オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
GeForce Driver公式サイトへ
  • NVIDIA
  • 発表日:2003/10/23
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
GeForce使いならこれは導入すべき。「GeForce Experience 1.8」登場で使い勝手が大幅に改善される
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/12/03 11:48

ニュース

GeForce使いならこれは導入すべき。「GeForce Experience 1.8」登場で使い勝手が大幅に改善される

GeForce Driver
 北米時間12月2日,NVIDIAは,グラフィックス設定の自動最適化機能に加え,ゲームの自動録画機能「ShadowPlay」も利用可能なGeForceユーザー向け無料アプリケーション「GeForce Experience」のメジャーアップデートとなるバージョン1.8(1.8.0.0)を公開した。
 すぐに入手したい人は下に示したリンクを利用してほしい。対応GPUは,グラフィックス設定の自動最適化機能がGeForce GTX 400シリーズもしくはGeForce 400Mシリーズ以降,ShadowPlayがGeForce GTX 700&600シリーズ。Release 331世代以降のGeForce Driverがインストールされたシステムで利用できる。

GeForce Experience 1.8


 GeForce Experienceとは何か,ShadowPlayとは何かという話は,掲載済みのレポート記事を参照してほしいが,ざっくり振り返っておくと,いずれも非常に画期的で便利な機能だったものの,従来は,いくつか大きな制限もあり,これが,総合評価をやや下げるものになっていた。たとえば,「グラフィックス設定の自動最適化機能は,デスクトップ解像度を前提にしかできない」「自動最適化機能をユーザー側では調整できない」「ShadowPlayのシャドウ録画はビデオの解像度が1920×1080ドット固定で,それ以外の解像度だと問答無用で引き伸ばされる」といった具合だ。

ゲームの最適化にあたって,解像度や画面モードを選択できるようになった
GeForce Driver
 それに対して,メジャーアップデートとなるGeForce Experience 1.8のトピックは,こういった制限の多くがなくなったことにある。グラフィックス設定の自動最適化においては,「実際にゲームをプレイする解像度,画面モード」を選択できるようになった。さらに,「デスクトップ解像度のフルスクリーンで最低40fpsを確保」という最適化設定の基準をベースとして,クロックアップ版グラフィックスカードを使っているからさらにグラフィックス品質を引き上げたいとか,とにかくフレームレートを高い状態で安定させたいからグラフィックス品質を引き下げたいといったニーズにも,スライダーの調整といった形で応えられるようになっている。

解像度やディスプレイモードはプルダウンでの選択式
GeForce Driver GeForce Driver

GeForce Driver
「インゲームとマイク」を選ぶと,マルチソースでサウンドを録音できる
GeForce Driver
このスクリーンショットはWindows 7環境で取得したものだが,ご覧のとおり,シャドウ録画の最大時間を20分に指定できるようになった
 ShadowPlayにおいては,とにもかくにも,出力されるビデオの解像度が1920×1080ドット固定でなくなったというのが,最大のトピックだ。一例を挙げると,1920×1080ドット解像度のディスプレイ環境で,1024×768ドット解像度設定を行ってゲームをプレイし,そのときにShadowPlayから録画を行うと,従来は解像度もアスペクト比も無視して1920×1080ドットのムービーが出力されてしまったのに対し,今回は1024×768ドット解像度のムービーが出力されるようになったのである。

 また,サウンドのマルチソースに対応し,ゲームのサウンドとマイク入力した音声を同時に録画できるようになった点や,従来,シャドウ録画(Shadow Record)において,Windows 8なら最大20分録画できるところ,Windows 7では最大10分に制限されていたのが,Windows 7でも最大20分録画できるようになった点も重要なアップデートといえるだろう。

 GeForce.comによると,アップデートの概要は下に箇条書きで示したとおり。かねてより予告されている「録画したゲームプレイのTwitch.tvアップロード機能」は,残念ながら次回以降のメジャーアップデート待ちとなっているが,それでも,対応環境を持っているならとりあえず導入てみるべき内容になっているとは述べてよさそうだ。
 なお,GeForce Experience 1.8は正式版だが,アプリケーションのインストール作業は自己責任となる。この点だけはお断りしておきたい。


## 以下,GeForce.comの関連記事および英文リリースノートまとめ ##

●GeForce Experience 1.8の新要素
・最適化設定のカスタマイズ対応
  • ターゲット解像度を,最大3840×2160ドットの範囲で指定可能に
  • ターゲット画面をフルスクリーン,ウインドウ,「ボーダーなしウインドウ」の中から選択可能に(※「ボーダーなしウインドウ」は英語だと「Borderless Windowed」。おそらく枠の表示を伴わないウインドウ表示のことだと思われるが,詳細は分からない)
  • 最適化設定の方向性をスライダーで調整可能に

・ShadowPlayの拡張
  • Windows 7環境でも最大20分のシャドウ録画に対応
  • サウンドのマルチソースに対応し,ゲームサウンドとマイク音声の同時録画が可能に
  • 1920×1080ドット未満の解像度・アスペクト比でも,引き延ばしなしでネイティブ録画が可能に(※1920×1080ドットより大きな解像度の場合,解像度は引き下げられるが,アスペクト比は保持される)
  • 録画したビデオを再生するときつっかかるような挙動を示す問題を低減
  • 関連タイトル:

    GeForce Driver

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日