オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲーム企業向けセミナー「ゲーム業界におけるテレワークの現状と展望」が8月2日に開催
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/07/12 19:58

リリース

ゲーム企業向けセミナー「ゲーム業界におけるテレワークの現状と展望」が8月2日に開催

ゲーム業界におけるテレワークの現状と展望
配信元 ツクリエ 配信日 2019/07/12

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


『サクラ大戦』シリーズ、『無双』シリーズを手掛けた
蛭田氏によるテレワークセミナーが京都にて開催!

株式会社ツクリエは、京都市の委託事業「Creative Content Kyoto(CCK)」の一環として、京都に拠点を置くクリエイティブ企業向けのセミナー「ゲーム業界におけるテレワークの現状と展望」を開催いたします。

画像(001)ゲーム企業向けセミナー「ゲーム業界におけるテレワークの現状と展望」が8月2日に開催

講師は、人気ゲームタイトル『サクラ大戦』シリーズや『無双』シリーズを手掛け、現在は総務省 地域力創造アドバイザーとして「テレワーク※」に関する多くの事例を研究されている蛭田健司氏(株式会社AKALI 代表取締役)。昨今話題の「働き方改革」をテーマに、ゲーム業界で働くクリエイターの働き方改革に焦点を当てていきます。

また、テレワークの現状を踏まえ、導入することのメリット・デメリット、導入後の成果事例を学び、その必要性・将来性について参加者一体となり考えていきます。
※「tele=離れた所」と「work=働く」を合わせた造語で、勤務地を企業のオフィスにとらわれず、電話・メール・インターネットを用いることで、オフィスを離れて仕事をする柔軟な働き方。

【開催概要】

<名称>
ゲーム業界におけるテレワークの現状と展望

<日時>
2019年8月2日(金)17:00〜19:00(受付開始16:30〜)

<会場>
京都市下京区烏丸通り仏光寺下ル大政所町 680-1
第八長谷ビル 8階 B室

<登壇者>
蛭田 健司 氏(総務省地域力創造アドバイザー/株式会社AKALI 代表取締役)

<内容>
・働き方改革の背景とゲーム業界への影響
・テレワークの現状、実例、メリット、デメリット
・テレワークの未来

<対象>
京都にオフィスを持つクリエイティブ企業に勤めている方、人事採用担当者

<定員>
50名※申込者多数の場合は抽選となります。

<料金>
無料(事前申込制)

<主催>
Creative Content Kyoto(CCK)、京都市、京都府、(公財)京都産業21、京都の未来を拓く次世代産業人材活躍プロジェクト推進協議会

<協力>
株式会社リンクトブレイン

【申込方法】
WEB( http://cck-190802.peatix.com )内の申込フォームにて、必要事項を明記のうえお申込みください。
※8月2日(金)16:00締め切り

【登壇者】
画像(002)ゲーム企業向けセミナー「ゲーム業界におけるテレワークの現状と展望」が8月2日に開催
総務省地域力創造アドバイザー
株式会社AKALI代表取締役
蛭田 健司

<略歴>
現セガゲームスにて『サクラ大戦』シリーズなどの開発に参加。現コーエーテクモゲームスでは『無双』シリーズの開発に携わり、『真・三國無双 Online』の技術責任者を経てカナダスタジオに出向。現地責任者として経営を担った。その後、ヤフーにてゲーム部門長、事業戦略室エグゼクティブプロデューサー、グループ会社の執行役員CTO、人材開発室長などを経験。2018年株式会社AKALI設立、富山県のゲーム関連新分野産業育成事業の総合戦略アドバイザーに就任。2019年総務省 地域力創造アドバイザーに就任。幅広い地域の地方創生に関わっている。
  • この記事のURL:

キーワード

下線
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月18日〜07月19日