オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
グラナド・エスパダ公式サイトへ
読者の評価
84
投稿数:125
レビューを投稿する
海外での評価
66
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「グラナド・エスパダ」が10月2日に実装されるハードモードミッションの先行体験会を開催。今後の開発方針も公開された会場の模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/09/30 15:07

イベント

「グラナド・エスパダ」が10月2日に実装されるハードモードミッションの先行体験会を開催。今後の開発方針も公開された会場の模様をレポート

 ハンビットユビキタスエンターテインメントは,2013年9月28日,オンラインRPG「グラナド・エスパダ」(以下,GE)のアップデート先行体験会を,東京都内のアイ・カフェ AKIBA PLACE店にて開催した。
 このイベントでは,今後の同タイトルの開発方針が公開され,その第1弾として10月2日に実装される新たなハードモードミッション2種類がお披露目となった。イベント会場には,事前の募集に応じた16名のGEプレイヤーが集まり,新ミッションを先行体験することとなった。



日本向け開発専門チーム発足。短期開発で3週に一度アップデートを実施


GE 日本運営プロデューサー 中尾圭吾氏
 今後の開発方針についてプレゼンテーションを行ったのは,GE 日本運営プロデューサー 中尾圭吾氏だ。中尾氏はまず,同タイトルの日本向け開発専門のチームが設けられたことを報告し,長期および短期の2系統で企画開発を進めていくことを明らかにした。

 長期開発のテーマは,大型アップデートが楽しめるように新しい遊びを企画していくことである。具体的には,まずゲーム中にある3つの派閥に関するシステムのリニューアルを図る。さらに次期大型アップデート「バハマル」では「躍動感のあるフィールドコンテンツ」「シングルプレイのPvEコンテンツ」「戦略/戦術を考慮する余地のあるスクワッドのキープモード」などの新しい遊びを導入する。無論,さらにそのあと予定されている大型アップデート「アルモニア」にも,さらなる遊びが追加される予定だ。

グラナド・エスパダ

 もう一方の短期開発のテーマは,3週に1回のアップデートで遊べるコンテンツを提供していくことである。中尾氏によれば,当面の間は既存ミッションのハードモードの追加を考えているとのことだが,その一方では通常モードのミッションイベントの開催も検討しているという。ただし,大半の開発リソースはバハマルアップデートやアルモニアといった大型コンテンツに注力しているため,短期の内容は微調整に留まると説明が加えられた。

グラナド・エスパダ

 ここでいうハードモードミッションとは,以前より日本のプレイヤーからリクエストの寄せられていた2〜3人の少人数プレイヤーが協力してプレイするという,上級者向けのコンテンツである。中尾氏は,次の大型アップデートで新コンテンツが追加されるまでのプレイ継続へのモチベーションを持続させるために,こうした施策を用意していると説明した。

グラナド・エスパダ

 また一口に「上級者向け」「高難度」といっても,プレイヤーによって求めているコンテンツの内容も,所持している装備アイテムも異なり,ひいては遊び方が異なる。そこでハードモードミッションは,実装するものごとにコンセプトを変えていくとのことだ。
 したがって,あるミッションは多くの上級者が楽しめる内容だが,また別のミッションは本当に一握りのトッププレイヤーしか歯が立たないようなものになる可能性もあるという。

グラナド・エスパダ

 なお,これらの施策は流動的であり,プレイヤーの反応や実際の動向を踏まえて,適宜調整/変更が加えられるとのことだ。とくに直近の2013年10月アップデート分に関しては,試験導入段階と位置付けてプレイヤー動向の分析を重視し,そのあとに実装されるものから徐々にクオリティを上げていく予定となる。


 続いて会場では,GEの運営開発に関する来場者の質問やリクエストに,中尾氏が対応するというコーナーが設けられた。このコーナーでは,「新しいキャラクターの性能や編入」「ミッションやフィールドでの狩り」「対人コンテンツ全般」といったテーマごとに,有料キャラクターの位置付けや報酬アイテム,コロニー戦/派閥戦などについて,来場者の意見を中尾氏がヒアリングした。

 それらの意見が具体的にどういった形でゲームに反映されるのかは,正直なところ未定である。しかし,例えば今回,先行体験の対象となった少人数向けのハードモードミッションは,2013年7月に実施された開発座談会にてプレイヤーから要望があったときに,開発スタッフがいまひとつ理解できていなかった企画である。それが,わずか3か月足らずでこうして実装に至ったという点で,今後の中尾氏の手腕および日本向け開発専門チームの活躍にも期待が持てるのではないだろうか。

意見交換のコーナーでは,プレイヤーから中尾氏にさまざまな質問やリクエストが投げかけられた


ハードモードミッションを来場者が実際に体験し,本実装時の難度を決定


ハードモードミッションのプレゼンを行ったGE 日本開発プロデューサー DrフランモールステインJr.氏。背格好は中尾氏そっくりだが,はたしてその正体は……?
 イベントの後半では,来場者が2つのハードモードミッションを体験することとなった。まず,日本開発プロデューサー DrフランモールステインJr.氏が開発意図などを説明した。
 ハードミッションは,いずれも既存ミッションを高難度化したもので,今回のテーマは,「実装当初,実力を発揮しきれず,歯応えがなかったボスの復権」とのことで,「ヨルムンガンドの巣」と「カスティア遺跡」の二つのミッションでハードモードが追加される。さらに,今回の先行体験のプレイ結果如何では,本実装時の難度がさらに調整される可能性もあるとのことだった。

グラナド・エスパダ グラナド・エスパダ

●「ヨルムンガンドの巣」(Lair of Jormongand)基本情報

グラナド・エスパダ

開始場所:ハビエル草原もしくはニムロッド橋 特殊レイドミッション入場兵
必要アイテム:なし
制限時間:未定(先行体験では20分)
人数制限:2家門まで
クリア条件:制限時間内にヨルムンガンドを討伐
備考:1日1回まで。報酬のルーレットを回すにはヨルムンガンドシンボルが必要


 先行体験開始前に,中尾氏が「多くのプレイヤーが知っているとはいえ,難度としては初出しなので,まずクリアできないと思う」と豪語したこのミッション。ただでさえハード仕様なのに加え,実装予定のものからボスの体力を2倍にして,どれくらい削れるかを確認するのだという。つまりボスを半分削れたら予定どおりというわけだ。
 しかし,トップのペアは33等級装備にも関わらず,わずか8分前後で雑魚モンスターを蹴散らし,目標のヨルムンガンドの場所まで到達。さらには3分近くの時間を残して討伐に成功した。ほかにも制限時間20分でヨルムンガンドの体力を8割以上削ったペアと,半分ほど削ったペアがそれぞれ1組ずつ登場する結果となった。

グラナド・エスパダ

 そうした来場者のプレイおよびヒアリング,そして報酬がミッション「混沌の塔」「時計台」よりも高めに設定されていることから,このハードモードミッションは,今回の先行体験会よりも難度を高めた調整を施して本実装されることが中尾氏よりアナウンスされた。

会場では,中尾氏らGE運営開発チームが,来場者にハードモードミッションのプレイフィールなどをヒアリングしていた


●「カスティア遺跡」(Castilla, Relic)基本情報

グラナド・エスパダ

開始場所:カスティア廃墟の東端
必要アイテム:古代の黄金の遺留品各家門1個
制限時間:30分(開始直後は30分だが,ボスを1体倒すごとに15分ずつ増える。ただし先行体験は20分で打ち切り)
人数制限:3家門まで
クリア条件:制限時間内に テンペスト討伐

 こちらはミッション「ティグレス収容所」並みの難度および報酬設定ということで,来場者の中から希望者6名2組が挑戦することになった。中尾氏は今回も「20分だとボス2体討伐できて,3体めが見れるかどうかというところ」と強気である。
 実際,1〜2体めの「エンシェントディアブロ」「カオスラバリーフ」は,強いといっても既存ボスの延長線上にあり,上記のヨルムンガンドを倒したペアを含むトップグループは,10分前後で2体を相次いで倒していく。


グラナド・エスパダ
 しかし,3体めの「カオスウェティス」あたりから,雑魚モンスターも含めて,目に見えて敵の攻撃速度が上がっており,トップグループも歯応えを感じているようだった。とくに5体めの「カオスハデオン」では,それまで卓越したテクニックを披露して敵の攻撃を一手に引き受けていたタンク役がミスしてしまい,キャラクターがバタバタ倒されるという阿鼻叫喚の図が展開されることに。結局,このグループがカオスハデオンの体力を6割程度削ったところでタイムアップとなった。

 ちなみにタイムアップ後,来場者達には次のボスとなる「ナナ」を見る機会も与えられたのだが,スタンス「ブラッディフィースト」ばりの攻撃速度を誇っていたと記しておこう。

グラナド・エスパダ

 さて,こちらのハードモードミッションは,もう一方のグループが,中尾氏の予想に即した進行を見せていたこともあり,ひとまず先行体験と同じ難度で実装される模様だ。中尾氏は,攻略にあたって3家門9キャラクターの構成をきちんと考慮する必要があるだろうと話していた。


 また,今回先行体験を行った二つのミッションは,かなりの上級者向けという位置付けだが,次回は同じ上級者でもより幅広い層が楽しめるものを実装する予定とのことである。詳細は追って発表されるので,GEプレイヤーはぜひ期待してほしいところだ。

「グラナド・エスパダ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    グラナド・エスパダ

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2018/07/18)
グラナド・エスパダ スターターキット (説明扉付スリムパッケージ版)
Software
発売日:2006-05-25
価格:8900円(Amazon) / 15330円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月