オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲームブック40冊を紹介する「絶対に読みたいゲームブック40選」が12月1日に発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/11/19 21:37

リリース

ゲームブック40冊を紹介する「絶対に読みたいゲームブック40選」が12月1日に発売

絶対に読みたいゲームブック40選
配信元 幻想迷宮書店 配信日 2018/11/19

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

画像(001)ゲームブック40冊を紹介する「絶対に読みたいゲームブック40選」が12月1日に発売
 電子書籍専門のパブリッシャー「幻想迷宮書店」(本拠地:東京都練馬区)は、日本で発売されたゲームブック(紙・電子問わず)数百冊から、幻想迷宮書店の独断と偏見でオススメする40タイトルのゲームブックを紹介するガイドブック『絶対に読みたいゲームブック40選』(税込み1100円)を2018年12月1日より、amazonkindleに配信スタートします。

amazon kindleにて予約受付中

■こんな一冊が欲しかった!
 ゲームブックってご存知でしょうか?
 それは、ストーリーが読者の判断で変化する冒険小説(のようなもの)です。 物語の舞台はさまざまで、 読者は主人公になりきって物語を読み進め、難局を打開していきます。1984年頃から90年代にかけて日本中で大流行し、どこの書店にもゲームブックコーナーという専用の棚があったのですが、20世紀を終える頃にはぱったりと新刊が止まってしまっていました。しかし、ボードゲームやTRPGなどのアナログゲームが熱い昨今、その親戚のゲームブックも再評価されつつあります。しかし……

「ブーム当時はどんな本があったんだろう?」
「今でも買える作品はあるのかな?」

 ゲームブックに興味を持ったとしても、なかなか全容を知ることは難しいものです。なにしろ数百冊あるうえに、一部の復刊作品を除いて、ブーム当時のほとんどのゲームブックが絶版になってしまっているのですから。本書はそんなゲームブックを詳細なレビューを添えて紹介する、ガイドブック。当時のファンで懐かしいなという人も、最近ゲームブックに興味を持った若い人にもおすすめの一冊です。

■体験ゲームブックや、コラム、エッセイと充実のコンテンツ!
 レビュー以外も充実した内容になっています。ゲームブック未体験の読者のためにお試しミニゲームブックを収載……なんと今一番ホットな作家、10月23日に護国記をリリースしたばかりの波刀風賢治の書き下ろしです。他にもゲームブックの歴史時系列の解説や、インディース作品にスポットを当てたさまざまなゲームブック関連コラムも読みごたえたっぷり。ゲームブックのイラストを担当していた著名なイラストレーターによる“絵を描く”立場から当時を振り返ったエッセイでは、『ニフルハイムのユリ』や『展覧会の絵(※東京創元社版)』を担当した、米田仁士氏と、『ドルアーガの塔シリーズ』や『メスロンサーガ』シリーズなど、鈴木直人作品を多く担当した虎井安夫氏が登場するなど、盛沢山な内容になっています。

幻想迷宮書店 公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月