オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
独自技術で低遅延を謳うBluetoothイヤフォン「AERO Wireless」が国内発売。低遅延対応Bluetoothトランスミッタも同時に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/04/08 16:29

ニュース

独自技術で低遅延を謳うBluetoothイヤフォン「AERO Wireless」が国内発売。低遅延対応Bluetoothトランスミッタも同時に

 2021年4月8日,アーキサイトは,台湾Embrace Audio Labが「XROUND」ブランドで展開するBluetooth接続型完全ワイヤレスイヤフォン「AERO Wireless」と,オプション機器となるBluetoothサウンドトランスミッタ「XROUND XT01」を発売した。
 AERO WirelessのAmazon.co.jp(Amazonアソシエイト)における販売価格は1万2980円。XROUND XT01の価格は明らかになっていない。

AERO Wireless
画像集#002のサムネイル/独自技術で低遅延を謳うBluetoothイヤフォン「AERO Wireless」が国内発売。低遅延対応Bluetoothトランスミッタも同時に

側面の筒状部分は操作パネルになっている
画像集#004のサムネイル/独自技術で低遅延を謳うBluetoothイヤフォン「AERO Wireless」が国内発売。低遅延対応Bluetoothトランスミッタも同時に
 AERO Wirelessは,耳栓型のイヤフォン本体から短い筒が伸びた形状をしたイヤフォンだ。Appleの「AirPods」のような形と言えば分かりやすいだろうか。筒状の部分にはマイクを内蔵しているのに加えて,操作パネルを兼ねており,側面を指先でなぞることで音量調整,タップすることで動作モードの切換が可能である。

 AERO Wirelessがゲーマー向け製品である理由は,XROUND独自の「XROUND Low Latency」技術により,「ゲーミングモード」で動作させた場合,音声のワイヤレス伝送遅延を約50msまで短縮できる点にある。Qualcommの低遅延音声伝送技術「aptX LL」ではなく,標準的なBluetooth接続で遅延の短縮を実現したBluetoothイヤフォンといえば,Razerが「Razer Hammerhead True Wireless earbuds」という製品を展開しているが,おそらくはAERO Wirelessも似たような仕組みで低遅延の音声伝送を実現しているのではないだろうか。

XROUND XT01
画像集#005のサムネイル/独自技術で低遅延を謳うBluetoothイヤフォン「AERO Wireless」が国内発売。低遅延対応Bluetoothトランスミッタも同時に
 一方のXROUND XT01は,XROUND Low Latencyだけでなく,aptX LLにも対応するUSB Type-C接続型のUSB Bluetoothトランスミッタである。PCやPlayStation 4(以下,PS4)シリーズ,Nintendo Switch(以下,Switch)シリーズにXROUND XT01を接続することで,AERO WirelessやほかのBluetoothヘッドセットを接続して,ゲームサウンドを楽しめるという製品だ。
 さらに,XROUND XT01付属のワイヤレスマイクをSwitch本体や,PS4純正ゲームパッド「DUALSHOCK 4」の3.5mmヘッドセット端子に接続することで,AERO Wirelessを使ったワイヤレスでのボイスチャットも可能になるそうだ。

画像集#006のサムネイル/独自技術で低遅延を謳うBluetoothイヤフォン「AERO Wireless」が国内発売。低遅延対応Bluetoothトランスミッタも同時に 画像集#007のサムネイル/独自技術で低遅延を謳うBluetoothイヤフォン「AERO Wireless」が国内発売。低遅延対応Bluetoothトランスミッタも同時に

 PS4やSwitchでの利用が可能なaptX LL対応のUSB Bluetoothトランスミッタは各社から登場しているが,ワイヤレスマイクのオプションを含んでいる製品は珍しい。スマートフォン用のBluetoothイヤフォンをゲーム機でも使いたいと考えている人に適したセットと言えるかもしれない。

Amazon.co.jpでAERO Wirelessを購入する(Amazonアソシエイト)

XROUNDのAERO Wireless製品情報ページ



#### 以下,リリースより ####

台湾XROUNDより、ゲームに最適な低遅延&3Dサラウンドの
完全ワイヤレスイヤホン『AERO Wireless』と
『Bluetoothトランスミッター』が同時発売!
〜4月8日より一般販売を開始〜

株式会社アーキサイト(本社:東京都台東区、代表取締役:林 庫次郎)は、正規輸入販売代理店を務める台湾のオーディオメーカーXROUNDより、ゲームに最適な低遅延技術と3Dサラウンド機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン『AERO Wireless』、および同時発売の『Bluetoothトランスミッター』を2021年4月8日(木)より販売開始いたします。

『AERO Wireless』ゲーム、音楽が加速する低遅延&3DサラウンドのBluetoothイヤホン
画像集#003のサムネイル/独自技術で低遅延を謳うBluetoothイヤフォン「AERO Wireless」が国内発売。低遅延対応Bluetoothトランスミッタも同時に

商品URL:https://xroundaudio.com/product_aerotws_ja.php

【AERO“ワイヤレス”について】
有線のゲーミングイヤホンとして、立体感のあるサウンドで人気を得ているXROUND『AERO』にワイヤレス版が登場です。メーカー独自に開発した低遅延技術により、無線ながらBluetooth接続時の音ズレを極限まで抑えた完全ワイヤレスイヤホンです。

iOS/Androidのデバイスに左右されず、従来製品よりも圧倒的に遅延の少ないオーディオ体験を楽しめます。同時発売する別売り『Bluetoothトランスミッター』と合わせて使うことで、Switch・PS4/PS5・PCなど、様々なゲーム機にも対応する全体設計。XROUNDの代名詞である3Dサラウンド技術、SpinFit別注イヤーピース、専用アプリも用意し、自分好みの仕様にカスタマイズできる幅広さも備えています。ゲームに、音楽に、ビジネス用途に至るまで、幅広く活躍する魅力の1台にぜひご注目ください。

【クラウドファンディングで1億円突破!】
一般発売に先行し実施されたクラウドファンディングでは、台湾のFlyingVで日本円にして約1億3千万円、日本のMakuakeではおよそ1,400万円の支援金額を達成。支援者数は日・台合計でおよそ17,000名という、驚異的な結果を残したXROUND期待の新製品です。

【AERO Wireless 特長】
1. 音の世界最速を追求
XROUND社が開発した独自技術「XROUND Low Latency」により、Bluetooth接続時に発生する映像と音のズレ(遅延)の最小化を追求。音の遅延が致命的なゲーム環境においても、人の耳ではほぼ分からないレベルにまで技術を昇華しました。競合製品と徹底的に比較し、メーカーによるテストでは現時点で実測値での最速レベルを計測しています。

2. iOS/Android のデバイス問わず低遅延を実現
台湾の大手ICチップメーカーと「XROUND Low Latency」を共同開発。チップ構造と独自の低遅延アルゴリズムを組み合わせ、AAC・SBCコーデックのデコーディングを最適化することで、Bluetooth受信側の処理スピードが飛躍的に向上しました。デバイス(発信側)がiOSかAndroidかを問わず、最小50ミリ秒の低遅延通信を楽しめます。

3. 3Dサラウンド技術で立体的なサウンド
1年半をかけ、特許取得のサラウンド技術「XROUND Lite」をプロセッサーに組み込むことに成功しました。3次元のバーチャル球体の内部にいるような音場で、音の位置や距離をはっきりと感じ取ることが可能です。広さと奥行きのあるサラウンド音声により、臨場感あふれるサウンドに没入できます。

その他特長:
  • スワイプ式タッチパネル:上下スワイプ操作で、モード切替や音楽の再生/停止
  • チタンコートドライバー:PET素材とチタンを採用し、歪みの少ない奥行きある音声
  • クリアな音声通話:デュアルマイクによるノイズ抑制技術を採用
  • IP54防塵・防水:ホコリと水に強く、生活防水に対応
  • 3Dチューニングによる緻密な聴感設計:周波数特性だけでなく反響音も考慮した設計
  • SpinFit 別注イヤーピース付属:2種類のイヤーピースでフィット感を調整できる
  • 専用アプリ「MyTune」:好みに合わせて自由に音をカスタマイズ可能

【Bluetoothトランスミッターについて】
XROUND 『Bluetoothトランスミッター』はSwitch、PS4/PS5、PC等でワイヤレスイヤホン/ヘッドホンを使用するためのアイテムです。クアルコムのハイエンドBluetooth 5.0チップを採用しaptX、aptX Low Latencyなど高音質・低遅延Bluetoothコーデックに対応しています。

さらに、同時発売の完全ワイヤレスイヤホン『AERO Wireless』とあわせて使うことで、音ズレが少ない低遅延サウンド体験を得られます。スマートフォンからPC・ゲーム機まで、マルチな環境で低遅延のワイヤレス接続を追求する、XROUNDの総合設計です。

【Bluetoothトランスミッター 特長】
  • トランスミッター本体、USB-A変換アダプタ、3.5mmHD外付けマイクのセット製品
  • 2人同時プレイに対応:1つのトランスミッターに対し、イヤホン/ヘッドホンを最大2台同時に接続できる。
  • プラグ&プレイですぐに使える:ドライバのインストール不要。
  • ワイヤレス接続しながら充電できる:Switchで使用の際、充電しながらワイヤレスでゲームが可能
  • 付属マイクを使用してボイスチャット:外付けマイクをSwitchやPS4/PS5に接続できる

※Switchドックを経由することで遅延が発生する可能性があるため、テレビモードでのトランスミッター使用は推奨しません。
※トランスミッター使用中は、イヤホン側のマイク機能は使用できません。
※付属の「USB-C→USB-A変換アダプタ」は、本製品以外の目的で使用しないでください。

【AERO Wireless 仕様】
メーカー名 XROUND(エックスラウンド)
商品名 AERO Wireless(エアロ ワイヤレス)
型番(JAN) XRD-XAW-01(0850012668046)
保証期間/製造国 ご購入日より1年間/中国製
ウェブサイト https://xroundaudio.com/product_aerotws_ja.php
ドライバーユニット 6mmチタンコートドライバー
感度 103dB
インピーダンス 16Ω
防塵・防水性能 IP54
質量 イヤホン 約4.2g×2(LR同値)、充電ケース 約45.8g
充電時間 イヤホン本体、充電ケース※ともに約1時間で満充電(0%〜の場合)
充電方法 イヤホン本体 バッテリー付きケース内充電、ケースUSB A to Cケーブル充電
再生時間 最大6時間(50%の音量で測定、AACコーデック)、充電ケース 最大24時間
マイクロホン型式 4*MEMS(片側2*MEMS)
通信方式 Bluetooth Ver. 5.0
最大通信距離 約10m
対応通信プロファイル AVRCP1.6/HSP1.2/HFP1.7/A2DP1.3.1
対応Bluetoothコーデック SBC、AAC
再生周波数帯域(A2DP) 20〜20,000Hz
内容物 イヤホン本体、専用充電ケース、約15cm Type-C充電ケーブル、SpinFitコンフォートイヤーピース S・M・L、AERO 遮音イヤーピース S・M・L、保証カード、取扱説明書

【Bluetoothトランスミッター 仕様】
商品名 Bluetoothトランスミッター
型番(JAN) XRD-XT-01(0850012668053)
保証期間/製造国 ご購入日より1年間/中国製
ウェブサイト https://xroundaudio.com/product_aerotws_ja.php
通信方式 Bluetooth Ver. 5.0
最大通信距離 約15m
対応通信プロファイル AVRCP1.6/A2DP1.3.1
対応Bluetoothコーデック SBC、AAC、aptX、aptX Low Latency
再生周波数帯域(A2DP) 20〜20,000Hz
入力電圧/電流 5V/2A、9V/3A
接続コネクタ Type-C(オス/メス 両方)
内容物 Bluetoothトランスミッター、USB-A変換アダプタ、3.5mmHD外付けマイク、保証カード、取扱説明書

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ