オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
JeSU,「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開。業界関係者や識者など16名の委員が方策について議論
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/03/13 14:56

業界動向

JeSU,「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開。業界関係者や識者など16名の委員が方策について議論

画像(007)JeSU,「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開。業界関係者や識者など16名の委員が方策について議論
 日本eスポーツ連合(JeSU)は本日(2020年3月13日),経済産業省委託事業として開催した「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を,同連合の公式サイトで公開した(リンク)。

 この検討会は,プロゲーマー・ときど(谷口 一)選手やGaming Community Network代表・豊田風佑氏,慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授・中村伊知哉氏といった業界関係者や識者など16名の委員によって実施。報告書は,2019年9月から2020年2月にかけて計4回行われた議論の内容をまとめたものとなっている。JeSUは本検討会の事務局として会議を運営したとのこと。

 検討会は主に,

  • 周辺市場・産業への経済効果を含めた国内のeスポーツの市場規模の試算,海外主要国のeスポーツの発展の経緯等に関する調査・分析を行うこと
  • eスポーツの社会的意義について国内の各種取組の現状,課題,今後の展望等を踏まえ整理・検討を行い,一定の示唆を得ること

の2点に取り組み,eスポーツの健全な発展に資することを目的としたという。詳しくは公開された資料をじっくりと読んでもらうとして,検討会の成果としては,

  • 日本におけるeスポーツの直接市場の長期目標を2025年に600〜700億円と設定し,エコシステム領域における経済活動,波及領域へ及ぼす経済効果を含めた全体の長期目標を2025年に2850〜3250憶円と試算したこと
  • eスポーツ市場の成長に向けて必須と考えられる条件を抽出のうえ,それぞれに対する提言を具体的なアクションとして取りまとめたこと
  • eスポーツが内包する社会的意義について検討を行い,eスポーツが持つ社会的意義が広範に渡る事を確認し,提言として取りまとめたこと

といった点が挙がっている。後者の2つについては「成長施策提言シート」「社会的意義提言シート」という形で,具体的なアクションの案や提言内容の実行主体などもまとまっている。平たく言えば「なにを,どこが,どうやるか」についての方向性を示したものとなっているので,国内eスポーツ業界の動向に興味がある人はぜひチェックしてみよう。

JeSU公式Webサイトの「日本のeスポーツの発展に向けて〜更なる市場成長、社会的意義の観点から〜」報告書公開ページ


経済産業省 委託事業
「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」
報告書を公開

一般社団法人日本eスポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下、JeSU)は、経済産業省委託事業として開催した「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」(通称:e活研)の報告書を、以下Webサイトにて公開したことをお知らせします。

「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」報告書
日本のeスポーツの発展に向けて 〜更なる市場成長、社会的意義の観点から〜
URL:https://jesu.or.jp/discussion/

本検討会は、経済産業省委託事業「令和元年度新コンテンツ創造環境整備事業(eスポーツに係る市場規模等調査分析事業)」により開催したものです。本検討会は主に、

(1)周辺市場・産業への経済効果を含めた国内のeスポーツの市場規模の試算、海外主要国のeスポーツの発展の経緯等に関する調査・分析を行うこと、
(2)eスポーツの社会的意義について国内の各種取組の現状、課題、今後の展望等を踏まえ整理・検討を行い、一定の示唆を得ること、

の2点に取り組み、eスポーツの健全な発展に資することを目的としています。eスポーツに詳しい有識者、今後eスポーツの発展に伴って効果の波及が想定される産業領域の企業・団体等計16名の委員で、2019年9月から計5回にわたり、eスポーツを活性化させるための方策を議論しました。JeSUは、本検討会の事務局として会議を運営しました。

eスポーツの経済効果と社会的意義

画像(001)JeSU,「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開。業界関係者や識者など16名の委員が方策について議論

本報告書の概要は以下の通りです。

1.国内eスポーツの長期市場規模目標

検討会での討議結果、直接市場の長期目標は、2025年に600から700億円としました。更に、この目標に留まらず、2025年以降も市場規模を拡大させる余地があることを確認しました。

画像(002)JeSU,「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開。業界関係者や識者など16名の委員が方策について議論

また、エコシステム領域における経済活動、波及領域へ及ぼす経済効果を含めた全体の長期目標は、2025年に2,850から3,250億円としました。

画像(003)JeSU,「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開。業界関係者や識者など16名の委員が方策について議論

※直接市場:大会、チーム運営等による収入(スポンサー・広告、放送・配信権、グッズ・チケット、著作権許諾等)
エコシステム領域:イベント興行を中心としたビジネス(観戦、視聴、機器購入、建設事業、イベント開催等)
波及領域:イベントの集客力等を活用したビジネス(飲食サービス、小売、情報通信等)


2.長期的な市場成長に向けた提言および社会的意義実現に向けた提言

検討会での討議の結果、長期的な日本のeスポーツ市場の成長に向けた提言のまとめに加え、スポーツ庁が「第2期スポーツ基本計画」で定義する「スポーツの価値」をフレームとして社会的意義の実現に向けた提言をまとめました。

長期的な日本のeスポーツ市場の成長に向けた提言

画像(004)JeSU,「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開。業界関係者や識者など16名の委員が方策について議論

社会的意義実現に向けた提言

画像(005)JeSU,「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開。業界関係者や識者など16名の委員が方策について議論

画像(006)JeSU,「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」の報告書を公開。業界関係者や識者など16名の委員が方策について議論

出典:
https://www.mext.go.jp/sports/content/1383656_002.pdf
(参考)「第2期スポーツ基本計画」で定義する「スポーツの価値」


3.今後の検討事項・未来に向けたメッセージ

検討会での討議の結果、今後も検討していく事項および未来に向けたメッセージを、以下のキーワードを基軸に整理しました。

  • ゲームタイトル(IP:intellectual property)利用・許諾に関するガイドラインの必要性
  • 共生社会や地方創生の実現に向けたeスポーツ情報を発信する拠点の整備
  • eスポーツの持つ教育的価値の探索とそれを支えるエビデンスの取得

なお、JeSUでは、検討会における成果を一人でも多くの方に知っていただけるよう、JeSU地方支部と連携し、全国を巡回してのセミナーを4月以降、順次開催する予定です。詳細は決定次第、お知らせします。

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日
タイトル評価ランキング
88
75
アークナイツ (iPhone)
71
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
43
2019年11月〜2020年05月