オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
スクウェア・エニックス,ヨーロッパのAI企業を対象にしたピッチコンテストの結果を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/12/24 15:29

リリース

スクウェア・エニックス,ヨーロッパのAI企業を対象にしたピッチコンテストの結果を発表

ゲーム開発向けAI技術に関するピッチコンテスト「AI GameDev」
配信元 スクウェア・エニックス・ホールディングス 配信日 2021/12/24

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


ヨーロッパのAI企業を対象にしたピッチコンテスト『AI GameDev』
開催と結果発表について
〜最優秀賞は「AIを用いた、3D建築物の自動生成システム」に決定〜

株式会社 スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐)は、当社テクノロジー推進部とヨーロッパ最大級のAI研究コンソーシアムであるCyber Valley(創設者: バーデンヴュルテンベルク州、マックスプランク協会、シュトゥットガルト大学、テュービンゲン大学)、株式会社アイティーファーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:黒崎 守峰)との3社共同で、ゲーム開発向けAI技術に関するピッチコンテスト「AI GameDev」を開催し、日本時間12月2日(木)に最優秀賞を発表しました。

最優秀賞は、オーストリアのスタートアップ企業のmlxar(machine learning extended architecture)社(CEO:Ben James)が開発した、「AIを用いて、ゲーム業界向けの3D建築物を自動的に生成するシステム」が受賞しました。また、最優秀賞の特典として、mlxar社をスクウェア・エニックス東京本社に招待し、技術の検証と評価を行い、協業の可能性を検討します(実施時期未定)。

当社は、ゲームAI技術が、ゲームの開発効率を向上させるとともに、ゲームデザインを進化させると考え、研究・開発・実装を推進してまいりました。今後もピッチコンテストなどを通じ、AIの研究・開発が盛んな世界各国の企業との技術交流を深め、実際のプロダクションに応用できる最先端のテクノロジーの開発を推進するとともに、外部との技術提携などの可能性も検討します。テクノロジー推進部では、今後も引き続き、ゲーム技術の最先端に立ち、コンピュータサイエンスの境界を押し広げることに尽力してまいります。


<概要>
実施イベント名 :AI GameDev
主催 :Cyber Valley、株式会社アイティーファーム、株式会社スクウェア・エニックス テクノロジー推進部
開催期間 :募集期間…2021年8月11日(水)〜10月10日(日)
 選考期間…2021年11月
 最優秀賞発表…2021年12月2日(木)
受賞社 :最優秀賞…Mlxar社
 「AIを用いて、ゲーム業界向けの3D建築物を自動的に生成するシステム」

 観客賞…Kinetix SAS(フランス、CEO:Yassine Tahi)
 「2Dビデオから、自動的に3Dアバターのアニメーションに変換するシステム」

 科学賞…Tübingen大学Autonomous Vision Group(ドイツ、研究者:Katja Schwarz)
 「GRAF(Generative Radiance Fields)システム(2D画像から3D画像を合成するシステム)」

画像集#001のサムネイル/スクウェア・エニックス,ヨーロッパのAI企業を対象にしたピッチコンテストの結果を発表

<ご参考>
株式会社スクウェア・エニックスについて
株式会社スクウェア・エニックスは、エンタテインメント分野において、創造的かつ革新的なコンテンツ/サービスのヒット作品を生み続けるリーディングカンパニーです。当社グループの自社IPの代表作には「ドラゴンクエスト」シリーズ(累計出荷・ダウンロード販売本数8,300万本以上)、「ファイナルファンタジー」シリーズ(同1億6,400万本以上)、「トゥームレイダー」シリーズ(同8,500万本以上)、「スペースインベーダー」シリーズなどがあります。(https://www.jp.square-enix.com
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月17日〜06月18日