オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Broadcomと任天堂,Wii Uの無線技術を共同開発。本体とWii U Game Pad間は低遅延の5GHz Wi-Fi接続
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/11/20 20:56

ニュース

Broadcomと任天堂,Wii Uの無線技術を共同開発。本体とWii U Game Pad間は低遅延の5GHz Wi-Fi接続

 北米の通信機器大手Broadcomは,現地時間の2012年11月19日,Wii Uに採用されている無線技術が同社と任天堂の共同開発によるものだと明らかにした。発表によれば,Wii UのコントローラであるWii U Game Padと本体との接続は,低遅延でビデオとサウンドを転送できる5GHz帯Wi-Fi技術が用いられているという。また,インターネット接続には,2.4GHz帯Wi-Fiが使われており,これらには同社のチップであるBCM43362,BCM43237,そしてBCM4319が使用されているとのこと。

(C)任天堂

Broadcom公式サイト「Broadcom Delivers Advanced Wireless Connectivity to Nintendo's Wii U Gaming Experience」


 さらに,従来のゲームソフトや周辺機器への下位互換性を確保するため,Bluetooth 4.0(使用チップはBCM20702)が用意されているほか,NFC(Near Field Communications)にはBCM20792が採用されている。同社はこれらにより,例えばゲームをしながら同時にテレビを見るといった,ゲームの新しい遊び方が可能になるとしている。
 技術的詳細については,Broadcomの公式サイトを参照してほしいが,Wii Uの通信技術に関する情報が出てくるのはおそらく初のことになる。

 2006年に発売されたWiiのプロモーションにおいて任天堂は,CPUやGPUなどの詳細をあまり明らかにせず,PlayStation 3やXbox 360が激しく繰り広げていたクロック数やメモリの遅延速度などのスペック競争から,距離を置いていた。今回のWii Uに関しても同様の態度が貫かれていたが,現地時間の11月18日に北米でWii Uがリリースされたことから,関係したメーカーが情報をオープンし始めたのだろう。10月中旬には,Wii UのCPUとGPUが1つのパッケージ上に載るMCM(Multi Chip Module)になっていることを,任天堂自身が明らかにしているのだが,今後もこうしたハード情報が出てくることになるかもしれない。

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日