オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/12/27 21:00

企画記事

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
第二研究開発本部 第二開発部 部長
大崎 誠

代表作:「初音ミク Project mirai 2」「初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone」

写真は2013年6月に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「艦隊これくしょん -艦これ-」(ブラウザ)
実はFree to playのゲームは全くプレイしたことが無かった自分に、ビックリするほどお金を使わせてくれたので。
まるでファミコン時代を思い出させる、職場で情報交換しつつ艦娘を育成し、難敵をクリアすることに血道を上げる…ゲーム自体だけで無くまわりの環境含めて楽しいです。
おっさん世代でも出来る「忙しく無さ」もいいですね。
おかげで生活のリズムが良くなりました。(笑)

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

やはり「艦これ」です。理由は上記+書くと長くなるので割愛します。
シーンに対する丁寧さ・真摯さと愛情が重要だと改めて教えられました。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

東北楽天ゴールデンイーグルスの田中投手
理由は鬼神の活躍でした。こんなピッチャー見たこと無いですね。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

好評発売中の「初音ミク Project mirai 2」はメンバーの気合いと愛情で仕上げたタイトルです!
年末年始は是非とも皆様のおそばで愛でつつプレイして戴ければ幸いです!
「初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone」も(この記事が出る頃には)楽曲もモジュールもアイテムも盛りだくさんです。
是非年末年始はプレイしてみてください!

また、来年も丁寧にゲームを開発していければと考えております。

セガへの応援を何卒宜しくお願いいたします!

「初音ミク Project mirai 2」(3DS
(C) SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
デザイン協力:ねんどろいど
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「ファンタシースターオンライン2」プロデューサー
酒井智史

代表作:「ファンタシースターオンライン2」

写真は2012年7月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「チェインクロニクル」(スマートフォン)
スマホゲーム、ソーシャルゲームと言う括りから一つ抜け出たものが、手前味噌ではありますが、セガと言う会社の中から生まれたことに衝撃を受けました。
家庭用ゲームが厳しい環境にある中で、やはりまだまだその魂が生きるところはある、と言う事を知らしめ、これからのゲーム業界を考える意味でも、一つのターニングポイントとなるタイトルではないかと思います。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「パシフィック・リム」
ついに完結した「SPEC」と悩みましたが、やはり特撮好きとしてこの映画を外すわけにはいきません。
日本が生み出した文化を、形を変えてまたもハリウッドの手で見せられてしまうと言うのは、ある意味切なくなる部分もありますが、画面の持つパワーに圧倒されました。
2014年はいよいよ新作のハリウッド版「ゴジラ」も公開されると言う事で楽しみです。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

少女時代
これほどに完成されかつ、上に向けて変化を続けるグループは世界にも類を見ないと思います。
9人もメンバーがいるにも関わらず、メンバーチェンジすることなく活動を続けていること、9人の一人一人がいなければ少女時代ではないと言えるほどに無駄がなく、そして個性にあふれている。
すべてのアイドルがすべからくそうであるように、明日への元気を与えてくれる存在です。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2012年のサービスインから、2013年で1年を迎えた『PSO2』ですが、今年は大きな喜びと悲しみがあった年でした。
EPISODE2の配信で最高の同時接続を記録したにも関わらず、9月の不具合で大きなご迷惑をかけてしまったことは、本当に残念でありまた、申し訳なく思っております。
失った信頼を回復し、安心、安全で信頼される運営を続けていくことを目指しています。

春にはスマホ版「PSO2es」のサービスも控えています。
当初からの目標である「境界を超えるRPG」の実現に向けて、しっかりとサービスを成功させたいと思います。
『PSO2』も2年目に向けて、新たな「クラフト」システムなど、さらなる驚きと楽しさを皆さんに与えていけるよう、チーム一同頑張っていきたいと思います。

また、ファンタシースターシリーズとしては、2014年発売予定の「ファンタシースターNova」にも注目いただきたいと思います。
『PSO2』の世界観を使いながらも独立したオフラインのRPGとして楽しめるものになりますので、こちらにもご期待ください。

「ファンタシースターオンライン2」(PC / PS Vita
(C)SEGA
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「龍が如く 維新!」ディレクター
阪本寛之

代表作:「バイナリードメイン」「龍が如く 維新!」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「グランド・セフト・オートV」(PlayStation 3)
圧倒的なスケールと美麗なグラフィックが超人的に両立している奇跡のソフト。言葉で語れないほど、あらゆるエンターテイメントが詰まっています。もう全く隙が無い作りに只々感服します。次は一体どんな形になるんだ?と想像もできませんね。物語もブラックユーモア満載で、気が付くとすっかりトレバーのファンになってしまいました(笑)。ただ、あのノリに拒絶反応が出た人も多いと思いますが……。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「くまモン」シリーズですね。
あっという間に全国に広まり、あの顔を見たことが無い人はいないんじゃないかな?と思えるほどです。あの癒されるデザインも秀逸ですが、プロモーションの力を感じますね。気が付くと、身の回りの生活品があの顔だらけになってたりします。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

楽天の田中将大投手でしょう。
シーズン無敗で最多勝は超人です。今年のプロ野球が盛り上がった一番の功労者ですね。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「龍が如く 維新!」が2014年2月22日にPS4/PS3でいよいよ発売になります!
なんと今作では、PS Vitaのクロスプレイに対応し、本編で遊べるバトルダンジョン、アナザーライフ、賭場ミニゲームが無料で遊べます。セーブデータも持ち運べるので、いつでもどこでも育成要素を存分に楽しめるつくりになっています。
シリーズファンの方はもちろん、初めて触れる方にもきっと楽しんでもらえると思います!よろしくお願いいたします!

「龍が如く 維新!」(PS4 / PS3
(C)SEGA
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「サカつく プロサッカークラブをつくろう!」プロデューサー
島野光弘

代表作:「サカつく プロサッカークラブをつくろう!」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Panini Football League」(PC)です、ネットで遊べるカードを使用したサッカーゲームなのですが、そのカードを登録して自分のクラブを強化して行きます。コンビニや量販店で気軽にカードを購入できて、カードが手元に残る、レア等が比較的手に入れ易い、大会に優勝するかポイントを貯めて行くと特別なリアルカードをもらえるなど、カードを集めるのが非常に楽しい!と思えるバランスが最高です。選手の状態が週2回更新され、実在の選手が今週のリーグで活躍したか等でその状態が変化するのでコアなサッカーファンも納得できる作りが良いです。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ちはやふる2」です。いい年したおっさんが何度も泣かされました(笑)。競技かるたを通して友情や恋愛等を描いていて、キャラクターそれぞれの個性、声優さんの演技が素晴らしく、世界に引き込まれました。特に、所々出てくる仲間への励ましや思いやりを表現するセリフが心に響きました。イメージ的には地味な競技かるたをハードなスポーツ根性モノのように演出されていて、それがハマッており、観ていてなんとも言いようのない気持ちになる上手さに感動しました。原作漫画は読んでいないので早く次のシーズンが観たいです。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

女優の土屋太鳳さんです、ドラマ鈴木先生の生徒役で出演されていたのですが、とにかく癒されます、演技も素晴らしく、なにより透明感というか・・・クラスにこんな子がいたら皆好きになっちゃうだろうな〜というタイプの女優さん。クラスのマドンナ理想像にこれほどピッタリな子はいないと思います。今後も色んな役の土屋さんを見て癒されたいですね。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

私自身のトピックで言うと2013年は「龍が如く 1&2 HD for Wii U」、それに「サカつく」を発表、発売する事ができました、かなりタイトなスケジュールで、ホントにあっと言う間の1年・・・でした。
先日W杯の組み合わせ抽選会が終わり、いよいよワールドカップイヤーに突入です、年末は家でも外でも「サカつく」でワールドカップに備えサカつくで色々な妄想をしちゃって下さい。
2014年も間違いなく、あっと言う間の1年になると思います、皆様が「待ってました!」と喜んで頂けるタイトルが発表できると思いますのでご期待下さい!!皆様の反応が楽しみです、頑張ります。

「サカつく プロサッカークラブをつくろう!」(PS3 / PS Vita
(C)SEGA LICENSED BY J.LEAGUE Stats Stadium The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「ヒーローバンク」プロデューサー
下里陽一

代表作:「ヒーローバンク」、「シャイニングフォース」シリーズ他

写真は2009年に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「にゃんこ大戦争」(iOS)
非常にセンスの良さを感じた作品でした。
タワーディフェンスタイプのある意味確立されているシステムに独特のセンスの世界観とキャラクターをミックスさせ、ゲームとしてもレスポンス性の高さ、中毒性のあるゲーム性にまとめあげた秀逸な作品だと感じました。。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「半沢直樹」(TVドラマ)
久々に、次回放送を待ち遠しく感じたTVドラマです。
正直、最近のドラマはつまらなくドラマそのものに興味が失せていたこともあり、この「半沢直樹」もスルーしてました。
が、世間の盛り上がりを知り、流行に流されて観てみるとその作品性、娯楽性、ドラマ性に見事にハマってしまいました(笑)
視聴者を夢中にさせるストーリー構成、キャラクター性、台詞回し、音楽等、全てにおいて計算されて製作されておりそこに製作者サイドのこだわりも加わり、物を作る同業者として非常に勉強になった作品でした。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

「浅野尚志」(作詞家、作曲家)
浅野氏は私が担当している3DS版『ヒーローバンク』オープニング曲の作詞、作曲を手がけた方なんです。
若干24歳という若さにかかわらず、非常に頭の引き出しが多い方でそれもそのはず東京大学出身という異色の経歴の持ち主なんです。
手前味噌ですが、『ヒーローバンク』のオープニング曲は非常にキャッチーな作品に仕上がりました。
公式サイトで、聴けますので是非聴いてみてください!
非常に才能溢れる方ですので、数年後きっとヒット曲を世に出し脚光を浴びるであろう逸材だと思っております!

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2014年3月20日に3DS版「ヒーローバンク」が発売されます。
2013年10月から「月刊コロコロコミック」でマンガ連載が開始され、それ以外にもクロスメディア展開を色々仕込んでおり、2014年は「ヒーローバンク」に全力投球という感じです。

一見子共向けのゲームと思われるかもしれませんが、今までにない練りこまれたバトルシステムや大人でも楽しめるストーリー、中毒性の高い育成要素等遊びごたえのある作品に仕上がりましたので、ご期待ください!
また体験版も配信予定ですので、そちらも是非プレーして頂ければと思います。
宜しくお願いします!

「ヒーローバンク」(3DS
(C)SEGA
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
第一研究開発本部 MOBILE WORKSチーム 「チェインクロニクル」チーフプロデューサー
新小田 裕二

代表作:「チェインクロニクル」「百鬼大戦絵巻」

Twitterアカウント:@over30dothesoul
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「君と彼女と彼女の恋。」(PC)
ゲームという小宇宙から抜け出せなくても構うものか。
それでも自分たちの子供にも等しい、物語や登場人物を心から愛して欲しいんだ。
そんな作り手の強い願いが心を打ちました。

僕もチェインクロニクルで送り出す物語と登場人物を、出来る限りユーザー様の心に刻みつけたいと思っているので、このシンパシー、フェイスレス。もといプライスレス(ごめんなさい

加えてウィザードリーのような黎明期のPCゲームで育った身としては、すべてをひっくり返されるような(笑)ドキドキ感も懐かしかったです。

いつでもフロッピーディスクを抜けるように身構えながら、一歩一歩方眼紙にマッピングをしていたあの頃…。
無料のゲームが大量消費される時代において、その頃のワクワクをより多くの人々と共有できるようになることを願っています。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

舞台版「STEINS;GATE」
いや、めちゃめちゃ怖かったと思うんですよ。
あれだけ濃密に完成された世界観をリアルに落とし込むことは。
突っ込み待ちどころか叩かれ待ちですよね。

それでも演者さんを中心に団結し、想像を絶する努力をされたのでしょう。
そこには完璧な「シュタゲ」の世界が広がっていました。
特にオカリンとダルの再現度は国民栄誉賞に推したいぐらいです(おおげさ

意志と信念の力がすべてを凌駕した。
まさにシュタインズゲートじゃないですか。
とべよおおおおおおおおおじゃないですか。

愛する物語やキャラクターの具現化は作り手の悲願です。
舞台版チェインクロニクル。目指します!

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

加藤隆生さん(SCRAP代表)
2009年に東京で初めてリアル脱出ゲームが開催された時からの盟友です。
と僕は勝手に思っています。
今年は情熱大陸ご出演おめでとうございます!ということで。

数ある謎解き系イベントの中で、リアル脱出ゲームのみが異彩を放つのは、ひとえに彼の人間性と、物語に対する愛情の深さゆえだと思います。

小学生の頃から「なんで僕には空から少女が降ってこないんだろうと」と思っていた彼は、ありふれた日常のすぐ隣にこそ物語は在るべきだと考えています。
「日常を愛そう。自分を愛そう。」がコンセプトの僕はシンパシーを感じます。

ご自身のロックバンドを宣伝する為にSCRAPというフリーペーパーを始めた彼は、飲み会の席ですら自分が話の中心でないと不機嫌になります。
どちらかという隅っこで笑っていたい僕は、クリエイターとはこうあるべきだとリスペクトします。

という訳で一緒に何かを企てたいと常々思っておりますが、僕の力不足でなかなかご縁に恵まれず。
いつかきっと最高のアドベンチャーゲームを作りましょう!

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

みんなのポケットの中に、冒険の物語を。
次世代王道RPGこと「チェインクロニクル」は、10年愛されるタイトルを目指します。
まだまだ未熟者ゆえ、物語やキャラクターたちや、何よりそれを愛してくださる義勇軍の皆様に申し訳ないような失敗をしてしまいます。

エンタテインメントとは本当に皮肉なものです。
望むものばかりを与えられても飽きてしまうし、そもそも収益を上げていかなければ物語の継続すら叶いません。

それでも少しでも長く、皆様が義勇軍と共にあるように、これからも真摯に向き合ってまいります。
引き続きセガとチェインクロニクルを、どうぞ宜しくお願い致します。

「チェインクロニクル」(iOS / Android
(C) SEGA/(C) SEGA Networks
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」ディレクター
寺田貴治

代表作:「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」「サクラ大戦シリーズ」「ファンタシースターポータブルシリーズ」など

Twitterアカウント:@terra_cap
写真は2013年10月に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「モンスターハンター4」(ニンテンドー3DS)
すでに何度もプレイしたシリーズではあるのですが、プレイを進めるにつれて、今回の特徴である「立体バトル」を作り上げるための「技術」の数々に感動を覚えました。

技術的アプローチを感じる例のひとつに「モンスターがどんな斜めの床にも違和感なく立つ」というものがありますが、これは本当に作るのが厳しい部分だと思います。見た瞬間「すげー!」と声を上げてしまったほどです(笑)
制作を続けているシリーズだからこその作りこみだとは思いますが、まさにシリーズを重ねてきた技術の結晶かと思いますね。

「GTA5」や「ドラゴンズクラウン」など他にも候補は多数ありましたが、携帯機という「限られた性能」の中で技術力を爆発させたモンスターハンター4がお気に入りタイトルです。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「ドキドキ!プリキュア」には驚きました。

失礼ながら、子供向けの作品だと思って若干馬鹿にしている感じが自分の中にあったのですが、子供と一緒に見にいって自分が号泣してしまいました(笑

「サクラ大戦」を作っている時も、「哀しくて泣くのは当たり前、心が熱くなって泣ける作品を作ろう」とよく言っていましたが、同じようなまっすぐな想いを持った作風に感動しました。

また、子供モノであるからこそ、何かを、真剣に伝える必要があるということかもしれません。
演出なども含め、非常に勉強になった作品です。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

アニメーション監督の「多田俊介」さんと作画監督の「関口可奈味」さんです。

「サクラ大戦V」「ブレイザードライブ」でそれぞれアニメーション部分の監督、作画監督をやっていただいたお二人で、高いクオリティを目指す姿勢に、クリエーター魂を熱くさせられたのを覚えています。

2013年に多田さんは「黒子のバスケ」の監督として、関口さんは「花咲くいろは劇場版」や「初画集の発売」など話題が豊富でしたので、当時の懐かしさもあり注目していました。

今後も、お二人の新作には注目してゆきたいと思っています。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

毎年そう思いつつやってますが、2014年も「チャレンジする勇気」と「遊び心」を忘れずにモノ作りをしてゆきたいと思います。

現在私がディレクターとして制作を進めておりますプロジェクト「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」は、アーケード、家庭用と多方面に展開してゆきますので、2014年、要チェックで応援よろしくお願いします!!

「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」(アーケード / 未定
(C)SEGA
(C)2014 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「リズム怪盗R」プロデューサー
中村 俊

代表作:「リズム怪盗R」

Twitterアカウント:@SG_nakamura
写真は2012年1月に掲載した記事のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Candy Crush Saga」(スマートフォン)
このサイトをご覧になる方は、きっと「何故?」という感じかもしれないのですが、いわゆるカードを使っていないタイトルで、スマートフォン市場でたくさんの人に受け入れられ、ゲーム運営がなりたっている、数少ないタイトルです。
純粋にゲームをやりたい、続けたい、面白い、だけで成り立っていて、かつ、究極にシンプルなゲーム、美麗なグラフィックや壮大な話がなくてもゲームって、元来そういうものだし、そういう部分はすごく大事だよね、と思い起こさせてくれるものでした。
そんな私は、ようやく300面を突破、毎日いまだにプレイをしています。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

プロジェクションマッピングです。
東京駅を始め、様々な場所で行われるようになったプロジェクションマッピング。
リアルと映像の同期により、今まで体験できなかった新しい体験ができるようになると思います。
今は、まだまだ大規模でお金がかかるものではありますが、これがどんどん広がっていった時、ゲームともリンクが行われるようになると思うんです。すごくワクワクしますね。
そして、そういったエンターテイメントをいつか自分の手で手掛けてみたいですし、そういうことができるゲームを作っていきたいです!

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

堺雅人さんです。
まあ、「倍返し」ですから…というのは冗談で、私自身1クール7本ぐらいの国内ドラマをみるマニアでして、昔から、堺さんは良いなと思っていたのですが、今年の「半沢直樹」、そして「リーガルハイ」と立て続けに大活躍。CMやらなんやら、引っ張りだこで、更なる極みに手を伸ばしたなと思いました。
不況続きのドラマ市場において、「半沢」や「あまちゃん」などの高視聴率ドラマが生まれたことも、現在厳しい市場にあるゲーム業界においても、良いものを作れば、みる人はみていて、それが花開く時がくるんだと、鼓舞されるところがありましたね。頑張ります。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2013年は、「リズム怪盗R プレミアムライブ」をようやく皆さんにお届けすることができました。
本当にようやくというところで、いろいろ悩みつつ、皆さんにご迷惑をかけつつも、ようやくお届けできて、一安心といったところです。
お正月には、セールもしておりますので、是非、プレイしていただきたいです。
そして、2014年は、色々な意味で新しいことを皆さんにお届けできるように、いろいろと考えております。
是非、ご期待いただければと思います。

「リズム怪盗R プレミアムライブ」(iOS
(C) SEGA (C) SEGA Networks
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
取締役CCO 開発統括本部本部長
名越稔洋

代表作:「スーパーモンキーボール」シリーズ、「龍が如く」シリーズ

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「グランド・セフト・オートV」(PlayStation 3 / Xbox 360)
気になる作品はたくさんありますが、個人的にはどうしてもボリュームとユニークさにエッジの効いたものに興味があるので、この作品になりました。また、映画、コミック、すべてを含めてエンターテイメント史上最速で1位の売り上げを上げたという事実には感服です。大規模な投資の裏には、確固たる勝算があったわけですし、内容面、技術面、ビジネス面、全てにおいて客観的に考えて、完璧だったと言わざるを得ません。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「テッド」(映画)
興行収入が全世界で500億、日本だけでも40億越えで大成功。レンタルやセルのコンテンツも大成功。こういうダークホースが現れるから、エンターテイメントは面白いです。ストーリーもいたってシンプルですが、正直、泣けました。技術的にも細かく手の込んだ部分が随所に見られ、制作スタッフの愛情とコンテンツが結びついた傑作だと思います。固定観念でモノを作っちゃいけないな。俺もこういう仕事がしたいな。と、改めて思わせてくれた作品であり、ゲーム業界が失いつつある何かさえ感じました。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

故・任天堂の山内溥さん
説明不要だと思いますが、この方がいらっしゃらなければ、日本のゲーム文化は始まりませんでしたし、ゲームに対して世界中の誰より、最も大きな夢を描かれた方だと思います。かつてお会いさせていただいたときの貫禄は未だに忘れられません。偉大な足跡を改めてかみ締めつつ、自分も頑張ろうと思います。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

次世代ニューハードが揃って、かつスマホの市場が拡大し、PCオンラインの市場も拡大する中で、ユーザーは何を求めるのか?その結論が現れ始める年になると思います。カオスな市場においてゲームメーカー各社はきっと大きな取捨選択を迫られるはずです。しかし、どこに転ぼうと『作品』として作り手の愛情が込められた上で、メーカーとして愛情のあるサービスを表現することが一番大切なんだと思います。とりあえず、PS4ハードと同時発売の『龍が如く 維新!』から、それを感じていただければ幸いです。

「龍が如く 維新!」(PS4 / PS3
(C)SEGA
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
第一研究開発本部 本部長
西山泰弘

代表作:大戦シリーズ(三国志大戦、戦国大戦)総合プロデューサー他、アーケードタイトル、スマートフォンアプリのプロデュースを担当

写真は2013年2月に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

今年発売というわけではありませんが、LINE POPなどの「LINE GAME」です。アーケードが得意とするプレイヤー同士、友達同士の負けたくないという気持ちのあおり方がわかりやすく、直感的にシンプルに表現できていて、我々も負けてられないなと思いましたね。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年は昨年以上に脱出ゲームにはいろいろと参加しました。限られた空間や時間でプレイヤーをすべてを忘れさせて楽しませる深い作り込みは、参加するたびによく考えられているなと感じます。ゲームの後に参加したメンバーとの反省会も楽しいですね(笑)

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

スタジオジブリの鈴木さんには常に注目をしております。一般的には難しいといわれるテーマの作品でも最大限に魅力を伝えていく手法については、すごく参考になりますし、新しい作品をタイミングよく世に送り出していくラインナップ展開も常に注目しております。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

・アーケードでさらなる挑戦!
・「チェインクロニクル」に続くスマートフォンアプリのリリース
・ゴルフを始めましたので、スコアを上げるとともに、セガのゴルフ事業の盛り上げ
この3つはがんばっていきたいと思います。2014年も皆様に喜んでいただくタイトルを、いろいろな場所にお届けしていきます。

今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「CODE OF JOKER」(アーケード
(C)SEGA
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
「戦国大戦 -1590 葵 関八州に起つ-」
アーケード
(C)SEGA



セガ
「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」プロデューサー
林 誠司

代表作:「初音ミク -Project DIVA-」シリーズ

写真は2013年1月に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「艦隊これくしょん -艦これ-」(ブラウザ)
 正直、興味本位に覗いたのですが、心に響くゲーム性、キャラクター造形に衝撃を受けました。軍艦と乙女の取り合わせは斬新とは言えないかもしれませんが、有名な戦艦や空母といった主力艦のみならず、駆逐艦や特務艦を含めた裏方の艦艇にもスポットを当て、あまつさえそれらを初手から網羅してあるところに凄さを感じました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

 宮崎駿監督「風立ちぬ」は、監督の「物づくり」への真摯さ、武骨さが感じられて、ストーリーやキャラクターの出来うんぬんを超えたところでの感動というか、ギュッと心を絞られる感覚がありました。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

 小説家の西尾維新さん。アニメ化された「化物語」シリーズだけではなく、出すわ出すわ、ものすごい出版点数です。優れた作家の資質にはいろいろな要素があるとは思いますが、「量産力」「継続力」はプロとしてある以上、絶対に必要なものです。ただ「新本格魔法少女りすか」の続きだけが出ない……なぜ?

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

 なんといっても2014年3月6日発売予定の「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」です。シリーズ最高の面白さをお届けできるように、スタッフ一同、日々がんばっております。
 新ハード、消費税UPなどなど、2014年は日本のエンタテインメント業界にとっては大きな転換期になるかもしれません。と、実は毎年同じようなことを感じていますが、また一年、何とか生き延びたいと思います。

「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」(PS3 / PS Vita
(C) SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
ぷよぷよシリーズ総合プロデューサー
細山田水紀

代表作:「ぷよぷよテトリス」、ぷよぷよシリーズ

Twitterアカウント:@puyopuyo20th @hosoyamada_mizu
写真は2013年9月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Cookie Clicker」(ブラウザ)
「これやってみて」と複数人から同時に教えてもらったURLをクリックしてから、「なるほど!」と2013年で最も多く感じたのがこのゲームでした。おもしろいと思うゲームはたくさんあったのですが、感心させられた点と身近な多くの人がみんな触っていたという点で、こちらのブラウザゲームを挙げます。特に何の知識もなく始めてみることや簡単に始められることが大事だと思うのと同時に、時間をかけることや放置することがそのままゲーム性につながる部分は1つのポイントになるということが良くわかるゲームだと思います。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市が東京に決まったことです。
今住んでいる街でもありますが、7年後に開催されることはもちろん楽しみですし、さらに、開催までに東京がどのように変わっていくのかということと、自分がどこで何をやっているのかということは楽しみです。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

2013年11月7日に、4回目の宇宙飛行へと旅立った宇宙飛行士の若田光一さんです。
約半年間におよび長期滞在の後半2か月に、日本人初の「国際宇宙ステーション」の船長として指揮を執るという大役が待っていますが、きちんと果たして無事に帰ってきてほしいと願っています。子どもたちに夢を与える仕事だと思いますし、日本の宇宙技術や宇宙開発の未来につながると思うので、頑張ってほしいと思っています。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2013年は、24時間番組「ぷよじかんテレビ」を放送したり、iOS/Android『ぷよぷよ!!クエスト』をリリースしたり、ゲームセンターでフリートゥプレイにチャレンジしている『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』を展開したりと、面白そうと思ったものは枠にとらわれない形で展開してきました。(ぷよぷよ39!、ドラマCD、ヴォーカルトラックスなどもリリースしました。)

2014年は3DS/Wii U/PS3/PS Vita『ぷよぷよテトリス』がいよいよ発売となります。少しでも多くの方にぷよぷよっておもしろいな〜、テトリスっておもしろいな〜と思ってもらえればと思っております。面白そうと思ったことはどんどんチャレンジしていきたいと思っていますので、引き続き、ぷよぷよシリーズの応援よろしくお願いします。

「ぷよぷよテトリス」(PS3 / Wii U / PS Vita / 3DS
(C) SEGA
Tetris (R) & (C) 1985〜2013 Tetris Holding. Tetris logos, Tetris theme song and Tetriminos are trademarks of Tetris Holding. The Tetris trade dress is owned by Tetris Holding. Licensed to The Tetris Company. Game Design by Alexey Pajitnov. Original Logo Design by Roger Dean. All Rights Reserved. Sub-licensed to Sega Corporation.
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
第一研究開発本部モバイルワークス 部門長/統括ディレクター
松永 純

代表作:「チェインクロニクル」「三国志大戦」「戦国大戦」

<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「LINE ポコパン」(スマートフォン)
去年、Dungeon Raidという傑作パズルゲームをさらに進化させる形でガンホーさんのパズドラが登場したときに、すごいゲームが出たな、Dungeon Raidに関しては研究されつくしたなと思ったのですが、ところがどうして今年になって、パズドラさんとは全く別のベクトルで進化を遂げたポコパンというタイトルが出て驚きました。ライトゲームなのであまり取り上げられませんが、バトルの概念の割り切りなど、いろいろと“間口を広くするため”の発想が詰まっていて、スマホという「いつでもどこでも遊べるツール」のあり方を考える上で、すごいゲームだと思いました。それとPCゲームだと「君と彼女と彼女の恋。」をプレイしました。すごいゲームだと思いました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

パシフィック・リムです。理由は最高に面白かったからです。サイコーです。いつか私も、そのロボット一体を動かすためにたくさんの人の想いと努力と人生が費やされていることを感じ、背負い、でもその積み重ねを全部ぶっ壊して大暴れしまくるようなロボットゲームを作りたいです。どうでしょうか。誰か一緒に作りませんか。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

注目というか、やなせたかし先生のご冥福をお祈りいたします。圧倒的なまでのキャラクターが登場するアンパンマンという作品から、キャラ群像劇を作る上で学んだことは本当に多いです。分かりやすいキャラクターを作る事。そのキャラに明確な行動理念をきちんと持たせて動かすこと。だからこそキャラ同士の絡みにものすごいバリエーションが生まれること。偉大な作品だと思います。学んだことを胸に、これからまたたくさんのキャラクターを作っていきたいです。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ポケットから取り出すたびに、新しい出会いと物語を体験できるRPG。そんなものが作れないかと思ったことから始まり、今年、チェインクロニクルというタイトルを無事リリースすることができました。そして年末年始にて、物語に一区切りつけることもできました。来年も、引き続きプレイヤーの皆様に楽しんでいただけるよう、魅力的なキャラクターと物語を紡いでいければと思っています。
またそれと共に、まだまだ新しい面白さを、世に打ち出していきたいとも思っています。ゲームファンの皆様が、コンシューマゲームに求めているような熱いゲーム体験を、「ポケットから取り出すたびに」味わえるタイトルを、もっともっと作っていきたいです。リリースされた際には、軽くポケットから取り出して、ワンプレイしてみていただければと思います。熱い体験をお届けいたします!

「チェインクロニクル」(iOS / Android
(C) SEGA/(C) SEGA Networks
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「戦場のヴァルキュリア」シリーズ プロデューサー
本山真二

代表作:「戦場のヴァルキュリア」シリーズ

写真は2013年5月に掲載されたインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」(PC)
再ローンチという離れ業を成功させたこと、これに尽きます。
そして、これもよく言われていますが、以前のバージョンの終わらせ方から新生までの流れが、とても洒落がきいていて(すみません、上手な表現が浮かびませんでした…)個人的にはとても納得のいく展開になっていたので、新生前から期待感が上がりまくりでした。
内容自体も、とても丁寧に作られているので自然に遊ぶことができます。あとはもう完全に個人の願望になってしまいますが、この超大作をいろいろなデバイスで遊べるようになると良いなあ、と願ってやみません。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

各局のTVドラマが全体的に印象深かった年だと思います。
個別にタイトルを挙げれば、『半沢直樹』『あまちゃん』『Doctor-X』などなどあります。ちょっと前までは、ごく一部のヒット以外はネタも脚本もキャストも、なんとなく面白くないようなイメージもあったTVドラマ界が、最近は面白いドラマが増えてきているように思います。これって、旧来型のドラマの作り方からの脱却に成功しつつあるということなんでしょうか……と仮定してみると、我々ゲーム業界としても大いに刺激される現象だと思います。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

サッカーの香川真司選手です。
個人的に、長年好きなチームに所属しているというのもありますが、やはり、超名門に堂々と挑んでチャレンジし、認められていることが、素直にすごいことだなと。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ここ数年、ゲームというエンターテインメントが進むべき道がどうのこうの……という話が各所でありましたが、いずれも外側の話でして(もちろん、それはとても大事な話なのですが。)、開発している現場としては、そんなことより面白いゲームの話しようぜ!という意思を発していかないといけないのではないかと、強く思うようになっています。
個人的にもチームとしても、新しいことにチャレンジしていく1年になっていくと思います。どういうアウトプットが出せるか、まだ見えてこない部分はありますが、自分たちも楽しみつつ皆さんにも楽しんでもらえる、つまりは皆で楽しいタイトルが作れるよう頑張りたいと思います。

「戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION」(PSP
(C)SEGA
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「うた詠み575」「うた組み575」プロデューサー
森本兼次郎

代表作:「うた詠み575」、「うた組み575」

Twitterアカウント:@k_morimo
写真は2010年に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「初音ミク Project mirai 2」(ニンテンドー3DS)
(自社のタイトルで恐縮ですが…)前作からの諸々の“進化”に感動!
GUIの進化も「いいわー」なのですが、個人的には今回新たに選択できるようになったペン操作がダイレクトヒット!チャレンジしたこともそうだし、うまくまとめあげるのに結構な試行錯誤があったろうに…とか開発チームの愛と努力を想像すると素直に感動しちゃいます!

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

鉄板ですが「半沢直樹」。正直この1年、ドラマはこれ1本、あとはアニメしかみてないです。
「島耕作」同様に、サラリーマンにとって現実とファンタジーの境界線上のお話を描いたという感想。
だから身近に感じて、その世界に憧れて、応援したくなるのでしょうね。数々の印象深い名セリフの中で「ウン億回収しなければ!」の言い回しは、僕もいつか社内プレゼンで使いたいです!

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

そりゃーやっぱ、大坪由佳さん大橋彩香さんですよ!!

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

来年初頭、正岡小豆と小林抹茶にはゲームに出てもらったり、アニメに出演してもらったり、CD出したりと休む間もなく働いてもらいます。さらに与謝野柚子という新しいメンバーが加わり、ファンに喜んでもらえる様々なイベントを画策しています。とはいえ、現役女子高校生の彼女たち、やっぱり普通に学生生活を楽しみたいだろうし、学業も大変だろうし…。おいしいスイーツでご機嫌うかがいつつ、きっちりスケジュールを押さえていければと考える次第です。忙しいとはいえ、ファンの皆さんのお手紙にも、ちゃんと目を通しているみたいですよ。これからも、小豆と抹茶、そして柚子を応援してください。ではっ!

「うた組み575」(PS Vita
(C) SEGA
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「龍が如く 維新!」プロデューサー
横山昌義

代表作:「ジェットセットラジオ」シリーズ、「龍が如く」シリーズ

Twitterアカウント:@yokoyama_masa
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「The Last of Us」(PlayStation 3)
個人的に今年は各タイトルの情報を故意に回避し、日常の生活の中でどのように情報が伝わってくるのかを試していましたが、いわゆる「洋ゲー」であるにも関わらず、様々なチャンネルからその存在を知ることが出来た数少ないタイトル。
プロモーション的にも、映像クオリティ的にも、そして何よりゲーム内容も本年度最も強く引き込まれた一作です。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「シュガー・ラッシュ」(Wreck-It Ralph)
 ゲーム業界に入り、15年。この映画を観て、ゲーム作りを仕事としていることが、誇らしく思えましたし、純粋に嬉しい気持ちになりました。と、同時に、玩具としてのゲームの“一つの時代”が終わり、文化になるため、新たな一歩を踏みださねばならないのだ、と強く考えさせられた作品です。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

 坂本龍馬。人生で最も(実在する)一人の人間に向き合った年かもしれません(笑)。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

 2014年早々、2月22日に『龍が如く 維新!』の発売が控えています。
 今作は、私のゲームクリエイター人生で一番「作りたい!」という思いをぶつけたものになってます。心の底から楽しんでもらえる自身の一作となってますので、是非是非ご期待ください!
 ※逆に今は、発売後、抜け殻状態になってしまうのではないかと恐れています(笑)

「龍が如く 維新!」(PS4 / PS3
(C)SEGA
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ



セガ
「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」プロデューサー
亙 重郎

代表作:「電脳戦機バーチャロン」シリーズ、「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」

Twitterアカウント:@vow_2010
写真は2013年10月に行われたイベント時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「艦隊これくしょん -艦これ-」
今のドメスティック・ニーズにフィットしたまとめ方がなされていて、素晴らしいと思いました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ハンナ・アーレント」(映画)
骨太な映画が好きなんです。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

グリーンベイ・パッカーズのQB,アーロン・ロジャースが負傷してしまって心を痛めております。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

いま、電撃文庫の人気キャラが総登場する格闘ゲーム「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」のプロデューサーをやってます。相当面白く煮詰まってきているので、よろしくお願いします!

「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」(アーケード / 未定
(C)SEGA
(C)2014 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ





セガネットワークス
「サムライ&ドラゴンズ」プロデューサー
山田理一郎

代表作:「サムライ&ドラゴンズ」

写真は2013年2月に掲載したインタビュー時のものです
<質問1>2013年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」(PC / PlayStation 3)
FF14を「作り直す」。

もう失敗は許されない。という環境化でものすごく苦労があったと思います。
新生FF14には、その覚悟がいたるところに見られました。
グラフィックやゲームのクオリティだけでなく「ユーザーフレンドリー」な状態を如何に実現するかという配慮。
プレイして見て、非常に感心しましたし、見習うべき点が多いなと思いました。

<質問2>2013年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「安堂ロイド」(ドラマ)
すごくチャレンジャブルな企画だと思うんです。
話も面白かったと思うのですが、評判はいまいちでしたね。

チャレンジャブルなものをどのように形にするかという点で、自分だったらどうするかということを、色々考えさせられた作品。

<質問3>2013年に、個人的に注目した(している)人物

本田圭祐氏。代表にとってなりすぎた存在感。本田氏の発言=代表の方向性という皆の認識の中でチームをどのように引っ張っていくのかということは常に注目してました。2014年も引き続き本田氏です。

<質問4>2014年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

セガネットワークスが作られてから1年がたちました。。
来年は攻めの年ですので、様々なプラットフォームでたくさんの「楽しさ」をユーザーさんに提供できるように頑張っていきたいです!

「サムライ&ドラゴンズ」(PS Vita
(C)SEGA (C)柴田ヨクサル/集英社
今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ 今年は総勢151名。ゲーム業界著名人に聞く2013年の注目タイトルと2014年へのメッセージ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月16日〜11月17日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年05月〜2018年11月