お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ストロングホールドクルセイダー 日本語版

ストロングホールドクルセイダー 日本語版
公式サイト http://www.fireflyworlds.com/shc_index.php
発売元 メディアクエスト(キッズステーション)
開発元 FireFly Studios
発売日 2003/07/17
価格 8980円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
71
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 1と比べて・・・ 40
    • 投稿者:hassan7878(男性/30代)
    • 投稿日:2013/02/03
    良い点
    このシリーズは1と今作のみやっていますので基本的に1との比較となりますが、

    ・対戦形式のルール
    敵城の打倒という明確な勝利を用意したことによって、
    プレイするに当たって分かり易くなりました。
    自分の城をそこそこに敵城に攻め込んで火を放つなど、
    1では出来ないことも出来る様になったのは確かです。
    悪い点
    ・戦闘重視な路線への変更
    分かり易くなったと同時に1が好きだった人間には恐らく残念な点。
    敵を倒すことが至上目的なルールのため、
    前作のようにゆっくり内政に勤しむプレイがしにくいです。
    総評
    1は自分の城を作るために民を働かせ、
    また内政を頑張って民の満足度・食糧問題を解決し、
    効率よく自由に城を建てる。
    いわば城の建設・運営シミュレーションでありました。
    もちろん敵はいますが運営する上でのアクセントのようなものでした。

    ところが今作では内政も出来るものの、大前提として敵を倒すことが全てとなり、
    また「敵より早く守りを固めなければ」「敵より早く攻めなければ」
    と言うように急かされてしまう。
    戦争ゲームとしては良いのかもわかりませんが、
    ストロングホールド1のような自由な城塞シミュレーションを期待してしまうと
    見た目ほどの自由さが無い事にがっかりしてしまうかもしれません。

    敵を倒すのが全てな戦争シミュレーション好きなら今作を、
    自分の城の建設・マネジメント重視なシミュレーションが好きな人は1をオススメします。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 2 3 4
  • おもしろい。 80
    • 投稿者:もっちん(男性/30代)
    • 投稿日:2012/11/23
    良い点
    ・洋ゲー独特の雰囲気。
     和ゲーのように萌え要素やオブラートに包んだような表現がないところ。

    ・ゲームシステムに矛盾が少ない。
     (例えば、AOEなどで矢や銃弾が石壁を貫通するなどの現象)


    悪い点
    ・古いゲームなのでグラフィックはそれなり。当時は良かったのだろうが。
     ただ、古いグラフィックなりに色々凝ってる部分があり、とても評価できる。

    ・上に"ゲームシステムに矛盾が少ない"と書いたけれど、
     私が確認したもので1つだけ致命的な敵AIがある。
     ゲームバランスに大きな影響を与えるのでここでは書かないが、
     これに気づいてしまうととてもツマラナイゲームになってしまう。
    総評
    前の方のレビューがすごく的を射てると思います。
    とにかく一度やってみてほしいです。

    発売当時にハマり、最近また中古で購入してハマってます。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 4 4
  • 城造り、そして戦争 95
    • 投稿者:あしつ(男性/20代)
    • 投稿日:2010/09/11
    良い点
    仝沈に富んだユニット
     今作クルセイダーは、前作と比べ生産ユニットの種類が2倍になった。前作のユニットはもちろん、今作は傭兵を雇うことが可能になった。傭兵には、能力は乏しいが建物に火をつけて回れる奴隷兵や、敵ユニットに近づくまで存在が隠せるアサシンなどが生産可能で、前作よりも戦略性に富んだ戦いが楽しめるようになった。

    ⊆由な城造り
     今作も前作と同様、城壁や塔をを自由に設置でき、どんな敵軍にも屈さない堅固な城や、デザイン性に富んだ城を造ることができる。塔の種類も前作より増え、塔の上に守城兵器が設置できたりと、城全体の見た目にもこだわってしまう。

    G鯒の攻城戦、守城戦
     攻城戦では、攻城兵器としてカタパルトはもちろん、トレブシェットや衝車が使用可能。城壁を破壊し、歩兵の大規模な戦闘はテンションが上がる。
     守城戦においては、罠やピッチ、油釜を投げつける技術兵などを駆使し、自分の城を守ることができる。敵の梯子兵は早めにつぶしておきたい。うまく敵をピッチへ誘い込み、そして火の海、、、といったことも可能。

    じていて飽きない内政
     戦力増強も大事だが、内政も怠ってはならない。石や鉄などの資源や食料の確保も必要である。果樹園や製鉄所で働く人民の細かな動きは、見ていて本当に飽きない。パン工房で働く人民の、パンを釜に入れて焼くという動作に、芸の細かさを感じた。
    悪い点
    ・敵AIの弱さが目立つ。
    兵を補充 → 一定数出兵 の繰り返し。敵には「一回攻めて失敗したから次はもっと多くの兵を送ろう」という思考がないらしい。
     資源を確保する時も、石切り場や製鉄所を建てれるスペースがまだあるのに1つや2つしか建てないので、経済力はあまり発展しない。プレイヤーと敵との戦力差がすぐに表れてしまう。

    ・隊列が組めない
     このような軍隊ゲーだと、隊列を組んでカッコよく進軍、といったことが普通だが、ストロングホールドでは兵士が隊列を組むことはできない。移動先をクリックすると必ず正方形に整列してしまうのだ。地道に好きな形に整列させることも不可能ではないが面倒。次作に期待したい。
    総評
    このゲームは、自分にとって購入して正解だったと思う。箱庭ゲーと軍隊ゲーが重なっているので、どちらのファンにもお勧めできる。芸の細かさに圧巻されるだろう。ステージやモードのボリュームも十二分にあり、その面で不満を言うことはないだろう。自分はまだ全クリしていない。
     ただ、このストロングホールドクルセイダー日本語版は、現在販売中止となっている。中古で購入するとしたら10000円は覚悟したほうがよいだろう。購入を考えるなら英語版が妥当。英語版といっても、システムさえ覚えてしまえば、あとは中学程度の英語力と辞書さえあればほとんど理解できるので、困ることはない。
     個人的には、神ゲー。販売中止にならなかったら、隠れた名作にならなかったかもしれない。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2020/07/18)
ストロングホールド クルセイダー 日本語版
Software
発売日:2003/07/17
価格:¥14,600円(Amazon)
amazonで買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月30日〜07月01日
タイトル評価ランキング
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
58
54
ELDEN RING (PC)
53
52
Pokémon LEGENDS アルセウス (Nintendo Switch)
48
2022年01月〜2022年07月