オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
exA-Arcadia公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[JAEPO2019]exA-Arcadiaに関する新情報をまとめて紹介。「サイヴァリア デルタ」や「ギミック!」などがリリース予定に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/28 19:48

ニュース

[JAEPO2019]exA-Arcadiaに関する新情報をまとめて紹介。「サイヴァリア デルタ」や「ギミック!」などがリリース予定に

 千葉・幕張メッセで2019年1月25〜27日(一般公開日は26,27日)に開催された「ジャパン アミューズメント エキスポ 2019」(JAEPO2019)。そのサファリゲームズブースに出展されていたexA-Arcadiaに関する新情報をまとめて紹介しよう。

 exA-Arcadiaは,4本までROMを挿せる,PCベースの汎用アーケード基板だ。配布されたパンフレットによると,CPUはintel Core i3-8100,RAMはDDR4-2400 8GB,GPUは詳細が不明なもののGeForceシリーズであるとのこと。基板の外殻はA4サイズとコンパクトな設計だ。

 日本国内で販売を担当するのはサファリゲームスおよび共和コーポレーションで,出荷は夏前と予定されている。個人向けのバージョンには,限定版も用意されるという。


 JAEPO2019に先駆けて発表されていたプレイアブル出展タイトルは,「アカとブルー TYPE-R」「スーパーハイドーラーAC」「インフィノスEXA」「功夫VS空手道」「星霜鋼機ストラニアEX」「ニッポンマラソン ターボ」「アキリアスEXA」「食魂走 赤煉獄」といった8タイトル。それに加え,以下のタイトルも発表と共に出展された。


追加出展


サイヴァリア デルタ
 ベースはシティコネクション開発・販売による「サイヴァリア デルタ」(PC / PS4 / Nintendo Switch)。敵弾に自機をかすらせる(BUZZる)システムが特徴的な,縦スクロール型の“危険行為推奨シューティング”。

RIVAL MEGAGUN XE
 ベースはSpacewave Software開発・デジカ販売による「ライバル・メガガン(Rival Megagun)」(PC / PS4 / Xbox One / Nintendo Switch)。左右のフィールドに分かれて戦う対戦型の縦スクロールシューティングゲーム。

アクセルシティ2
 同人サークル・PROJECT ATSUKIが「2D格闘ツクール2nd.」を用いて開発したPC向け同人ゲーム「AXEL CITY」の続編。劇画調のグラフィックスが特徴的な格闘ゲーム。exA-Arcadiaの第14弾タイトル。

サイヴァリア デルタ
画像(002)[JAEPO2019]exA-Arcadiaに関する新情報をまとめて紹介。「サイヴァリア デルタ」や「ギミック!」などがリリース予定に
画像(001)[JAEPO2019]exA-Arcadiaに関する新情報をまとめて紹介。「サイヴァリア デルタ」や「ギミック!」などがリリース予定に
RIVAL MEGAGUN XE
画像(003)[JAEPO2019]exA-Arcadiaに関する新情報をまとめて紹介。「サイヴァリア デルタ」や「ギミック!」などがリリース予定に
アクセルシティ2

 そのほか,多数の新規タイトルが発表された。

新作発表


風雷の騎士団
 ベースはConfused Pelican開発・TIKIPOD販売によるアクションRPG「Iron Crypticle」。アーケード筐体での実装方式は不明だが,最大4人プレイが可能とのこと。第10弾タイトル。

デビルエンジン(仮)
 Protoculture Games開発・DANGEN Entertainment販売による横スクロール式のシューティングゲーム「Devil Engine」。第11弾タイトル。

ブレイジング孔炉武(クロム)
 ベースはJoyMasher開発・The Arcade Crew販売によるサイドビュー式のアクションSTG「Blazing Chrome」。第13弾タイトル。

ヴリトラ ヘクサ
 ベースはNeotro開発・販売による横スクロール式のシューティングゲーム「VRITRA COMPLETE EDITION」。新たに2人同時プレイが追加される。

FIGHT OF GODS 神々の戦い
 ベースはDigital Crafter開発・PQube Limited販売による格闘ゲーム「Fight of Gods」(国内向けのNintendo Switch版は賈船が販売)。新キャラや新ステージが追加されるとのこと。第16弾タイトル。

マイ スラム&ジャム
 ベースはRanida Gamesの開発・販売による2on2のバスケットゲーム「Philippine Slam!」(iOS / Android)。本作も最大4人プレイが可能とのこと。第17弾タイトル。

バヤニ
 Ranida Gamesの開発による完全新作の格闘ゲーム。第18弾タイトル。

ギミック!
 サン電子(サンソフト)が1992年に発売した同名ファミリーコンピュータ用ソフトをフルHDリメイクしたもの。プレイ中に,フルHD版とオリジナル版のグラフィックスを切り替えられる。開発はexA-Arcadiaのシリコンバレーチームとのこと。


 さらに,タイトルは未公表ながら以下のデベロッパが参入することも公表されている。

参入デベロッパ


TATSUJIN
 元東亜プランの弓削雅稔氏が代表を務め,東亜プランのライセンス管理なども行っている企業。新作を開発中とのこと。

ナツメアタリ
 主に受託開発で活躍している企業。「ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン」や「WILD GUNS Reloaded」(PC / PS4 / Nintendo Switch)といった自社販売タイトルを手掛ける,スペシャル開発チーム・TENGO PROJECTを主として参加する。

RS34
 ニンテンドー3DS向けダウンロードソフト「ラジルギでごじゃる!」や「イルベロデリンジャ」を販売している企業。開発しているタイトルには触れられなかったが,「ラジルギ」や「カラス」などと関係が深いタイトルではあるようだ。


 なお,本稿に掲載した情報以外の告知もあったのだが,それに関しては一般に向けた正式発表を待って紹介したい。

「exA-Arcadia」公式サイト

「JAEPO2019」4Gamer関連記事一覧

  • 関連タイトル:

    exA-Arcadia

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月20日〜03月21日