オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AMD,「Catalyst 12.8」を公開。6月末以来の公式最新版ドライバスイートはWindows XP〜8に広く対応
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/08/16 12:17

ニュース

AMD,「Catalyst 12.8」を公開。6月末以来の公式最新版ドライバスイートはWindows XP〜8に広く対応

 北米時間2012年8月15日,AMDは,6月下旬の「Catalyst 12.6」以来となる公式最新版ドライバスイート「Catalyst 12.8」を公開した。

 今回のリリースにおける最大のポイントは,AMD製のGPUやAPU,チップセットに広く対応するCatalystドライバスイートとして初めて,Windows 8を正式にサポートしたことだ。Windows 8は,北米時間2日にRTM(Release to Manufacturing,製造工程向けリリース)を迎え,15日からは開発者や企業のIT部門が入手できるようになっているので(関連記事),AMDがさっそく対応ドライバを投入してきたのは歓迎されそうである。

 なお,AMDのサポートページからダウンロードできるドライバパッケージは,Windows 8と7,Vistaで共通だ。すぐに入手したい人は,下に示したリンクを利用してほしい。

32bit版Windows 7&Vista向けCatalyst 12.8
64bit版Windows 7&Vista向けCatalyst 12.8
Windows XP向けCatalyst 12.8

32/64bit版Windows 8・7・Vista向けCatalyst 12.8チップセットドライバ
Windows XP向けCatalyst 12.8チップセットドライバ

4Gamer最新ドライバリンクページ

 「Display Driver」のバージョンは8.982(1208091614-8.982-120727a-144945C-ATI)なので,Catalyst 12.6からは0.002,「Catalyst 12.7 Beta」からはほぼ0.001の引き上げということになる,今回のCatalyst 12.8。製品版のWindows 8に対応する初のドライバということもあってか,新要素としてリストアップされているのは同OSに向けた最適化項目のみとなっている。

 具体的な内容は下にまとめたとおりだが,実のところこれは,Windows 8の新しいグラフィックスドライバ仕様「WDDM 1.2」(WDDM:Windows Display Driver Model)をフルサポートするとして3月に公開された「Windows 8 Consumer Preview」向けドライバで新要素とされたものとほとんど同じだ。
 もっとも,新たにDirectX 11.1(Direct3D 11.1)の新機能が利用可能になったりしているので,「新世代OSの製品版を正式サポートするにあたって,そのほかの項目でも最適化は進んだ」と見るのが,ここではおそらく正解だろう。

●Catalyst 12.8の新要素(Windows 8)
※プレビュー版から変わっていないところは項目の最後に▲を付けたが,最適化が進んでいる可能性はある
  • Direct3D 11.1の新しいレンダリングパス「Target-Independent Rasterization」(TIR)に対応。Direct3Dアプリケーションでより高品質なアンチエイリアシングを適用可能に
  • ネイティブ3D立体視対応▲
  • 統合型ビデオAPI(Unified Video API)対応。DirectX 11 APIベースのビデオ再生が可能になり,ビデオとゲームコンテンツの同時利用ができるようになった。また,一部のアプリケーションでトランスコード性能が向上する可能性もある▲
  • 画面の回転機能最適化▲
  • スリープおよび復帰時の性能向上▲
  • GPU消費電力の最適化▲
  • Eyefinity,AMD Dual Graphics,CrossFireX,AMD OverDrive,UVD,Catalyst Control Center(VISION Engine Control Center)対応▲
  • OpenCL&OpenGL対応▲

 そのほか,バグフィックス内容は,対応製品情報ともども,本項の最後にまとめたとおりだ。AMDのドライバ担当であるAndrew Dodd氏は,Twitterで「The Elder Scrolls V: Skyrim」のHUD表示に関するバグが修正されると予告していたのだが,その項目はリストに入っていないため,実際に修正されているかどうかは分からない。

 ともあれ,約1か月半ぶりの公式最新版である。対象製品を使っている人なら,自己責任でアップデートする価値があると述べていいのではなかろうか。


●Catalyst 12.6 Previewの対応製品
  • デスクトップPC向けRadeon HD 7900・7800・7700シリーズ
  • デスクトップPC向けRadeon HD 6000シリーズ
  • デスクトップPC向けATI Radeon HD 5000シリーズ
  • ノートPC向けRadeon HD 7000M&6000Mシリーズ
  • ノートPC向けATI Mobility Radeon HD 5000シリーズ
  • Fusion APU A・E&Cシリーズ


●Catalyst 12.8で解決した問題(Windows 8)
  • Modern UI(旧称:Metro UI)ベースのビデオプレーヤーを用いたビデオ再生時に画面表示が乱れ,緑色が表示される問題
  • CrossFireX構成時に「Deus Ex: Human Revolution」のゲーム内デモシーンで画面表示が乱れる問題
  • CrossFireX構成時に「Batttlefield 3」がクラッシュする問題
  • 「Need for Speed The Run」でゲームがクラッシュしてデスクトップに戻る問題
  • 「VLC media player」を用いたビデオ再生時にブロックノイズが乗る問題
  • 「PowerDVD」を用いるとシステムがハングする問題
  • 複数のビデオプレイヤーで,ビデオ再生時に画面表示が乱れ,緑色が表示される問題


●Catalyst 12.8で解決した問題(Windows 7)
  • システムを再起動するとオーバースキャンおよびアンダースキャンの設定が元に戻る問題
  • 3D CADソフトウェア「SolidWorks」で画面表示がおかしくなる問題
  • 「Crysis Warhead」をDirectX 10モードで実行するとアプリケーションがクラッシュする問題
  • スリープからの復帰時にシステムがハングする問題
  • 接続されている高解像度テレビの電源を入れたり消したりすると(HDMI経由の)サウンド出力が無効化される問題(※ということだと思われる。原文は「Audio is no longer disabled if the connected HDTV Is switched off/on」)
  • Radeon HD 7000シリーズ搭載のAMD Dual Graphics構成時,ビデオ再生時に画面表示が乱れ,緑色が表示される問題
  • CrossFireX構成時に「Call of Duty: Black Ops」をDirectX 9モードで実行すると,ミッションの読み出し時にハングする問題
  • 「Total War: Shogun 2」でテキストがちらついて見える問題
  • 「Star Wars: The Old Republic」で,矢印キーを使うと,ゲーム内のデモシーンで画面がちらつく問題
  • CrossFireX構成時に「DiRT Showdown」の「8 Ball」でハングする問題
  • CrossFireX構成時に「Max Payne 3」をDirectX 11モードで実行すると,画面に何も表示されない問題
  • 「Max Payne 3」でゲーム内の設定を変更しようとするとアプリケーションがクラッシュする問題


●Catalyst 12.8で解決した問題(Windows XP)
  • 中国でサービスされているダンスゲーム「QQ Dancer」において,画面に何も表示されなくなることのある問題


●ノートPC向けCatalyst 12.8の制限事項
  • 本バージョンのリリース後に発表されたノートPCは非対応
  • Switchable Graphicsが有効なノートPCは非対応
  • 東芝製ノートPC,ソニー製「VAIO」シリーズのノートPC,パナソニック製ノートPCは非対応(※従来同様,ドライバはPCメーカーから提供される)
  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • 関連タイトル:

    Windows 8.x

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日