お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/10/18 18:21

ニュース

Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売

 2022年10月18日,ハイビームは,香港の新興デバイスメーカーであるAOKZOE(エーオーケーゾーイ)が開発するゲーマー向け小型PC「AOKZOE A1」を11月25日に国内発売すると発表した。AMDのノートPC向けCPU「Ryzen 7 6800U」を搭載しており,携帯型の小型ゲームPCとしては高い性能を備えているのが特徴だ。

AOKZOE A1
画像集 No.001のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売

 メインメモリと内蔵ストレージ容量,内蔵バッテリー容量が異なる4モデルをラインナップしており,ハイビーム公式オンラインストアでの税込価格は以下のとおり。なお,10月20日までハイビームのメールマガジンに登録することで,本体価格が5000円引きとなるクーポンを配布中している。

●AOKZOE A1 Lite
  • メインメモリ容量:16GB,内蔵ストレージ容量:512GB,内蔵バッテリー容量:12600mAh,13万6800円

●AOKZOE A1
  • メインメモリ容量:16GB,内蔵ストレージ容量:512GB,内蔵バッテリー容量:17100mAh,13万9800円
  • メインメモリ容量:16GB,内蔵ストレージ容量:1TB,内蔵バッテリー容量:17100mAh,14万9800円
  • メインメモリ容量:32GB,内蔵ストレージ容量:2TB,内蔵バッテリー容量:17100mAh,17万4800円

 AOKZOE A1は,約8インチサイズで,解像度1920×1200ドットのタッチ対応液晶ディスプレイを搭載する小型PCだ。公称本体サイズは,約282(W)×125(D)×21(H)mmで,「Steam Deck」など,7〜8インチサイズのディスプレイを搭載した他社製小型PCとそれほど大きく変わらない。

Steam Deck(左)とAOKZOE A1(右)のサイズ比較。AOKZOE A1のほうが少し横幅が短い
画像集 No.002のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売

 公称本体重量は,内蔵バッテリー容量の少ないAOKZOE A1 Liteが約668g,一方のAOKZOE A1が約723gと,小型PCとしては重量級の部類に入る。ただし,実際に手にしてみると,筐体の重量バランスが良いのか,数字ほどは重たく感じないのが印象的だ。筐体の背面には,キックスタンドを備えており,手で支えなくても自立する。このあたりの使い勝手は「ONEXPLYER」に近いかもしれない。

背面にキックスタンドを備える
画像集 No.003のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売

 搭載CPUのRyzen 7 6800Uは,「Zen 3+」世代の8コア16スレッド対応モデルである。統合GPUは,RDNA 2ベースの「Radeon 680M」で,ゲームでも高い性能を発揮するという。AOKZOEの検証によると,画質設定を落とせばという前提ではあるが,1920×1200ドットでもある程度快適にゲームをプレイできたそうだ。

AOKZOEによる動作検証結果
画像集 No.004のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売

 また,AOKZOE A1には他社の小型ゲームPCと比べても大容量の内蔵バッテリーを搭載するのもポイントである。ハイビームによると具体的な検証はこれからとしつつ,ゲームをプレイしていても1時間半から3時間程度のバッテリー駆動が可能だという。

 ディスプレイの左右に備えるゲームパッドは,本体の左奥に左アナログスティック,右手前に右アナログスティックを備えたXbox純正ゲームパッド風のレイアウトを採用する。

画像集 No.005のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売
ディスプレイ左側のゲームパッド部分。D-Padは十字型ではなく,皿型を採用する
画像集 No.006のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売
ディスプレイ右側のゲームパッド部分。ボタン表面の印字が見えにくいのだが,右アナログスティックの上にあるのは[X/Y/A/B]ボタン

ショルダーキーやトリガーキーは大きめのサイズを確保しており,小型ゲームPCのトレンドをしっかりと押さえている印象だ
画像集 No.007のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売 画像集 No.008のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売

 さらに独自ボタンとして,D-Padの下にWindowsのデスクトップ画面を呼び出すボタン,右アナログスティックの下にソフトウェアキーボードの起動ボタンと,TDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)の調整などを行う設定ソフトウェアを呼び出す[TURBO]ボタンが並ぶ。

画像集 No.009のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売
Windowsのデスクトップ画面を呼び出すボタン
画像集 No.010のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売
ソフトウェアキーボードの起動ボタンと[TURBO]ボタン

[TURBO]ボタンを押すと起動する設定ソフトウェア。ちなみに標準設定のTDPは15Wで,最大28Wまで変更できるという
画像集 No.011のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売

 なお,ソフトウェアキーボードの起動ボタンを長押しすることで,左アナログスティックでマウスカーソルを操作できる「マウスモード」に切り替えられる。

 インタフェース類は,上側面にUSB 3.0 Type-Aポート,USB4ポート,4極3.5mmヘッドセット端子を,一方の下側面にはUSB4ポートとmicroSDカードスロットを搭載する。なお,2つのUSB4端子は同時利用できずに,片方と接続しているときはもう片方の転送速度が低下するとのことだ。

AOKZOE A1の上側面。ヘッドセット端子の右側に音量調整ボタンと[電源]ボタンがある
画像集 No.012のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売

下側面中央(左)にUSB4ポート,右端付近(右)にmicroSDカードスロットを備える
画像集 No.013のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売 画像集 No.014のサムネイル画像 / Ryzen 7 6800U搭載の高性能小型ゲームPC「AOKZOE A1」が11月25日に国内発売

 AOKZOE A1は,新興メーカーの第1弾製品としてはかなり完成度が高い。小型PCの開発に長けたパートナー企業と協力しているそうで,そこからのノウハウを活用しているのかもしれない。価格は13万円台半ばと決して安価ではないものの,同じくRyzen 7 6800Uを搭載した「GPD WIN MAX2」よりは手ごろだ。高いスペックと広めの画面でゲームをプレイしたいというゲーマーにとって新たな選択肢が加わったと言えるだろう。
 

ハイビームのAOKZOE A1製品情報ページ

AOKZOE公式Webサイト(英語)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日