3分目あたりにしておくんですが,それが影響したのか,お腹が鳴っちゃったんだと思います。

4Gamer:
 今回のラテールの音声収録では,何か注意されたことや感じたことなどはありましたか?

大亀さん:
 事前にどういうキャラクターなのか把握しておき,演じる際にはそのキャラクターを降臨させるということです。それが一番注意したことかな。常にキャラクターを感じられるようにしています。

4Gamer:
 やはりキャラクターを把握して,感じておくことは重要ですか。

大亀さん:
 そうですね。ゲームのセリフはバラバラに録ることが多いし,絵が見えないという部分が大きくて,想像力がないと難しいなって思うことはあります。キャラクターの表情の絵などを見て,「このシーンでは笑っているから,こういう表情で,こう演じるのがいいのかな」と,頭の中で想像を働かせるというのは大事です。

4Gamer:
 最後の質問になりますが,これから声優を目指す人にアドバイスをお願いします。

大亀さん:
 私も業界に入って間もないんですが,なにごとも諦めないことが一番大事です。そうすれば,例えばこの道じゃなくても,何か違うことにつながる可能性もあると思います。

4Gamer:
 ありがとうございました。



若本規夫さんインタビュー


4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。まずは若本さんが声優を目指したきっかけについて教えてください

若本規夫さん(以下,若本さん):
 実は,声優になりたくてなったわけではないんだよね。25歳ぐらいのときに,とあるところに勤めていたんだけど,うまくいかなくて辞めたんです。組織に入るのは嫌で,何か一人でやれるものはないかなと探したんですよ。
 それであるとき新聞の社会面に,俳優の黒沢良さんが外画のアテレコをする声優の養成所を作るって記事が出ていたんです。それを読んで「これは一人でやれるし,いいんじゃないかな」って思ったんですよ。自分がうまくなれば,まわりから何か言われることもないからね。

 それで受験料を払って会場に向かったんですよ。そうしたら若い人からおじさんまで大勢いて,その人達はみんな受験生だったんです。僕の受験番号を見たら300番代の後半で,スタッフに「何人採るの?」って聞いたら「20人」って言われたんですよ。僕のうしろにもまだ受験生はいたから,倍率はかなり高いし,帰ろうかなとも思ったんです。でも,受験料を払ったから受けることにしたんですよ。
 試験会場は1階と2階に分かれていて,会場に入ったら審査員がたくさんいるんです。それで「これを読んでください」って,実演させられました。みんな劇団出身とかでうまいんだけど,僕はそんなことやったことないから,棒読みだけど大きな声でしゃべったんですよ。そうしたら真ん中に座っているおじさんが,しきりに僕に質問してくるんです。僕は諦めてたんだけど,1週間後に合格通知が届きました。

 養成所に通うことになり,開校式があるので行ってみると,受験のとき僕に質問してきた男の人が入ってきて挨拶をしていました。その方は東北新社の中野寛治さんという方で,僕の命の恩人ですよね。
 あとで受験のときのことを聞いてみたら,ほかの審査員は不合格としていたみたいなんだけど,中野さんだけは「ものになりそうだ」と拾ってくれたそうなんです。僕は中野さんがメインの部屋に入ったんだけど,別の部屋は黒沢良さんがメインになっていて,もし黒沢さんのところに行ってたら,間違いなく落ちていただろうね。

4Gamer:
 言葉は悪いですが,運が良かったというのがあったのですね。

若本さん:
 そう,運が良かったんだよ。人生ってのは多分に運がある。運をもらったら,それを生かす努力をしないといけない。
 クライアントは安いギャラで使える人が欲しいから,養成所に通っていた頃からバンバン仕事が入ってきたね。何も分からないまま夢中でやっていて,仕事には不足しなかった。きっかけは以上かな。

4Gamer:
 若本さんはデビュー前に養成所に通っていたとのことですが,声優になるための努力をされたことなどはありますか?

若本さん:
 日本人なら誰だって日本語をしゃべれるし,声があるでしょ。歌だったらリズムやメロディとか天性的なものがあるけど,練習しなきゃプロにはなれないでしょ。なんだろうなあ,声優には「なれそうだ」っていうイメージがあるんだけど,実際はそう簡単にはなれないし,考えなくちゃいけない。
 声優になるための努力っていうのは,何をやったらいいか分からないんだよね。声は出るし,日本語をしゃべることもできる,しかし実際にマイクに向かっていくと,OKが出ないわけだよ。我々の仕事っていうのはクライアントがいて,彼らを満足させないといけない。

 僕もメソッドが分からなくて苦労したし,今のメソッドを作り出すのに30年かかったからね。声優,俳優としての身体を鍛えるために武道もやったし,古神道もやった。オペラや大道芸,浪曲,虚無僧尺八とか,いろいろなことをやったね。50ページぐらいの長いセリフを頼まれたときとか,プロでも息が上がっちゃうわけ。それを上がらないようにする鍛え方もあって,そういう努力を自分でやってきたんだよね。
 あらゆる努力ってのは必要だよ。例えば東にこんな先生がいるっていうなら行ってみて,気に入ったら3年ぐらい通うの。仙台に古神道の呼吸法を教えるって人がいれば行ってみて弟子になるとかね。やることはいっぱいあるし,努力はしないといけないね。

4Gamer:
 仕事での失敗談やエピソードなどがあれば教えてください。

若本さん:
 仕事は失敗だらけだね。コマーシャルの仕事は若い頃から来ていたけど,CMって15秒,30秒とか一瞬で終わってしまうもので,なかなかクライアントを満足させることができないんだよね。
 ずいぶんご迷惑をかけたし,スタジオから悄然として帰ったこともあった。でも研鑽を重ねていくうちにどうやればいいか分かってくるから,キャリアを積んでいけばいいんだけど,その前にリタイヤしちゃうとどうしようもない。
 我々の世界ってパフォーマンスだから,なにかを見せ付けないと生き残ることができない。声優も厳しい世界だよ。

4Gamer:
 声優という仕事を続けていくうえで,何か行っていることはありますか?

若本さん:
 僕はその日のスケジュールにあわせて,体を鍛えたりボイストレーニングを行ったりするんだよね。ヨガや古武道,呼吸法,身体ストレッチなど,メソッドの中から今日はこれをやろうって選ぶんだよ。休みの日になると10時間ぐらいやってるんだけど,並外れた体力があるから疲れないんだよ。

4Gamer:
 若本さんが還暦を過ぎても肉体をキープできているのは,その鍛錬の成果なんですね。

若本さん:
若本さんが演じる「トニオ」
 そう。50代を過ぎると声がおじいさんみたいになるんだよ。なぜかというと喉仏が上のほうに上がってきて,声帯の空洞がどんどん狭くなっていくのよ。僕はクリアボイスを出すために喉仏や声帯周辺の筋肉や腸腰筋を鍛えている。そうしないと30代でも40代でもダメだね。

4Gamer:
 今回のラテールの音声収録で,何か注意されたことや感じたことなどはありますか?

若本さん:
 この手のセリフはストーリーとして出てこないから,キャラクターのパーソナリティだとか,その役が持っているものが分からないっていう部分はあるね。そうすると大概「このパターン,このカラー」っていうふうにせざるを得ないんだけど,僕はこういう短いセリフでも,そういうやり方は避ける。引き受けた以上はクライアントに納得してもらわないといけないからね。

 僕は収録では「早録りの若本」って言われててね,疾風のように来て疾風のように帰っていくの。バラエティ番組なんかでも「じゃあテストします」って言われて,「いや,本番だ」って返事をして驚かれたりするからね。ぴったりと合わせられるから,1時間番組の収録を1時間で終わらせられるんだよ(笑)。収録ではワンパターンにならないってことに注意しているよ。

4Gamer:
 最後の質問になりますが,これから声優を目指す人に向けてアドバイスをお願いします

若本さん:
 厳しい言い方になるけど,声優学校に来る子って,まじめなんだよね,でもまじめな子ほどなれない(笑)。僕みたいにふざけたやつというか,横紙破りじゃないとね。そういう子で,素質があって,しかも努力をするということが必要。

 僕のところにはファンレターが来るんだけど,その中に何通か「声優になりたいんです」って手紙があるんです。まずは3年間ぐらい民謡でもなんでもいいけど,声を鍛えられるところに住み込みで入って,無給金で,ただそれだけをやる。それから声優の専門学校に入って実力を見せれば,「おおっ!」と目をつけられて,それで初めて「ちょっと鍛えてやろう」ってなるわけですよ。
 ところが,普通に入って「はい,よーいスタート」ってなると,どんぐりの背比べですよ。その中に器用でリズムに乗る子もなかにはいるけど。
 いま第一線で活躍しているのは,そういう人たちだね。まずは声を鍛えてきて,入った瞬間に抜きん出る,これが大事だね。

 僕だったら民謡でも浪曲でもなんでもいいけど,住み込みで雑巾がけから始めるね。ただね,あまり踏み込みすぎたたら浪曲家になっちゃうから,それはダメだよ(笑)。あくまで声と体を鍛えるための方便だから,そこは注意しないといけない。十分に体を鍛えて,声がしっかり出るようになってから来ても遅くはないと思うよ。

4Gamer:
 ありがとうございました。

(収録日:2011年4月26日,27日)

「ラテール × こえ部 声優コンテスト」

「トキメキファンタジー ラテール」公式サイト


注目の記事

1
★★★★★★★★
2
★★★★★★
3
★★★★★★
4
★★★★★
5
★★★★★
6
★★★★
7
★★★★
8
★★★★
9
★★★★
パッケージ
トキメキファンタジー ラテール公式サイトへ
  • HappyTuk
  • Actoz Soft
  • 発売日:2007/04/26
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
74
投稿数:93
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する