オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/03/27 19:51

イベント

「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

 KLabは2017年3月25日,新作ゲームラインナップ発表会として「KLabGames NEXT VISION」を都内で開催した。この発表会は,同社が2017年以降に展開を予定しているゲームタイトルを「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”から紹介するもの。本稿でその内容をレポートしよう。

画像(002)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

司会役の宇佐美 友紀氏(写真左)と,ゲストとして登壇したアメリカザリガニの平井善之氏(右)
画像(003)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(004)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

 1つめの「Japanese IPs」とは,KLabが日本のアニメやコミックを原作とした多数のスマホゲームを世に送り出した実績を振り返りつつ,今後も開発&展開を続けていくことを“宣言”するという意味だった。

 2つめの「GLOBAL Growth」については,日本のアニメやコミック,ゲームのファンが世界中に存在し,「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」iOS / Android)や,「BLEACH Brave Souls」iOS / Andriod)も多くの人にプレイされていることから,同じコンテンツを愛するファン同士がゲームをとおしてつながっていけるように,海外へのマーケティングも積極的に拡大していくことをアピールしたもの。

 そして3つめの「Original Creations」は,既存のコンテンツを活用したものではなく,KLabオリジナルのコンテンツをゼロから作り上げていく新しいプロジェクトを指すという。

開会の挨拶と共に,“3つの軸”について説明した専務取締役の森田英克氏
画像(005)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは


完全オリジナルタイトルも発表された
新作ラインナップ


 森田氏による挨拶と説明が行われたのち,「こちら」の記事でお伝えした数々の新作について紹介された。


「キャプテン翼〜たたかえドリームチーム〜」


本作のディレクターを務める光野信雄氏
画像(006)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

 「キャプテン翼 〜たたかえドリームチーム〜」は,2011年3月よりマルチプラットフォームで展開されている「キャプテン翼〜つくろうドリームチーム〜」の流れを汲む新作として発表された。3つの柱のうちの「Japanese IPs」に分類されている。
 登壇したディレクターの光野信雄氏が「キャプテン翼の魅力を最大限に活かしたドリームチームでの対戦」がコンセプトになっていることを説明し,全国のプレイヤーとのオンライン対戦や,独自のシェーダを使った表現などを特徴として挙げていた。

パスやドリブルなどの方向を指示し,敵チームの選手とのマッチアップではコマンドを選択して行動を決めるというゲームシステムが採用されている
画像(007)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(008)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

オーバーヘッドキックやタイガーショットといった原作でおなじみのシーンが表現される“必殺技”
画像(009)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(010)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは
画像(011)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(012)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

「キャラ劇」でキャプ翼シリーズの名シーンを追体験できる
画像(013)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(014)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

 フォーメーションやユニフォームはもちろん,選手の強化方針や必殺技の選択といったカスタマイズ要素も豊富で,ドリームチームを作り上げることがゲームの目的となる。
 配信は2017年内の予定。グローバル展開も視野に入れているとのこと。


「うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live」


 人気の女性向けシリーズ「うたの☆プリンスさまっ♪」(通称:うたプリ)のスマートフォン向けリズムゲームとして開発中の「うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live」iOS / Android)。すでに配信時期は2017年内と発表されているタイトルだが,本発表会でも具体的な配信日は明らかにされなかった。
 ちなみに会場では開発中の実機を使って平井氏がプレイし,「判定が大きくて分かりやすく,プレイしやすい」と感想を語っていた。

画像(015)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは
画像(017)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは
アイドルにタッチして交流を深める機能も見どころ
画像(016)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは


「幽☆遊☆白書 ゲーム化第2弾」

 正式タイトルは未定だが,「幽☆遊☆白書 ゲーム化第2弾」として,アクセルゲームスタジオとの共同プロジェクトが進行していることが発表された。会場ではKLabの佐藤 任氏とアクセルゲームスタジオの山田直矢氏が登壇し,開発中のプレイを映像で紹介。レギュレーションの関係で本稿に画面写真を掲載していないが,佐藤氏いわく開発度は30〜45%で,佐藤氏と山田氏はそれぞれ期待していてほしいとアピールしていた。

佐藤 任氏(写真左)と山田直矢氏(右)
画像(018)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(019)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは


「MIRRORS CROSSING」


 MIRRORS CROSSINGの紹介は,マグノリアファクトリーの高橋秀明氏が行った。高橋氏によると,本作は西洋ハイファンタジー世界を舞台とし,パネルをなぞるだけで誰でも奥深い戦略バトルを楽しめる作品だという。配信時期については告知されなかったため,続報を待とう。

高橋秀明氏
画像(020)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

キャラクターの足元に表示されている3×3のパネルをなぞって攻撃や陣形の変更,回避などを行う
画像(021)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(022)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

画像(023)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(024)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは
画像(025)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(026)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(027)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは


「BLEACH 境・界:中国・アジア版」


 BLEACH 境・界:中国・アジア版は,PCアクション「ELSWORD」などで知られる崑崙ゲームズが開発中のタイトル。「BLEACH×MMORPG×ACTION」をコンセプトとして開発が進められており,森田氏は高い期待感を示していた。
 配信予定国は日本を除く東アジアと東南アジアが対象となっている。国内配信に関する続報も待ちたいところだ。

原作で黒崎一護を始めとする死神達が使っていた斬魄刀や必殺技などが再現されており,森田氏もそのクオリティに太鼓判を押していた
画像(028)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(029)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは
画像(030)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(031)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは


「Project Force(仮)」

 「Project FORCE(仮)」は,KLabの完全オリジナルタイトルとして2018年以降にグローバルリリースが予定されている新作だ。ゲーム内容については紹介されなかったが,森田氏によると,順調にいけば秋頃には続報をお伝えできるとのこと。

画像(032)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(033)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは
ムービーでも使用されていた本作のコンセプトアートの数々は,壮大なファンタジー世界を感じさせるものばかりだ。このほかにもコンセプトアートは制作されているという
画像(034)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(035)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは 画像(036)「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは

 なお制作はすでに進行しており,本作のプロジェクトには以下のクリエイターが参加しているという(※敬称略)。

シナリオ
生田美和
(代表作:ファイナルファンタジーXII,聖剣伝説 LEGEND OF MANAなど)

メインテーマBGM
横山克
(代表作:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ,映画「ちはやふる-上の句--下の句-」など)

キャラクターデザイン・監修
Third Echoes
(代表作:一血卍傑-ONLINE-,Caligula-カリギュラなど)-

コンセプトアート
上野拡覚
(代表作:キャプテンハーロック-SPACE PIRRATE CAPTAIN HARLOCK-,BioHazard/Vendettaなど)

塚本陽子
(代表作:XenobladeX(ゼノブレイドクロス)※一部コンセプトアート担当,LORD of VERMILIONなど)

 なお,コンセプトムービーで流れていた楽曲は横山氏の楽曲ではなく,横山氏作曲のメインテーマは今後公開予定とのことだ。森田氏は「そうそうたるクリエイターにご参画いただき,私も大変興奮しております。これはすごい作品になるんじゃないかなという手応えを感じています」と語った。

 加えて森田氏は,あらためて本発表会について振り返りながら,「キャプテン翼〜たたかえドリームチーム〜」のグローバル展開についても予定していること,そして「Project Force(仮)」はKLabGamesを代表するタイトルとして育成し,世界中のJPRGファンに届けていきたいということを話し,今回発表したタイトル以外にも未発表の作品があり,それらに関しては次の機会に紹介したいとして,発表会を締めくくった。

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月11日〜08月12日
タイトル評価ランキング
93
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
67
仁王2 (PS4)
66
61
VALORANT (PC)
2020年02月〜2020年08月